マリア様がみてる33 ハロー グッバイ

マリア様がみてる33 ハロー グッバイ

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

紅薔薇さま(ロサ・キネンシス)である祥子(さちこ)と黄薔薇さま(ロサ・フェティダ)である令(れい)も、ついに卒業する。卒業生の胸に花をつける係としてお姉さまのいる三年松組を訪れた祐巳(ゆみ)は、祥子からあるものを渡されて…!? 一方、菊組の令に花をつけるのは、由乃(よしの)ではなく田沼ちさとで…!? 元薔薇さまの聖(せい)、蓉子(ようこ)、江利子もリリアン女学園に集合し、それぞれの思いを胸に、今、別れのときを迎える。「さようなら、お姉さま」

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
224ページ
電子版発売日
2012年06月08日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
3MB

    Posted by ブクログ 2016年10月20日

    どう考えても30代男性の読むシリーズではないので(汗)レビューは避けてきましたが、シリーズ完結?記念と言うことで。

    第1巻の発売が10年前、僕が読み始めたのは最新刊が修学旅行だった頃ですからそれでも5年前。全34巻、よくも長く続いたものです。作品世界上はわずか1年半。この間に現実は作品を飛び越えて...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年09月02日

    アニメ化されているところまでアニメでみて、それ以降は本で読んだ。「キラキラまわる」のあとがきに「『マリア様がみてる』はファンタジー」とあったが、まさにそうだと思う。「マリみて」は、なんとも魅力的な別乾坤を描き出している。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月27日

    祥子さんと令さんの卒業式

    期待通りのいいお話しでした
    元三薔薇様方も集合して大団円

    由乃さんも最後の最後まで伝統(?)を壊すあたりが由乃さんらしい
    らしさといえば他の方々も最後までらしくていいね

    惜しむらくは3年生の祐巳さん達が今後描かれるのかどうか・・・

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年07月10日

    長々と30冊以上続いたマリ見てシリーズも、祥子、令の卒業をもってシリーズ完結。
    最後ということもあって、祐巳と祥子だけでなく他の主要キャラも総出演。
    当然昨年の薔薇様方が登場するのだが、やはりこの3人=薔薇様だよなぁ。いかんせんこの3人のキャラが立ち過ぎて、祥子、令、志摩子の3人が薔薇様となってた頃...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    いつものノリで本屋に出てたから買って読んだら、最後が「完」で締めくくられて驚いた。
    祐巳視点終了か。お疲れ様です。つぎはある、よね。
    ぜひ祐巳が紅薔薇様時代の新入生視点を書いていただきたい。でもそれはないかな。

    個人的には柏木さんの想い人が気になりすぎる上に祐巳だったらいいなあと思ってるんですが、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    ごきげんよう分補給な、マリア様がみてるの集大成とも言える一冊。
    この本単体で見るとある程度最後の展開が読めたりでそこまでそんなに評価が高くないのですけれども、その最後がマリみて全体として、これしかないと思わせるような大きなエンディング。
    本の後書きにあるとおりに、この10年8ヶ月+36冊の想いが一気...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月21日

    シリーズ36

    一応ここで完結、とら後書きには書いてあるけれど
    その後短編集が出ていたような気も…


    祥子さまと令さまの卒業式。

    笑いありおとぼけあり、センチメンタルありで
    色々な謎解きもあって、ファンにはたまらない一冊

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月09日

    いよいよ今日は祥子さまと令さまの卒業式。妹たち、それから姉たちの感情を飲み込んで式は粛々と進む。 昨年の卒業式では祥子さまが送辞の途中で感極まって、令さまがとび出していって二人で読み上げたそうだ。…覚えてない。 祐巳&祥子さま編は作中では1年半、作者にとっては10年のおつきあい。私とは2年くらいかな...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年05月09日

    前作の「卒業前小景」で、メランコリックな部分は見られたせいか、こっちはいつものマリ見てらしい世界でした。
    これと「卒業前小景」を読んでいて、祐巳ちゃんの成長や、祥子との絆の深まり方がやたら懐かしくなって、再読の罠にはまりました(笑)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月07日

    マリみて、「祐巳&祥子編」としては「最終巻」。
    「ハロー グッバイ=ごきげんよう」、いいタイトルですねぇ。
    この本の刊行からほどなく姉妹編(姉弟編?(笑)「お釈迦様もみてる」
    が刊行されたのでこの世界としてはあとがきにも書かれてましたが
    全然終わってませんね。

    が、祐巳&祥子と彼らの周りの人々につ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~37巻配信中

※予約作品はカートに入りません

31~37件目 / 37件
  • マリア様がみてる31 マーガレットにリボン
    下級生への、バレンタインデーのチョコのお返しを、遊園地のお土産のクッキーとキャンデーに決めた祐巳(ゆみ)、由乃(よしの)、志摩子。せめてラッピングは自分たちでしようと、リボンを持って薔薇の館に集まったけれど、どうもパッとしなくて…。ラッピングについて語り合ううちに、三人の話題はお姉さまのこと、卒業した薔薇さまのこと、イタリア修学旅行のこと…とどんどんひろがっていって…!?
  • マリア様がみてる32 卒業前小景
    卒業式を翌日に控えたリリアン女学園高等部。薔薇の館の一階の物置部屋では、紅薔薇さま(ロサ・キネンシス)の祥子(さちこ)と黄薔薇さま(ロサ・フェティダ)の令(れい)の忘れ物捜索が行われていた。祥子の置いていった《あるもの》をみつけた祐巳(ゆみ)は、急用を思い出したようにそのまま薔薇の館を出ていくが…!? 三年生とのお別れはいよいよ明日。複雑な想いを抱く、祥子と祐巳、由乃(よしの)、新聞部の三奈子、写真部の...
  • マリア様がみてる33 ハロー グッバイ
    紅薔薇さま(ロサ・キネンシス)である祥子(さちこ)と黄薔薇さま(ロサ・フェティダ)である令(れい)も、ついに卒業する。卒業生の胸に花をつける係としてお姉さまのいる三年松組を訪れた祐巳(ゆみ)は、祥子からあるものを渡されて…!? 一方、菊組の令に花をつけるのは、由乃(よしの)ではなく田沼ちさとで…!? 元薔薇さまの聖(せい)、蓉子(ようこ)、江利子もリリアン女学園に集合し、それぞれの思いを胸に、今、別れのときを迎...
  • マリア様がみてる34 リトル ホラーズ
    黄薔薇さま(ロサ・フェティダ)である由乃(よしの)と姉妹(スール)になった菜々(なな)。剣道部に所属した彼女は、部活の集まりに来ない姉を捜しに薔薇の館を訪ねる。けれど白薔薇のつぼみ(ロサ・ギガンティア・アン・ブゥトン)の乃梨子(のりこ)から黄薔薇さま(ロサ・フェティダ)はいないと知らされる。菜々は乃梨子と校内を捜すが、そこで合流したはずの薔薇姉妹がひとりふたりと去っていき…!? 表題「リトル ホラーズ」ほか、リリアン女学...
  • マリア様がみてる35 私の巣(マイネスト)
    母の再婚を前に、原因不明の立ち眩(くら)みを起こすようになった朝倉百(もも)。ある日学校で倒れた百は、保健委員の筒井環(たまき)に家まで送ってもらう。その後、百は親しげにかまってくる環に戸惑いながらも、少しずつ心を開いていった。だが不意に、母の再婚相手の身内ではないかという疑念が浮かんで…? 一年生の百と二年生の環。頻繁(ひんぱん)に一緒にいるようになったふたりを、クラスメイトは姉妹...
  • マリア様がみてる36 ステップ
    親友の律(りつ)から、男性とつき合い始めたと告白された佳月(かづき)。混乱する頭を冷やそうと、帰宅途中バスを降りて公園に向かった彼女は、出会い頭にある男性とぶつかってしまう。心配する男性を一度は振り切るも、佳月は公園で酔っ払いに絡まれ、結局はその男性に助けを求めることに。好感を抱きつつも、名乗らずに別れた数日後、律がその男性と親しげにしているのを見て佳月は衝撃を受けるが…!?
  • マリア様がみてる37 フェアウェル ブーケ
    紅薔薇さま(ロサ・キネンシス)である福沢祐巳(ゆみ)は、薔薇(ばら)の館に向かう途中で植え込みの陰にしゃがみ込む人物を見つける。それは祐巳の担任・鹿取真紀(かとり まき)先生だった。何事かに悩んでいる様子の先生を薔薇の館へと招待し、祐巳は薔薇ファミリー内でブームになっているハーブティーを振る舞うが…? 先生とのお茶会をきっかけに、表題「フェアウェル ブーケ」ほか、リリアン女学園の生徒が紡ぐス...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています