千年の時をこえて

千年の時をこえて

作者名 :
通常価格 880円 (800円+税)
獲得ポイント

4pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

初恋未経験の小学5年生・静枝は、神社の境内でマコマという不思議な少年に出会う。マコマの姿は静枝にしか見えないけれど、和歌をヒントにつぎつぎと事件を解決していく。静枝はそんなマコマが気になって…万葉集ラブ・ミステリー「千年」シリーズ第1巻。

ジャンル
出版社
学研
掲載誌・レーベル
エンタティーン倶楽部
ページ数
216ページ
電子版発売日
2019年11月08日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    面白かった。
    言葉で伝える事、人の心の変化、変わらないもの。
    初恋。

    ラストの誘拐事件、上手かった。
    よくつなげたなぁ、と。

    もっと評価されるべき。
    続編(?)の千年の時を忘れても気になる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月20日

    表紙の絵が可愛かったので読んでみました。小学生の静枝が和歌をまつる神社で出会った、不思議な少年マコマ。彼は、平安時代からやってきたらしい。けれど何故か彼の姿は静枝にしか見えず、静枝は彼のことが気になるのだけれど・・・。高校生のお姉ちゃんは何故髪を切ったり結んだりするのを嫌がるのか、クラスメートのひい...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月26日

    以前万葉集は全然興味がなかったが
    この本を読んで、好きになった!

    ひとつひとつの和歌にどんな意味が、
    隠されているのか考えるのが面白そう!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年03月05日

    主人公は小学五年生の女の子で姉は高校生と言う我が家とよく似た所には親近感が湧きますが、あくまでも小学生向けのお話なので大人がどうこう言ってはいけません。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年06月23日

    いまを生きる小学5年生の静枝と、平安時代から来た不思議な少年マコマとの、千年の時をこえた出会い。

    万葉集の歌を絡めながら展開する物語は、ややあっさりな印象を受けますが、爽やかな終わり方はとても満足な読後感を残してくれます。

    イラストは、『文学少女』シリーズの竹岡美穂さんです

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年05月02日

    ほんわりしたお話。主人公は「恋」というものがよくわからなくて、告白されたのに逃げ出してしまった自分自身に少し、嫌気が差している。

    そんな子が、平安時代に生きていた幽霊?と出会い、和歌を学ぶことで言葉を伝えることの大切さを知るというお話。

    作者が和歌に興味を持って書いたというお話なので、作中に登場...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています