縮小ニッポンの衝撃

縮小ニッポンの衝撃

作者名 :
通常価格 756円 (税込)
紙の本 [参考] 799円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

これから日本は、かつて世界のどの国も体験したことのない人口減少に突入していく。社会保障・人口問題研究所の推計によると、2053年には日本の人口は1億を切り、2065年には8088万人になるという。これから約50年間で46211万人の日本人が減少する。私たちの未来に何が待ち受けているのか? NHKが総力を挙げて、少子高齢化に悩む全国の地方自治体を取材。一足先に超高齢化に突入した地方の衝撃的な姿とは?

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
講談社現代新書
電子版発売日
2017年07月19日
紙の本の発売
2017年07月
コンテンツ形式
EPUB

Posted by ブクログ 2017年11月19日

人口減少の深刻さが改めて理解できます。
政府は言及しませんが人口減少は出生率の低下が原因ではありません。
戦前戦後の後先を考えない政府の人口政策が主因です。

戦前を富国強兵策、戦後は労働力確保の名目で「人口をいじった」からです。
日本の他にドイツが、この政策を行いました。
だからドイツは人口構造を...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年11月18日

居住地域の縮小しか無いと思うけど、理屈じゃないなとも思う。そのうち互助の関わりも薄くなって、というか都会はすでに薄いし、そうなると公共サービスはホントになくならざるをえないのか

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年10月02日

これまでNHK取材の本を読む中で、過度にストーリー仕立てで、現状課題を過度に追い立てる文調を感じる。事象として、過度に一般化していり恐れがあるので、慎重な姿勢で読むことをオススメしたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年09月20日

東京に暮らしていては見えにくくなる日本の姿がある。恵まれた先進国とはなんだったのだろうか。蓄えをゆっくりと消費し下り坂を降りていくなどという比喩すらも、もう古い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年08月31日

<目次>
プロローグ
第1章   東京を蝕む一極集中の未来
第2章   破綻の街の撤退戦①
第3章   破綻の街の撤退戦②
第4章   当たり前の公共サービスが受けられない!
第5章   地域社会崩壊 集落が消えていく
エピローグ

<内容>
NHKスペシャルでやった「縮小ニッポンの衝撃」び印刷物編...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play