「NHKスペシャル取材班」おすすめ作品一覧

【NHKスペシャル取材班】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

配信予定・最新刊

作品一覧

2017/07/19更新

ユーザーレビュー

  • 人工知能の核心
    人工知能は囲碁から発展してきた歴史があり、将棋棋士として、人工知能をどのように見ているのか、非常に洞察に満ちた内容であると思います。人工知能も間違えることや、現段階では汎用化やコンテクスを記憶した対応が苦手であることを学びました。
  • 人工知能の核心
    希望や楽観視する事なく、客観的にかつ冷静に人工知能を調べ研究する様は流石だと思う。
    彼ほどの王者ですらプライドを捨て、貪欲に新しい知識を吸収しようとする。

    人工知能の成長や可能性もさることながら、人間の能力の凄さに気付かされる。

    例えば、坂を転がっている途中のボールと転がりきったボール、2つのボ...続きを読む
  • キラーストレス 心と体をどう守るか
    ストレスとは変化。自分が病気を招くほどのストレス状態と気づかない。ストレスとは太古の昔から人間が身を守る(闘争か逃走か)ため、血圧や心拍数を上げて身体を守る機能。「扁桃体」不安や恐怖に反応せよ→視床下部→「副腎」ストレスホルモン(コルチゾール、アドレナリン等)を分泌→心臓はじめ体の臓器に指令→ex....続きを読む
  • 42.195kmの科学 マラソン「つま先着地」vs「かかと着地」
    ゲブラセシエの速さの秘密を科学的に究明。スポーツ心臓って事を初めて知った。人間の体も所詮は化学反応で、出来ている。
  • 人工知能の核心
    人工知能の専門家ではなく、将棋という別分野の一流の実力者である羽生氏が、人工知能をどのようにとらえ、どのような可能性を感じているのか、を紹介している、興味深い1冊。

    羽生氏は、棋士は将棋を指す際に“直観”、“読み”、”大局観”を用いていて、コンピュータ将棋は、大量のデータを分析し、計算し、最善手を...続きを読む

特集