マリア様がみてる19 イン ライブラリー

マリア様がみてる19 イン ライブラリー

作者名 :
通常価格 495円 (450円+税)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

学園祭が終わった翌々日の火曜日の放課後。祐巳(ゆみ)は、とてつもない睡魔に襲われる。学園祭あとの休日、いろいろ考えてあまり眠れなかったのだ…。薔薇の館での話題は、祐巳と由乃(よしの)の妹選びのこと。そろそろ本気で考えなくちゃいけないのかな…と思ううちに、祐巳は眠ってしまう。目を覚ますと『図書館に行ってきます』という祥子(さちこ)さまの書きおきが…。本をめぐるスペシャル・ストーリー!

ジャンル
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社コバルト文庫
ページ数
208ページ
電子版発売日
2011年11月25日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
5MB

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    祐巳の思考リズムに付いていけなかった…。あんまり山百合会の面々が騒がなかったせいもあるのかな?
    それにしても叙情トリックみたいな仕掛けがうまいねーこの作品は。私が単純だから引っ掛かるだけかもしれないけどねー。
    桜組伝説の、怪談じみた話…イイ。そういうの大好き

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    シリーズの中でも一番通勤中の携帯率が高い巻です。ロサ・カニーナ蟹名静様のお話、瞳子ちゃんのお話、桜組伝説、どれも好きなお話ばかりですが、一番好きなのは、「チョコレートコート」。『レイニー・ブルー』の時に三奈子様が裕巳に話してくれた“二股話”の物語なのですが、多分、女の子同士でしか有り得ないであろう、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    今一番ハマり中。とりあえず一番好きな表紙のやつを…

    私立リリアン女学院。そこは乙女たちの園ーーー
    カトリック系お嬢様学校を舞台に、学園独自の”姉妹(スール)制度”という美しくも儚い世界で少女たちが泣いたり笑ったり。
    禁断の…なんて表現はあまり似合いません。
    少女たちは毎日をマリア様とともに屈託なく...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    小話集。佐藤聖に振り向いてもらえなかった静、姉に二股をかけられていたという友人同士、紅薔薇に憧れる下級生。せつないが多い。
    07/05/13くらい

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    短編集です。この人の話は、ある出来事を数人の登場人物からの視点で書いているので、「このときあの子はこう思っていたのかぁ」と納得出来
    ます。面白いです。



    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    今回は短編集ですね。
    あとがきでも語られているとおり、副題をつけるなら『バラエティギフト2』ってのがぴったりですね。
    大きな展開はないけどしみじみと読める作品ですね。
    ま、僕は最後の最後で『ダマサレター』と叫びそうになりましたが(笑)。

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2013年05月26日

    第19巻。短編集。
    蟹名静の聖への切ない思いの短編や、姉に二股された妹の話。表紙の色合いがお気に入りの一冊。

    『チョコレートコート』が印象的。
    寧子には電車で出会う、気になる子がいた。浅香を妹に選んだ寧子は、その後で本当に自分が気になっていた子は真純だったと気づく。寧子と真純は、浅香に悪いとは思い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2012年04月29日

    し、しかし……
    何故二年生だけ「桜組」があって、「李組」が無いんだ?
    結局解決していない。

    そして、最後
    祐巳が祥子さまを起こしたのに、夢の中では反対だってって言うのが面白かったw

    このレビューは参考になりましたか?

シリーズ作品 1~37巻配信中

※予約作品はカートに入りません

11~20件目 / 37件
  • マリア様がみてる11 パラソルをさして
    紅薔薇・小笠原祥子(さちこ)さまは雨のなかに祐巳(ゆみ)をおいて、瞳子(とうこ)ちゃんと車で去っていった。素敵なお姉さまに捨てられ、ずぶ濡れの祐巳を気遣ってくれた聖(せい)さまの傘に入れてもらうが…。前巻第三話の続編!
  • マリア様がみてる12 子羊たちの休暇
    梅雨(つゆ)が明けて、めっきり暑くなった期末テストの最終日。夏休みを前にして、リリアン女学園高等部生徒会本部である薔薇の館の会議室兼サロン内に、山百合会の幹部全員で総勢六名が勢揃いしていた。夏休みの予定をきいていた祐巳(ゆみ)は、つまらなかった。みんな姉妹(スール)で一緒の予定があるのをうらやましがっていたのだ。ところが、憧(あこが)れの紅薔薇さま(ロサ・キネンシス)・祥子(さちこ)から避暑地の別...
  • マリア様がみてる13 真夏の一ページ
    二学期が始まる直前の夏休みのある日、リリアン女学園・山百合会の登校日。夏休みの思い出話や学園祭の準備でにぎやかな各々の薔薇さまとつぼみたち(ブゥトン)だったが…。超お嬢さま学園コメディ第13弾!!
  • マリア様がみてる14 涼風さつさつ
    二学期、恒例の学園祭シーズンが近づいてリリアン女学園では、男子校の花寺(はなでら)学院との生徒会代表の顔合わせが行われる…。次々と自己紹介をする学ラン軍団の面々と、紅薔薇さま(ロサ・キネンシス)の小笠原祥子(さちこ)さま、黄薔薇さま(ロサ・フェティダ)の支倉令(はせくら れい)さまはじめ山百合会のお嬢さまたち。妹のつぼみたちも忙しくなるが、そんなとき祐巳(ゆみ)と一年生の可南子(かなこ)に姉妹の噂が!? 新...
  • マリア様がみてる15 レディ、GO!
    花寺(はなでら)学院の学園祭も終わり、リリアン女学園の次の学校行事は、体育祭。祐巳(ゆみ)の二年松組にはスポーツ万能の生徒がいなくて、いまいち盛り上がらない。出場種目を決めるホームルームでも、祐巳は上の空。ケンカ別れしてしまった一年生の可南子(かなこ)のことを考えていた…。ボーッとしているうちに、祐巳は借り物競争に出場することに!? ショックさめやらぬまま、祐巳はお姉さまの祥子(さち...
  • マリア様がみてる16 バラエティギフト
    木曜日の放課後。いつものように薔薇の館の二階に足を踏み入れた祐巳(ゆみ)は、異様な光景を目にする。由乃(よしの)が、灯りもつけずにテーブルの一点をみつめていたのだった! 由乃の視線の先にあったのは、デパートの包装紙で包まれた箱。箱には前黄薔薇さま(ロサ・フェティダ)・江利子の字で『可愛い妹たちへ』と書かれている。由乃は包装をはがしてしまうが…!? 贈り物(サプライズ)からはじまる、4編のスペシャ...
  • マリア様がみてる17 チャオ ソレッラ!
    体育祭が終わり、リリアン女学園高等部の二年生を待ち受けるイベントは、修学旅行! お姉さまや妹との別れを惜しんだ祐巳(ゆみ)、由乃(よしの)、志摩子は、成田空港から飛び立つ。行き先はカトリックの総本山もある、食と文化の国イタリア! 全二年生が二手に分かれ、7泊9日でイタリア国内をまわる旅行日程。偶然にも、山百合会の三人は同じグループ。蔦子(つたこ)や真美も同じで、なにやら波乱の予感が…!?
  • マリア様がみてる18 特別でないただの一日
    修学旅行直前、今年の学園祭で上演される山百合会主催の劇の演目が、紅薔薇さま(ロサ・キネンシス)である小笠原祥子(さちこ)さまから発表された。とりかえばや物語。顔のそっくりな姉弟が、男女入れ替わってしまう話。ということは当然、主役は、祐巳(ゆみ)と祐麒(ゆうき)で…!?  祐巳たちがイタリアから帰国したあと、花寺(はなでら)学院の出演者がリリアン女学園を訪れ、衣装合わせが行われた。一年椿組三人娘の...
  • マリア様がみてる19 イン ライブラリー
    学園祭が終わった翌々日の火曜日の放課後。祐巳(ゆみ)は、とてつもない睡魔に襲われる。学園祭あとの休日、いろいろ考えてあまり眠れなかったのだ…。薔薇の館での話題は、祐巳と由乃(よしの)の妹選びのこと。そろそろ本気で考えなくちゃいけないのかな…と思ううちに、祐巳は眠ってしまう。目を覚ますと『図書館に行ってきます』という祥子(さちこ)さまの書きおきが…。本をめぐるスペシャル・ストーリー!
  • マリア様がみてる20 妹(スール)オーディション
    十一月に入った最初の日曜日。つぼみ(ブゥトン)三人が集まる中、由乃(よしの)の爆弾発言が飛び出す。なんと、妹をオーディションで選ぶと言うのだ! 江利子さまが決めた妹選びの期限が迫っているのに、出会いのない由乃が考えついた計画。違和感を覚える祐巳(ゆみ)だったが、祥子(さちこ)さまはなぜか乗り気で、祐巳を参加させようとする。翌日には新聞部もオーディションのことを知っていて、悩む祐巳は志摩...

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています