阿川佐和子の一覧

「阿川佐和子」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:阿川佐和子(アガワサワコ)
  • 性別:女性
  • 生年月日:1953年11月01日
  • 出身地:日本 / 東京都
  • 職業:タレント

慶應義塾大学文学部西洋史学科卒。1999年『ああ言えばこう食う』(檀ふみとの共著)で講談社エッセイ賞を受賞。エッセイとして『おいしいおしゃべり』、『サワコの和』、『聞く力―心をひらく35のヒント』など多くの作品を手がける。小説『ウメ子』では第15回坪田譲治文学賞を受賞している。

値引き作品コーナー

値引き
ウメ子
408円(税込)

配信予定・最新刊

NEW
文藝春秋2020年9月号

作品一覧

2020/08/07更新

ユーザーレビュー

  • 看る力 アガワ流介護入門
    毎年読んで自分のこれからや家族との関係を考える機会としたい。読む人の置かれてる健康状態、家族との関係、年齢に応じて、読後の感想が変わると思う。良書。古本屋には売らす、本棚にキープしておきます。
  • 聞く力 心をひらく35のヒント
    おしゃべりは好きだけど、
    初対面、あるいは2回目の人との共通点を探りながら
    しゃべるのがどうも苦手なので読んでみたかったもの。
    阿川さんの場合は、インタビュー(対談)の前に
    その相手の人となりの資料などをもらえるので
    少し違うかなぁ…と思ったけど、
    基本的には資料があったとしても
    質問は大きい柱で3...続きを読む
  • 看る力 アガワ流介護入門
    今のわたしに必要な本だった。

    もう一度読むときには心に留め置かないといけないところに線をひこう。
  • 叱られる力 聞く力2
    楽しく吹き出しそうになりながら、また、そうだよなぁ〜って頷きながら読みました。 人を叱るって勇気要りますよね。叱るべき時にこちらが怖気付いて叱ることが出来ず、後で、なんて自分は勇気のない情けない奴なんだろうと落ち込むことあります。 子供にももっと怖い、面倒くさい親でないといけないとは思いつつ、顔を見...続きを読む
  • ことことこーこ【電子特典付き】
    後半大号泣でした…
    でてくるお母さんの、可愛らしいところが
    なんだかとっても重なって…

    頑張るし頑張れるし面白いけど
    心はきちんと辛いし寂しい