「楠木建」おすすめ作品一覧

「楠木建」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:楠木建(クスノキケン)
  • 生年月日:1964年09月12日
  • 出身地:日本 / 東京都

一橋大学商学部卒、同大学院商学研究科博士課程修了。経営学者で一橋大学大学院教授。代表作『ストーリーとしての競争戦略:優れた戦略の条件』はアジアの国々で翻訳されている。最近では『「好き嫌い」と経営』、『戦略読書日記』などの著書を手がける。

配信予定・最新刊

NEW
文藝春秋2018年2月号

作品一覧

2018/01/10更新

ユーザーレビュー

  • GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代
    他人に「与える人」がなぜ成功するのかをたくさんの実例をもとに書いていておもしろいです。


    ギバー(与える人)であることは、自己犠牲的に与えるのではなく、会社のため、チームのために自分の労力を払える人です。

    ❶ みんなが乗り気でない仕事こそ力を入れる。
    ❷ グループメンバーが下働きをするほどサービ...続きを読む
  • 好きなようにしてください
    会社辛すぎてヤサグレてたときに先輩がくれた。

    心が楽になったよ。私はがんじがらめになってたみたい。

    ありがとう先輩。忘れません。
  • ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代
    潰れない会社の創業者は、高い確率でむしろリスクを気にする。リスクを取りに行く人は成功確率が低い。今のやり方を続けるのはリスクであるということに気づいていることが、ただ慎重なだけの人との違い。そして、怒りは発散しないほうがいい。瞑想だな。
  • ORIGINALS 誰もが「人と違うこと」ができる時代
    オリジナルになるための本
    オリジナルなアイデアを生み出すための方法論ではなく、オリジナルであるためにはどうすればよいかの本

    ・オリジナルでいるには多作でいろ
    ・やったことをより、やらなかったことを覚えてるのが心理学的に証明されている
    ・オリジナルなアイデアを受け入れてもらうためには
    ・誰と組むか
    ...続きを読む
  • ストーリーとしての競争戦略 優れた戦略の条件
    「おもしろい!!!」この一言に尽きます。

    著者の文章が話し言葉というかおちゃらけというか、とても好感が持てるのですんなり入り込めます。
    それでいて内容は日系・欧米系問わず、様々な分野の企業の実例盛りだくさんで、さすが”ストーリー”というだけあって、読み物として非常に楽しめます。
    本編500ページギ...続きを読む

特集