「野村美月」おすすめ作品一覧

「野村美月」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:野村美月(ノムラミヅキ)
  • 性別:女性
  • 職業:ライトノベル作家

東洋大学文学部国文学科卒。2002年『赤城山卓球場に歌声は響く』でデビュー。同作は前年に第3回ファミ通エンタテインメント大賞(現・えんため大賞)小説部門最優秀賞を受賞。『文学少女』シリーズが劇場アニメ化された。その他作品に『吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる』、『卓球場』シリーズ、『天使のベースボール』などがある。

作品一覧

2017/01/30更新

ユーザーレビュー

  • “文学少女”と飢え渇く幽霊【ゴースト】
    【あらすじ】
    文芸部部長・天野遠子。物語を食べちゃうくらい愛しているこの自称“文学少女”に、後輩の井上心葉は振り回されっぱなしの毎日を送っている。そんなある日、文芸部の「恋の相談ポスト」に「憎い」「幽霊が」という文字や、謎の数字を書き連ねた紙片が投げ込まれる。文芸部への挑戦だわ!と、心葉を巻き込み調...続きを読む
  • “文学少女”と死にたがりの道化【ピエロ】
    【あらすじ】
    天野遠子・高3、文芸部部長。自称“文学少女”。彼女は、実は物語を食べる妖怪だ。水を飲みパンを食べる代わりに、本のページを引きちぎってむしゃむしゃ食べる。でもいちばんの好物は、肉筆で書かれた物語で、彼女の後輩・井上心葉は、彼女に振り回され、「おやつ」を書かされる毎日を送っていた。そんなあ...続きを読む
  • 吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる(1)
    吸血鬼になってしまった苦悩をだかえながら葛藤しつつ
    、劇を完成させる姿に感動。野村美月さんらしい作品でした。ちょっとエロスもあり吸血鬼っぽいツヤを帯びた作品でした。
  • 楽園への清く正しき道程 国王様と楽園の花嫁たち
    カテリナのヒロイン力が発揮されていてとても良かった。

    7番目を手に入れられないとはこういうことか。

    結末は違ってもハッピーエンドなら問題ない。

    話がきれいにまとまっていて楽しめた。

    4番目、5番目は1巻分使って書いて欲しかったなと。
  • 楽園への清く正しき道程 1番目はお嫁さんにしたい系薄幸メイド
    ミーネがとてもかわいく書かれていてとても良かった。

    1番目が手に入ったという表現があったので、7番目が手に入らないというのは7人目が手に入らないということなのだろうか。

    それとも別の何かを指すのだろうか。

特集