マイ・ストーリー

マイ・ストーリー

作者名 :
通常価格 2,530円 (2,300円+税)
獲得ポイント

12pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

世界45言語で発売、1000万部突破! 国、文化を超えて「私と同じだ」と深い共感の輪が広がっている大ベストセラー!! アメリカ合衆国の元ファーストレディの回顧録としては異例の爆発的な売れ行きで、世界中で社会現象となっている本書「マイ・ストーリー」(原題:BECOMING)。知性にあふれ、モードからカジュアルな洋服までおしゃれに着こなすオバマ大統領夫人――こういったイメージを抱いていた人は、この本を読んで驚くでしょう。シカゴの貧しい街で育った少女時代。常に努力を続けて入学したプリンストン大学で、学生のほとんどが白人男性であることに打ちのめされたこと。辛い思いをした流産や不妊治療。共働きで子育てをする中で、なぜ自分ばかりが仕事を犠牲にしなくてはいけないのかとイライラし続けたこと。バラクの夢を支えるために、大嫌いだった政治の世界に入り、身を削って選挙のサポートをしたこと。そして何もかもが特殊なホワイトハウスで、二人の娘を“普通に”育てようと必死で努力したこと。大統領夫人として政治に口出しすることは控えたけれど、子どもたちの食生活にもっと野菜が増えるよう企業に働きかけるなど、自分の立場をフル活用して夢を実現したこと。私たちと変わらない悩み多き生活を送る1人の女性の飾らない日常がいきいきと描かれています。自分の思い通りにならない状況でも、冷静に相手を観察して、一番いい道を選び取っていく。誰かのせいにはせず、自分で考え続け、成長し続ける姿から、刺激とヒントを得られるミシェル・オバマの物語をぜひ体感してください。○「生い立ちからホワイトハウス時代まで、フレンドリーで聡明なミシェルさんに、何度も泣いて笑って元気がでた。読了して一言。『最高!!』」――篠田真貴子さん(元経営職・「翻訳書ときどき洋書」連載中) ○「ミシェル・オバマは、新しい時代の“ソフト・パワー”の女王だ。真摯な言葉で、真実を語り、自分の人生を振り返っている。モラルや上品さが失われた時代において、芸術品といってもいい」(ザ・ニューヨーカー誌)

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
ノンフィクション / ノンフィクション・ドキュメンタリー
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社ビジネス書
ページ数
600ページ
電子版発売日
2019年08月23日
紙の本の発売
2019年08月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
12MB

マイ・ストーリー のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年10月27日

    「いじめに対して向き合いつつ、決して相手と同じレベルに落ちないこと。 支配をちらつかせた脅しとは、相手の人間性を奪う一つの形だ。」
    差別されたり貧乏であることが当たり前になり過ぎて、1日1日をただ過ごすことで心身を消費して、大切な人の命を奪われても流れに抗わない、というよりも抗えないほどの弱者の人た...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月02日

    すごく読みやすい。
    地の文章もすばらしいのだろうけど、翻訳もすばらしい。
    ひとつの少女の物語として、ウェルメイドされた小説のように(赤毛のアンみたいな)読んでしまった。

    幼き頃のシカゴのサウスサイドの街並み。
    出て来る登場人物(彼女の親戚たち)みんな愛おしい。
    父・母・兄についてもとっても魅力的だ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月16日

    正直でエネルギッシュな人柄にパワーをもらった。女性として生きる視点、改めて考えるきっかけになった。Respectし合えるパートナーを持つことの素晴らしさ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月18日

    少女時代のあたりは、ちょっと読むと眠くなり‥でしたが、そのあとはぐいぐいと読めました。
    比類なき努力家であることはもちろん、オバマ大統領への信頼、愛情の揺るがなさに感服。そして娘たちの環境を整えることへの並々ならぬ配慮。さらにキャリアウーマンとして、悩みながらも突き進む姿。すごいの一言です。

    私が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月29日

    女性で、黒人で、聡明で、意欲的。
    それだけで、話に聞く耳すら持ってもらえず、怒れば感情的だと批判され、半分の権利を手に入れるために2倍の努力を必要とされ、失敗を過剰に評価され、敵意と畏怖を向けられる。
    女性や黒人を代表しているという無意識の意識。
    ミシェルの半生を紐解くと、アメリカでアフリカ系アメリ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月15日

    特別な人間に見える前大統領夫人の、普通の人々と変わらない部分を垣間見ることができるのが一番の面白みだが、その裏に凡人にはない強い信念や行動力が見られ、非常に興味深く一気に読み終えてしまった。今後の自分の人生を考える上で、ヒントとなるような考えが多くあった。ぜひ時間を見つけて再読したい(邦題の「マイス...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    女子必読

    還暦近く、低学歴だけど 2020年03月07日

    編集者が優秀なのもあるが、やはりミシェル・オバマその人そのものが海を超え言語を超え伝わってくる良書。彼女の努力と高学歴は、教育があればお金が儲かるとは一言も言っていない。自分の人生を主体的に幸福にするために、と述べている。ファーストレディ就任中の様々な活動や辛かった事が手にとるように伝わってくる。ア...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月19日

    どんな人にも勇気を与えてくれる一冊だと感じました。
    アメリカ初の黒人大統領バラク・オバマの妻ミシェル・オバマの自伝です。

    アメリカ人の中で黒人で女性というマイノリティに属する人の困難とチャレンジが描かれており、ファーストレディになるまでのキャリアも興味深かったです。

    一人の女性としての悩みや家族...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月28日


    579p、あまりの分厚さに、ちょっとひるんだが、読み始めると
    率直な語り口で、自分のルーツや生い立ち、キャリア、夫バラク・オバマとの出会い・・・が綴られており、ぐいぐい引き込まれてしまった

    幼い頃から両親に自分の頭で考え自分の言葉で意見を述べ、自分の問題は自分で解決するよう育てられる
    プリンスト...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月14日

    これはお勧めの1冊。何故彼女が世間から慕われるのかがよくわかる。彼女の経験をこの本を通して共有できることはとてもラッキーだった。自己への向き合い方、親や子供たちとの関係、そして夫への愛情、彼女の生き方はとてもドラマティックだ。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています