西浦博のレビュー一覧

  • 理論疫学者・西浦博の挑戦 新型コロナからいのちを守れ!
    新型コロナというものを通じ、普段あまりやってこられなかった「サイエンスと政府・国民の三人四脚」が日本でも行われざるを得なくなった。有る種強制力によって急にやらなければならなくなったのである。そんな状況下で、サイエンスの立場の人が何を思い、何を経験し、何をしようとしたかの記録がこの本である。環境整備が...続きを読む
  • 理論疫学者・西浦博の挑戦 新型コロナからいのちを守れ!

    今読んで記憶しておきたい一冊

    コロナ第一波に対応する西浦先生の生々しい記録。現在の日本でできること、できないことを認識しながら最大限の仕事をされたことに感謝したい。ご本人はコミュニケーションの失敗にも言及しているが、それは行政やマスメディアの責任も大きいと、外部からは感じる。最後に言及された、日本社会が目指す方向性が未だに明確に...続きを読む
  • 理論疫学者・西浦博の挑戦 新型コロナからいのちを守れ!
    西浦博先生のことは、昨年2020の緊急事態宣言の時に知りました。かなり熱い方だとは、TwitterやTVから伺い知る事がで来てましたが、本書を読むとそれがよりわかりました。当時は、接触8割削減論に対して賛否両論がありましたが、その舞台裏である、専門家会議内のやりとり、政府との駆け引き、世論からのバッ...続きを読む
  • 理論疫学者・西浦博の挑戦 新型コロナからいのちを守れ!
    2020年1月、新型コロナウイルス感染症の流行初期や最初の緊急事態宣言の裏で何が起きていたのか。貴重な記録になると思う。
  • 理論疫学者・西浦博の挑戦 新型コロナからいのちを守れ!
    よくこの時期にこのクオリティで出してくれた。先頭に立って必死に取り組んできた研究者による、努力と苦悩の記録。何が起きてきたかを知りたい人も、批判をしたい人も、一度は読んでおきたい。私は彼(ら)に感謝とエールしかない。
  • 理論疫学者・西浦博の挑戦 新型コロナからいのちを守れ!
    ワイドショーで、今も続く専門家叩き。この本を読むと8割おじさんの西浦教授や尾身先生達の凄さが分かると思います。
  • 理論疫学者・西浦博の挑戦 新型コロナからいのちを守れ!
    第三波が来ている今だからこそ読むべき本。
    政府や自治体が発信している内容の背景がこの本を読むことで理解できます。
    コロナ対策について納得しました。
  • 理論疫学者・西浦博の挑戦 新型コロナからいのちを守れ!
    当時の裏話的なエピソードもあり、とても面白かった。
    こんなに多くの専門家の方々が見え難いところで協力していたのだと知ると感動した。
  • 理論疫学者・西浦博の挑戦 新型コロナからいのちを守れ!
    2019年終わりから流行が始まった新型コロナウイルス(SARS-CoV-2)に対応した西浦氏の行動や思索の記録です。氏の行動への賛否は様々だとしても、本書は歴史的な資料として価値があるはずです。
    日本のクラスター対策を日本より感染が深刻な外国から批判する昔の上司や、経済対策ではなく感染の流行制御の話...続きを読む
  • 理論疫学者・西浦博の挑戦 新型コロナからいのちを守れ!
    貴重な記録。
    マスコミ等で下手に混乱をさせたくないがために情報統制を図る政府・行政と、事実をもとに正しい判断に導きたい科学者。
    共に気持ちはよく分かるが、コロナよりもっと酷いパンデミックだったらどうだったろう。
    情報を削ってしまって肝心なことが伝わらない&共感・理解を得られないことが一番の問題ではな...続きを読む
  • 理論疫学者・西浦博の挑戦 新型コロナからいのちを守れ!
    政治上言えること、言えないことや、それが政治家の発言やニュースになる際にどのように削ぎ落とされたり駆け引きが行われるのかが見て取れる稀少な本。
    コロナ初期の記憶が残っているうちに読むことがおすすめです。
  • 理論疫学者・西浦博の挑戦 新型コロナからいのちを守れ!
    日本には政府から独立し、しかも政府に提言できる科学者集団(アメリカのCDCのような)ものがないというのはこういうことか、と暗然たる思いになった。
    突然国立感染研から北海道大学の先生が呼び出され、そのつてで何とかコロナ対策班を作る。急拵えで、しかもボランティアに支えられているというお粗末さ。
    この西浦...続きを読む
  • 理論疫学者・西浦博の挑戦 新型コロナからいのちを守れ!
    海外にいたこの1年間で、コロナ対策に関して日本でどのようなことが起きていたのかキャッチアップの意味も込めて読みました。

    いわゆる第一波といわれる初期の混乱の中で、著者の一人である西浦教授がどのように行政に「巻き込まれ」(敢えての表現)、時の人となりつつも専門家として熱意をもって仕事をされていたのか...続きを読む
  • 理論疫学者・西浦博の挑戦 新型コロナからいのちを守れ!
    新型コロナウイルスへの対応で数理モデルがどのように活用されたのかに興味があり、この本を読み始めた。

    前半は、西浦さんをはじめとする多くの人たちが、どのように行動していたかが書かれており、とてもワクワクした気持ちで読むことができた。
    想像以上に泥臭い現場であったかがよくわかった。

    後半は、政府や政...続きを読む
  • 理論疫学者・西浦博の挑戦 新型コロナからいのちを守れ!
    本書は八割おじさんこと西浦教授が新型コロナウィル騒動の前夜である2019年の12月(一年前だ!)をプロローグに本格的に騒動が始まった2月のダイアモンドプリンセス号の対応から第一波を乗り切るまでのクラスター対策班の中心人物として過ごした体験を記したものです。殺害予告まであったようなので、政治家や官僚の...続きを読む
  • 理論疫学者・西浦博の挑戦 新型コロナからいのちを守れ!
    読みながら、『伝えるが9割』を思い出した。中身は、本当に重要だけど、それを、どう伝えるか、どう伝わるかで、そのあとの動きが大きく変わる。そういう記録として読むこともできる。
  • 理論疫学者・西浦博の挑戦 新型コロナからいのちを守れ!
    面白いです。専門家軽視ともいえる日本的意思決定のあり方は、今後、リスク・インフォームド・ディシジョン(意志決定支援)に変化していけるでしょうか。