「野村美月」おすすめ作品一覧

  • 作者名:野村美月(ノムラミヅキ)
  • 性別:女性
  • 職業:ライトノベル作家

東洋大学文学部国文学科卒。2002年『赤城山卓球場に歌声は響く』でデビュー。同作は前年に第3回ファミ通エンタテインメント大賞(現・えんため大賞)小説部門最優秀賞を受賞。『文学少女』シリーズが劇場アニメ化された。その他作品に『吸血鬼になったキミは永遠の愛をはじめる』、『卓球場』シリーズ、『天使のベースボール』などがある。

作品一覧

2016/10/30更新

ユーザーレビュー

  • 文学少女

    文学少女シリーズ3冊目。シリーズの中で一番好きなこの作品。武者小路実篤の「友情」が主軸となり物語は進んでいく。
    今回のメインは芥川くん。今まであまりスポットの当たらなかった彼が、今後のストーリーで重要になるのだろうと思わされる話だった。
    とりあえず琴吹さんがどんどんどんどん可愛く思えてくる……

    Posted by ブクログ

  • 晴追町には、ひまりさんがいる。

    前回から引き続き読んでいます。
    有海さんの正体もそうなのですが、晴追町のこともだんだん明らかになってくる、そんな物語だと思いました。表紙も相変わらず素晴らしいです。

    Posted by ブクログ

  • 晴追町には、ひまりさんがいる。

    全巻からの登場キャラクターをふまえつつ、
    4つのストーリーがオムニバス形式で
    進んでいく話だった。
    それぞれの話はミステリー風でもあり、落ちがわかると
    全体が違った雰囲気で読める、っていうのが
    面白いと思う。
    あと、有海さんがどうなったか、というのは
    このシリーズ全体を通しての最大のミステリーに
    ...続きを読む

    Posted by ブクログ

特集