マリア様がみてる26 クリスクロス

女性向けライトノベル 17位

マリア様がみてる26 クリスクロス

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

2月14日。リリアン女学園中をチョコレートが行き交うバレンタインデー。祥子(さちこ)と祐巳(ゆみ)の紅薔薇姉妹も、人目につかない薔薇の館の裏でチョコレートを授受する。そして放課後には、新聞部プレゼンツ『次期薔薇さまのお宝捜し大会』! 今年カードを隠すのは、祐巳、由乃(よしの)、志摩子の3人。祥子の挑発にのって、瞳子も宝探しに参加することになって…。紅・白・黄のカードを探し当てるのは誰!?

カテゴリ
ライトノベル
ジャンル
女性向けライトノベル / 集英社コバルト文庫
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
208ページ
電子版発売日
2012年02月24日
サイズ(目安)
4MB

マリア様がみてる26 クリスクロス のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日


    タイトルがよく意味わかんなかった。
    久しぶりに読んだマリみては、しばらく恥ずかしかったです。
    途中から思い出しましたが。
    瞳子ちゃんかわいいよ〜。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    乃梨子がいい奴過ぎて困ってしまう。なんて友達想いな子なんだ…。黄薔薇は相変わらず。一番変わってきたのはやはり紅薔薇姉妹ですね。前々回くらいから祐巳がぐんぐん大人びてきてしまって、何だか別人かのような風格を備えてしまってます。お話の主軸はなかなかシリアスながらもコミカルな終わり方。またお預けですが…(...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    話が余り進んでないけど、結構良いところまで来ましたね、瞳子ちゃんもちさとちゃんも乃梨子ちゃんも、皆可愛いです。

    このレビューは参考になりましたか?
    購入済み

    ファンです

    あま 2013年07月14日

    あとがきに変なとこあります

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月27日

    バレンタインデーの宝探し本編

    祥子さんは最初から隠し場所わかってたのかねぇ?
    蓉子さんのお言葉を祐巳さんが受け継いでいる事を考慮に入れて推測してたのかな?

    由乃さんはまっすぐにひねくれていてよろしい

    志摩子さんは今年はそーゆー風に仕掛けを施しましたかといった感じ

    何だかんだ言って、瞳子ちゃん...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月30日

    年の瀬ですが本編内はバレンタインです。
    瞳子ちゃんが大きく関わっていくにつれ、乃梨子ちゃんの活躍も増えていて嬉しい。
    聖さまもそうですが、白薔薇姉妹は姉妹にこだわらずな関係があるのが面白い。
    1番面白いのはこのまるで繋がらなそうな2人を繋いでいる志摩子さん(笑)。
    ある意味姉妹の完結度が凄く高い黄薔...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月09日

     今年もリリアンのバレンタインデーは、時期薔薇さまとのデートをかけてのカード探し。 主役の三人は薔薇の館で推移を見守ることにした。祐巳のカードを探すはずの祥子さまは、一緒にゆったりとお茶している。曰く「紅薔薇のつぼみがボロを出すのを待っているの」 乃梨子は主催者のお手伝いを買って出ていたが、気になる...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    急展開! ここ最近のハイスピードでそのままアクセル全開でカーブした感じ。ここでそう来るかという……。

    宝探しは複数の視点から語られるのがおもしろい。視点の数だけ「宝探し」が浮き彫りになり、より立体的になるからだろう。

    ・「×印をつけて」と書いて「クリスクロス」と読むのがおしゃれでカッコイイ。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    各薔薇様、カードの隠し場所が個性的でしたね。

    祐巳のカードは一体、誰の手に渡るのでしょうか・・・

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    瞳子ちゃんならこの勢いもまぁ。しかし、誤解を解くまでに随分と時間がかかるなぁ、と思わなくもない。高校生ってこんなものだったかな。何せ遠い昔のこと過ぎて。

    このレビューは参考になりましたか?

マリア様がみてる のシリーズ作品 1~37巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~37件目 / 37件
  • マリア様がみてる1
    495円(税込)
    純粋培養(ばいよう)の乙女たちが集う、私立リリアン女学園。清く正しい学園生活を受け継いでいくため、高等部には「姉妹(スール)」と呼ばれるシステムが存在していた。ロザリオを授受する儀式を行って姉妹となることを誓うと、姉である先輩が後輩の妹を指導するのである。高等部に進学して、まだ姉を持っていなかった祐巳(ゆみ)は、憧れの『紅薔薇のつぼみ(ロサ・キネンシス・アン・ブゥトン)』である二年生の祥子(さちこ)か...
  • マリア様がみてる2 黄薔薇革命
    学園祭の夜にロザリオを受け取って、正式に祥子(さちこ)の妹(スール)になった祐巳(ゆみ)。紅薔薇のつぼみ(ロサ・キネンシス・アン・ブゥトン)の妹としての日々が新たにスタートするが、思いがけない大事件が待ち受けていた。今年度の「理想の姉妹(ベスト・スール)」賞に選ばれた黄薔薇のつぼみ(ロサ・フェティダ・アン・ブゥトン)の支倉令(はせくられい)とその妹の島津由乃(よしの)が、突然姉妹関係を解消したのだ! 二人の影響を受けた少女たち...
  • マリア様がみてる3 いばらの森
    期末試験で落ち着かない学園に、驚くべき噂が流れた。リリアン女学園をモデルにしたと思われる自伝的小説が出版され、しかもその作者が白薔薇さま(ロサ・ギガンティア)だというのである! 小説の内容が二人の少女の禁断の恋を描いたものであることも加わって、学園は大騒ぎ。白薔薇さま(ロサ・ギガンティア)の過去はタブーとなっていて、事情を知っている人もみんな口をつぐんでいた。祐巳(ゆみ)と由乃(よしの)は、真相...
  • マリア様がみてる4 ロサ・カニーナ
    年が明けて三学期が始まったリリアン女学園では三年生の欠席が目立ち、祐巳(ゆみ)たち下級生は大好きな先輩の卒業が近づいていることを実感していた。そんな中、来年度の生徒会役員選挙が行われることになる。祐巳はつぼみ(ブゥトン)の三人がそれぞれの薔薇(ばら)を引き継ぐのだと思っていたが、二年生で「ロサ・カニーナ」と呼ばれる生徒も立候補することを知って…!? 大騒ぎのお正月を描いた番外編も同時収録。
  • マリア様がみてる5 ウァレンティーヌスの贈り物(前編)
    2月14日。チョコレートに添えて、胸にしまい込んだ想いを表す絶好のチャンス。でも、今年のバレンタインは気が重い。というのも、その日の菓子交換が、ひと月後のホワイトデーに影響するから…。由乃(よしの)から令(れい)へ――。すべてにプロ級の令のお返しは、いったいどうなるのかしら? いよいよ佳境に入った、リリアン女学園の日常は!? お楽しみ!の番外短編つき!
  • マリア様がみてる6 ウァレンティーヌスの贈り物(後編)
    規律厳しい私立リリアン女学園。バレンタインデーにそっとチョコレートを渡したことが発端で、姉妹たち(スール)の関係は深まることに…。約束デートの結末は? 大好評シリーズ、中編3本立て!
  • マリア様がみてる7 いとしき歳月(前編)
    卒業を直前に控えたこの時期、黄薔薇さま(ロサ・フェティダ)の行動がおかしい。どうやら、複数の男性とつき合っているらしいのだ。――って、証拠のツーショット写真を手渡されても。これをどうしろっていうの、蔦子(つたこ)さん。ほとほと困った祐巳(ゆみ)の前に現れた黄薔薇さま(ロサ・フェティダ)は、黄薔薇革命の頃を彷彿(ほうふつ)とさせる、気怠(けだる)い雰囲気をもっていて…(「黄薔薇まっしぐら」)。他に2編を収録。
  • マリア様がみてる8 いとしき歳月(後編)
    卒業式まであと二日。どうしよう、もうすぐ薔薇さまたちが卒業しちゃう! 急に寂しさが押し寄せてきた祐巳(ゆみ)。なのに紅薔薇さま(ロサ・キネンシス)ったら、遺言めいた言動なんかして寂しさに追い打ちをかけるのだった…(「will」)。ついに来てしまった卒業式。しかし主役たちは実感が全然なくて…(「いつしか年も」)。他に、聖(せい)と志摩子の出会いから姉妹(スール)の契(ちぎ)りまでを描いた「片手だけつない...
  • マリア様がみてる9 チェリーブロッサム
    私立リリアン女学園の入学式で新入生を代表して挨拶(あいさつ)した乃梨子(のりこ)。実は仏像の造形美に魅せられていて…カトリックのマリア様を愛(め)でるこの学校で、無事三年間過ごせるの!? お騒がせ学園コメディ!
  • マリア様がみてる10 レイニーブルー
    新入生の乃梨子(のりこ)に特別な親しみを抱く白薔薇(ロサ・ギガンティア)・志摩子だったが、ロザリオの授受には踏み切れないでいた。そんな折、乃梨子が薔薇の館に呼ばれるが、紅薔薇(ロサ・キネンシス)の祥子(さちこ)と口論になってしまい…!? 由乃(よしの)の剣道部入部に反対する令(れい)、半年前の“黄薔薇革命”では由乃はついカッとなってロザリオを突き返し、絶縁を言い渡したのだが…!? 「ロザリオの滴(しずく)」「黄...
  • マリア様がみてる11 パラソルをさして
    紅薔薇・小笠原祥子(さちこ)さまは雨のなかに祐巳(ゆみ)をおいて、瞳子(とうこ)ちゃんと車で去っていった。素敵なお姉さまに捨てられ、ずぶ濡れの祐巳を気遣ってくれた聖(せい)さまの傘に入れてもらうが…。前巻第三話の続編!
  • マリア様がみてる12 子羊たちの休暇
    梅雨(つゆ)が明けて、めっきり暑くなった期末テストの最終日。夏休みを前にして、リリアン女学園高等部生徒会本部である薔薇の館の会議室兼サロン内に、山百合会の幹部全員で総勢六名が勢揃いしていた。夏休みの予定をきいていた祐巳(ゆみ)は、つまらなかった。みんな姉妹(スール)で一緒の予定があるのをうらやましがっていたのだ。ところが、憧(あこが)れの紅薔薇さま(ロサ・キネンシス)・祥子(さちこ)から避暑地の別...
  • マリア様がみてる13 真夏の一ページ
    二学期が始まる直前の夏休みのある日、リリアン女学園・山百合会の登校日。夏休みの思い出話や学園祭の準備でにぎやかな各々の薔薇さまとつぼみたち(ブゥトン)だったが…。超お嬢さま学園コメディ第13弾!!
  • マリア様がみてる14 涼風さつさつ
    二学期、恒例の学園祭シーズンが近づいてリリアン女学園では、男子校の花寺(はなでら)学院との生徒会代表の顔合わせが行われる…。次々と自己紹介をする学ラン軍団の面々と、紅薔薇さま(ロサ・キネンシス)の小笠原祥子(さちこ)さま、黄薔薇さま(ロサ・フェティダ)の支倉令(はせくら れい)さまはじめ山百合会のお嬢さまたち。妹のつぼみたちも忙しくなるが、そんなとき祐巳(ゆみ)と一年生の可南子(かなこ)に姉妹の噂が!? 新...
  • マリア様がみてる15 レディ、GO!
    花寺(はなでら)学院の学園祭も終わり、リリアン女学園の次の学校行事は、体育祭。祐巳(ゆみ)の二年松組にはスポーツ万能の生徒がいなくて、いまいち盛り上がらない。出場種目を決めるホームルームでも、祐巳は上の空。ケンカ別れしてしまった一年生の可南子(かなこ)のことを考えていた…。ボーッとしているうちに、祐巳は借り物競争に出場することに!? ショックさめやらぬまま、祐巳はお姉さまの祥子(さち...
  • マリア様がみてる16 バラエティギフト
    木曜日の放課後。いつものように薔薇の館の二階に足を踏み入れた祐巳(ゆみ)は、異様な光景を目にする。由乃(よしの)が、灯りもつけずにテーブルの一点をみつめていたのだった! 由乃の視線の先にあったのは、デパートの包装紙で包まれた箱。箱には前黄薔薇さま(ロサ・フェティダ)・江利子の字で『可愛い妹たちへ』と書かれている。由乃は包装をはがしてしまうが…!? 贈り物(サプライズ)からはじまる、4編のスペシャ...
  • マリア様がみてる17 チャオ ソレッラ!
    体育祭が終わり、リリアン女学園高等部の二年生を待ち受けるイベントは、修学旅行! お姉さまや妹との別れを惜しんだ祐巳(ゆみ)、由乃(よしの)、志摩子は、成田空港から飛び立つ。行き先はカトリックの総本山もある、食と文化の国イタリア! 全二年生が二手に分かれ、7泊9日でイタリア国内をまわる旅行日程。偶然にも、山百合会の三人は同じグループ。蔦子(つたこ)や真美も同じで、なにやら波乱の予感が…!?
  • マリア様がみてる18 特別でないただの一日
    修学旅行直前、今年の学園祭で上演される山百合会主催の劇の演目が、紅薔薇さま(ロサ・キネンシス)である小笠原祥子(さちこ)さまから発表された。とりかえばや物語。顔のそっくりな姉弟が、男女入れ替わってしまう話。ということは当然、主役は、祐巳(ゆみ)と祐麒(ゆうき)で…!?  祐巳たちがイタリアから帰国したあと、花寺(はなでら)学院の出演者がリリアン女学園を訪れ、衣装合わせが行われた。一年椿組三人娘の...
  • マリア様がみてる19 イン ライブラリー
    学園祭が終わった翌々日の火曜日の放課後。祐巳(ゆみ)は、とてつもない睡魔に襲われる。学園祭あとの休日、いろいろ考えてあまり眠れなかったのだ…。薔薇の館での話題は、祐巳と由乃(よしの)の妹選びのこと。そろそろ本気で考えなくちゃいけないのかな…と思ううちに、祐巳は眠ってしまう。目を覚ますと『図書館に行ってきます』という祥子(さちこ)さまの書きおきが…。本をめぐるスペシャル・ストーリー!
  • マリア様がみてる20 妹(スール)オーディション
    十一月に入った最初の日曜日。つぼみ(ブゥトン)三人が集まる中、由乃(よしの)の爆弾発言が飛び出す。なんと、妹をオーディションで選ぶと言うのだ! 江利子さまが決めた妹選びの期限が迫っているのに、出会いのない由乃が考えついた計画。違和感を覚える祐巳(ゆみ)だったが、祥子(さちこ)さまはなぜか乗り気で、祐巳を参加させようとする。翌日には新聞部もオーディションのことを知っていて、悩む祐巳は志摩...
  • マリア様がみてる21 薔薇のミルフィーユ
    令(れい)ちゃんが、お見合い…!? 冬の日曜日、令の家にハイヤーが迎えにくるのを目撃した由乃(よしの)。両親にきくと、今日は令のお見合いの日だというのだが…!? 黄薔薇(ロサ・フェティダ)、白薔薇(ロサ・ギガンティア)、紅薔薇(ロサ・キネンシス)、それぞれの冬物語を描く、人気シリーズ!
  • マリア様がみてる22 未来の白地図
    試験休み、祐巳(ゆみ)に柏木から電話がかかってくる。瞳子(とうこ)が家を飛び出して戻ってこないのだという! 乃梨子(のりこ)や可南子(かなこ)など、心当たりに電話しようとする祐巳。しかし、捜すまでもなく瞳子は祐巳の家に現れる! 近所で帰宅途中の祐麒(ゆうき)と出会ったのだった。瞳子に家出の事情を訊(き)けないでいる祐巳だったが…! 祐巳と瞳子の関係に変化が…!? クリスマス・イブに何かが起...
  • マリア様がみてる23 くもりガラスの向こう側
    祐巳(ゆみ)が瞳子(とうこ)からロザリオを突き返されたクリスマスパーティーの三日後。祐巳の家に祥子(さちこ)から手紙が届く。小笠原邸での、泊まり込みの新年会の誘い。今年は女性限定なのだという。年が明けて、三薔薇姉妹が小笠原邸に勢揃い! 百人一首や、人間双六(すごろく)で楽しく時間を過ごしていたが、祥子について衝撃の事実が明らかになり…!? 祐巳と祥子がいっしょに過ごす二度目のお正月は、...
  • マリア様がみてる24 仮面のアクトレス
    三学期の始業式。祐巳(ゆみ)は、終業式の日に姉妹(スール)の申し込みを断られてから、約二週間ぶりに瞳子(とうこ)と再会する。あいさつをしてくる瞳子に、祐巳は「ごきげんよう」と返すのが精いっぱいで、何も言えない。薔薇の館では、最愛の祥子(さちこ)にからんでしまい…。三学期最初の大きな行事は生徒会役員選挙。祐巳、由乃(よしの)、志摩子は当然立候補するが、去年のロサ・カニーナに続いて、今年も大...
  • マリア様がみてる25 大きな扉 小さな鍵
    瞳子(とうこ)も立候補した生徒会役員選挙。順当に祐巳(ゆみ)、由乃(よしの)、志摩子の3人が当選! クリスマス・イブ以来、遠ざかったままの祐巳と瞳子の関係。乃梨子(のりこ)、祥子(さちこ)、さらには柏木までもが心配しているのだが…。月曜日、今年も新聞部からバレンタイン企画が山百合会に持ち込まれる。紅薔薇さま(ロサ・キネンシス)、黄薔薇さま(ロサ・フェティダ)の承認をすでに得ているというのだが、その中身は…...
  • マリア様がみてる26 クリスクロス
    2月14日。リリアン女学園中をチョコレートが行き交うバレンタインデー。祥子(さちこ)と祐巳(ゆみ)の紅薔薇姉妹も、人目につかない薔薇の館の裏でチョコレートを授受する。そして放課後には、新聞部プレゼンツ『次期薔薇さまのお宝捜し大会』! 今年カードを隠すのは、祐巳、由乃(よしの)、志摩子の3人。祥子の挑発にのって、瞳子も宝探しに参加することになって…。紅・白・黄のカードを探し当てるのは誰!?
  • マリア様がみてる27 あなたを探しに
    時間になって、新聞部プレゼンツ『次期薔薇さまのお宝捜し大会』はゲームセット。由乃(よしの)の黄色いカードは二年連続で田沼ちさとが発見! 志摩子の白いカードは見つけられず、不在者チャンスから当選者を選ぶことに。問題は、祐巳(ゆみ)が自分のお尻の下に隠していた紅いカード。発見者は、「お立ちなさい」と言った祥子(さちこ)か、薔薇の館にちょうど飛び込んできた瞳子(とうこ)か!? また祐巳の...
  • マリア様がみてる28 フレーム オブ マインド
    バレンタイン企画が終わり、半日デートの少し前。祐巳(ゆみ)は、教室で写真の整理をする蔦子(つたこ)と出くわす。写真部の部室を三年生に占拠されて、一人部活をしているのだという! それを聞いた祐巳は、蔦子を薔薇の館に誘い、ふたりで写真を見はじめるが…!? (「フレーム オブ マインド」)。祐巳と可南子(かなこ)の出会いを描いた「光のつぼみ」ほか、写真にまつわる姉妹たちのスペシャルストーリ...
  • マリア様がみてる29 薔薇の花かんむり
    半日デートで、瞳子(とうこ)と姉妹(スール)になることを決めた祐巳(ゆみ)。翌日の月曜日、祐巳はいつもより早く学校へ向かった。今日こそ瞳子にロザリオを渡すと、決心していた――。マリア像の前で、祐巳は瞳子と出会う。瞳子は祐巳よりも早く来ていたのだった! ふたりは昼休み、マリア像の前で会う約束をする。そのあと祥子(さちこ)の教室へ向かった祐巳は信じられないものを見て…!? 姉妹誕生のメモリアル...
  • マリア様がみてる30 キラキラまわる
    『三年生を送る会』の翌日。祥子(さちこ)の呼びかけで、みんなで遊園地に行くことに。待ち合わせ時間を決めずに、自由集合。祥子は、祐巳(ゆみ)と開園時間には到着したいと気合十分! しかも、柏木と祐麒(ゆうき)もいっしょに、車で行くのだという。柏木の運転する高級車が、4人を乗せ、遊園地へ向かって走り出した。しかしすぐに車が停まり、祥子が運転席に移動する!!  祐巳の中で、ある過去の映像がフ...
  • マリア様がみてる31 マーガレットにリボン
    下級生への、バレンタインデーのチョコのお返しを、遊園地のお土産のクッキーとキャンデーに決めた祐巳(ゆみ)、由乃(よしの)、志摩子。せめてラッピングは自分たちでしようと、リボンを持って薔薇の館に集まったけれど、どうもパッとしなくて…。ラッピングについて語り合ううちに、三人の話題はお姉さまのこと、卒業した薔薇さまのこと、イタリア修学旅行のこと…とどんどんひろがっていって…!?
  • マリア様がみてる32 卒業前小景
    卒業式を翌日に控えたリリアン女学園高等部。薔薇の館の一階の物置部屋では、紅薔薇さま(ロサ・キネンシス)の祥子(さちこ)と黄薔薇さま(ロサ・フェティダ)の令(れい)の忘れ物捜索が行われていた。祥子の置いていった《あるもの》をみつけた祐巳(ゆみ)は、急用を思い出したようにそのまま薔薇の館を出ていくが…!? 三年生とのお別れはいよいよ明日。複雑な想いを抱く、祥子と祐巳、由乃(よしの)、新聞部の三奈子、写真部の...
  • マリア様がみてる33 ハロー グッバイ
    紅薔薇さま(ロサ・キネンシス)である祥子(さちこ)と黄薔薇さま(ロサ・フェティダ)である令(れい)も、ついに卒業する。卒業生の胸に花をつける係としてお姉さまのいる三年松組を訪れた祐巳(ゆみ)は、祥子からあるものを渡されて…!? 一方、菊組の令に花をつけるのは、由乃(よしの)ではなく田沼ちさとで…!? 元薔薇さまの聖(せい)、蓉子(ようこ)、江利子もリリアン女学園に集合し、それぞれの思いを胸に、今、別れのときを迎...
  • マリア様がみてる34 リトル ホラーズ
    黄薔薇さま(ロサ・フェティダ)である由乃(よしの)と姉妹(スール)になった菜々(なな)。剣道部に所属した彼女は、部活の集まりに来ない姉を捜しに薔薇の館を訪ねる。けれど白薔薇のつぼみ(ロサ・ギガンティア・アン・ブゥトン)の乃梨子(のりこ)から黄薔薇さま(ロサ・フェティダ)はいないと知らされる。菜々は乃梨子と校内を捜すが、そこで合流したはずの薔薇姉妹がひとりふたりと去っていき…!? 表題「リトル ホラーズ」ほか、リリアン女学...
  • マリア様がみてる35 私の巣(マイネスト)
    母の再婚を前に、原因不明の立ち眩(くら)みを起こすようになった朝倉百(もも)。ある日学校で倒れた百は、保健委員の筒井環(たまき)に家まで送ってもらう。その後、百は親しげにかまってくる環に戸惑いながらも、少しずつ心を開いていった。だが不意に、母の再婚相手の身内ではないかという疑念が浮かんで…? 一年生の百と二年生の環。頻繁(ひんぱん)に一緒にいるようになったふたりを、クラスメイトは姉妹...
  • マリア様がみてる36 ステップ
    親友の律(りつ)から、男性とつき合い始めたと告白された佳月(かづき)。混乱する頭を冷やそうと、帰宅途中バスを降りて公園に向かった彼女は、出会い頭にある男性とぶつかってしまう。心配する男性を一度は振り切るも、佳月は公園で酔っ払いに絡まれ、結局はその男性に助けを求めることに。好感を抱きつつも、名乗らずに別れた数日後、律がその男性と親しげにしているのを見て佳月は衝撃を受けるが…!?
  • マリア様がみてる37 フェアウェル ブーケ
    紅薔薇さま(ロサ・キネンシス)である福沢祐巳(ゆみ)は、薔薇(ばら)の館に向かう途中で植え込みの陰にしゃがみ込む人物を見つける。それは祐巳の担任・鹿取真紀(かとり まき)先生だった。何事かに悩んでいる様子の先生を薔薇の館へと招待し、祐巳は薔薇ファミリー内でブームになっているハーブティーを振る舞うが…? 先生とのお茶会をきっかけに、表題「フェアウェル ブーケ」ほか、リリアン女学園の生徒が紡ぐス...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています