“文学少女”と死にたがりの道化1巻
  • 完結

“文学少女”と死にたがりの道化1巻

作者名 :
通常価格 628円 (571円+税)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

【すべての答えは本の中に!? ビター&ポップなミステリアス学園コメディ!】
“元天才美少女作家”の僕と、“本をちぎって食べる妖怪”の先輩。二人が紡ぐミステリアス学園コメディ! 大人気ライトノベルコミック化!!
(C)2006 Mizuki Nomura・Miho Takeoka (C)2008-2009 Rito Kohsaka Licensed by KADOKAWA CORPORATION ENTERBRAIN

ジャンル
出版社
スクウェア・エニックス
掲載誌・レーベル
月刊少年ガンガン増刊ガンガンパワード
ページ数
202ページ
電子版発売日
2013年10月25日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
34MB

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    この漫画をみて文学少女シリーズにはまりました。
    次巻がすごく気になります。

    遠子先輩がほんとに美しい。まさしく文学少女です。
    心葉の心情の描写もしっかりしてます。
    あとななせのツンデレっぷりも

    本のカバーデザインもいいですね。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年06月11日

    タイトルに偽り無しの文系漫画、文学好きでもちょっとトゲの刺さる感じの言い回しや鼻に触る感じが馴染めない人も居るかな。 漫画としての評価は絵も綺麗できちんとストーリーも通っている。起点や伏線もしっかりとしているが、肝心の目的や目標が明かされていない。単に自分が読み取れなかっただけだろうか?世界観は掴め...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月06日

    2010/03/19:原作未読な上、2巻を先に読んでしまったので(おバカ)本屋で探して購入。
    絵柄がほんわかして可愛い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    たしかにおもしろいなと思ったんですが、
    そのキャラ設定からせりふまわしまで、
    ありとあらゆるところにおたく臭が出てて
    ああ、やっぱりラノベはきついなと、再確認。
    だけどおもしろい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    文学少女シリーズっていうラノベのコミカライズ作品。
    原作の方は全く読んだことないですが、作画の人が高坂りとさんなんで買った。
    プラネットガーディアンのころから知ってます。
    プラネットガーディアンは可愛い絵柄なのに毒を吐きまくる主人公たちが好きでした。
    どんなもんかなーと思って買ったんですが、ストーリ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    「どうかあたしの恋を叶えてください!」何故か文芸部に持ち込まれた依頼。それは、単なる恋文の代筆のはずだったが…。物語を食べちゃうくらい深く愛している”文学少女”天野遠子と、平穏と平凡を愛する、今はただの男子高校生、井上心葉。ふたりの前に紡ぎ出されたのは、人間の心が分からない、孤独な”お化け”の嘆きと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2016年07月28日

    ついに手を出してしまった……。
    ラノベから離れていきたい(のにラノベ的感性が離れない)文学青年にとってはまさに鬼門。
    ギャリコやフィッツジェラルドや明治の文豪といったセレクションがなんともくやしいくらいいやらしい。
    紙を食べるってその発想……。をいをい。
    でも映画、WOWOWでやったら見てし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月21日

    原作のライトノベルを読み易くマンガ化した作品。

    ちょっと不思議な少女との出会いをきっかけに、「ある過去」を持つ主人公が不可解な事件に巻き込まれていくお話。





    実は題材として挙げられているものが、太宰治の「人間失格」なので、読むのには気合いが必要。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年03月15日

    若くして売れっ子作家になってしまったために苦悩に悩まされ一度沈んでしまった主人公とその先輩の文学少女を中心としたちょっとダークな部分を含む学園漫画。
    基本的には日常漫画で微笑ましい描写もあるんだけど、節々が重いですね・・。
    心葉の心の闇を遠子との日常によって取り払う、という感じなストーリーになるんだ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年04月08日

    1月20日

    原作は冊数が多すぎだとかいう理由で漫画にはしりました。←

    っていうか、文学少女って文学を食べる少女だったんですね…

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 全3巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~3件目 / 3件
  • “文学少女”と死にたがりの道化1巻
    完結
    【すべての答えは本の中に!? ビター&ポップなミステリアス学園コメディ!】 “元天才美少女作家”の僕と、“本をちぎって食べる妖怪”の先輩。二人が紡ぐミステリアス学園コメディ! 大人気ライトノベルコミック化!! (C)2006 Mizuki Nomura・Miho Takeoka (C)2008-2009 Rito Kohsaka Licensed by KADOKAWA CORPORATION ENTERBRAIN
  • “文学少女”と死にたがりの道化2巻
    完結
    【それは人間の心がわからない、孤独な“お化け”の嘆きと絶望の物語。】 ラブレターの代筆を依頼される心葉は、次第に相手の“片岡愁二”先輩のことが気になり始める。しかし先輩のことを探るうちに意外な真相にたどりついて…。古今東西のあらゆる名作文学をモチーフとした青春ミステリー第2巻! (C)2006 Mizuki Nomura・Miho Takeoka (C)2009-2010 Rito Kohsaka Licensed by KADOKAWA CORPORATION ENTERBRAIN
  • “文学少女”と死にたがりの道化3巻
    完結
    【その答えは、きみの足で辿り着いて見つけなきゃ。痛くても、哀しくても、苦しくても…。】 千愛がラブレターを送る相手“片岡愁二”先輩は、心葉たちの通う聖条学園に、十年前に在籍していた生徒で、三年生の時に屋上から飛び降りて亡くなっていた…。千愛がラブレターを送っている相手とは…? すべての謎が明らかになる第3巻! (C)2006 Mizuki Nomura・Miho Takeoka (C)2010 Rito Kohsaka Licensed by KA...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています