THE CULTURE CODE 最強チームをつくる方法

THE CULTURE CODE 最強チームをつくる方法

作者名 :
通常価格 1,760円 (1,600円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

NYタイムズ・ベストセラー作家が解き明かす「最強チームをつくる極意」

大きな成功を収めるチームには、いったいどんな秘密があるのか?
未来のリーダーが結束力のあるチームをつくるには、どんなツールを使えばいいのか?

成功しているチームの文化はどこから生まれるのか?
どうやって自分のチームにその文化を創り、そして維持していくのか?
チームの文化に問題があるなら、どうやって改善すればいいのだろうか?

本書に登場するのは、Google、デザイン企業IDEO、ピクサー、アメリカ海軍ネイビーシールズ、全米プロバスケットボールのサンアントニオ・スパーズなど、高度なチームワークを誇る集団だ。
チームワークは魔法ではない。効果的な協調と協力は、3つのカギとなるスキルから生まれる。このスキルを身につければ、多様なメンバーで構成されたチームが、共通の目標に向かって一致団結することができる。
著者のダニエル・コイルは、前述のプロ集団に加え、ネット通販のザッポスから、コメディ集団のアップライト・シチズンズ・ブリゲード、さらには悪名高い宝石泥棒集団まで、幅広いチームの実例を分析し、そこから具体的な戦略を導き出した。この戦略を活用すれば、チームの学びを促し、協力と信頼の基礎を築き、前向きな変化を起こすことができる。
本書に登場するのは成功例だけではない。ためになる失敗例からは、具体的な「してはいけないこと」、よくある失敗の対処法、そして雰囲気の悪いチームを生まれ変わらせる方法を学べる。
最先端の科学、世界クラスのリーダーたちが知っている現場の知恵、そして行動のための具体的なアドバイスが詰まった本書は、最強のチームワークへのロードマップだ。そこではイノベーションが花開き、問題は解決され、つねに期待を超える結果を出すことができる。
チームの文化は、メンバーが「誰」であるかで決まるのではない。メンバーが「何」をするかで決まる。本書を読めば、あなたは最強のチームをつくる力を手に入れることができる。
チームの大きさは関係ない。チームが目指す目標の大きさも関係ない。単なる個人の集まりが、化学反応を起こして最強のチームになり、固い結束力によって偉大なことを達成する。
その方法を、あなたはこの本から学ぶことができる。

〈一橋大学大学院経営管理研究科教授・楠木 建 監訳〉

チームとは、「お互いの相互依存関係が日々の活動の中で認識し合える範囲にある人びとの集団」である。

強いチームの文化(カルチャー)を論じる本書は、
現代の支配的文化に抵抗する「カウンターカルチャー」の書でもある。

〈NYタイムズ・ベストセラー作家などが絶賛〉

ダニエル・コイルは、最高のチームが持つ魔法の秘密を、すべて私たちに教えてくれた。本当にすばらしい。間違いなくチームづくりに関する本の最高傑作だ。今すぐ読むべき1冊。
――アダム・グラント ニューヨーク・タイムズ・ベストセラー作家『GIVE & TAKE:「与える人」こそ成功する時代』(三笠書房)著者

チームのリーダーにとっても、メンバーにとっても必読の書。
――ラズロ・ボック Humu社CEO、元グーグル人事トップ、『ワーク・ルールズ!:君の生き方とリーダーシップを変える』(東洋経済新報社)著者

成功したチームはどのように機能するのか。メンバーはどのようなシグナルを送り合い、どんな言葉で話し、どうやって創造性を発揮しているのか。その答えは、すべてこの本に書いてある。
――チャールズ・デュヒッグ ニューヨーク・タイムズ・ベストセラー作家 『習慣の力』(講談社)著者

チームづくりにかかわるすべての人は、この本を読まなければならない。
――リッチ・ディヴィニー 元ネイビーシールズ士官、バリー・ウェーミラー・リーダーシップ・インスティテュート・アウトリーチ・ディレクター

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
かんき出版
ページ数
416ページ
電子版発売日
2018年12月03日
紙の本の発売
2018年12月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

THE CULTURE CODE 最強チームをつくる方法 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年11月27日

    "勝つチームは、優秀なチームでなく、安全な環境であること。“

    スキルは大きく3つに分けられ、本書もそれらのスキルに基づいて三部構成になっている。

    ①「安全な環境」
    集団の中で「安全なつながり」を構築するような仕草や態度のことを、帰属のシグナルという。
    例えば、全てのメンバーの間で会話が...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月11日

    本当に買ってよかった。
    学びしかない。事例も多く、具体性もある。
    ボリュームがあるので繰り返し読みたい

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月28日

    心理的安全性に関連

    バイブルとなる本。麹町中の工藤校長も読んでたのかな。組織を改革するには、イノベーションや英雄じゃなくて、この本にあるチームとしての文化が必要だ。優秀な人をいくら集めても、文化を変えなけば学校は変わらない。文化を変えるには、つながり、信頼し、物語を創造するという終わりないプロセス...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月22日

    自分が理想としたいマネジメントやチームの姿がはっきり書かれていてこれを目指したい、と強く思えた。
    いいチームを実現するのは小さなシグナルを積み重ねること、これが大事。

    ・安全な環境、弱さの提示、共通の目標
    ・チームに悪影響を与える人は、性格が悪い、怠け者、周りを暗くする人
    ・帰属のシグナルは、交流...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月01日

    チームで働く人の必読書。
    「帰属のシグナル」という概念で、人間の集団における心理のほぼ全てを説明できてしまうことが分かる。
    群れで生きてきた動物としての人間、という視点が入っており、これを読むと冗談抜きで人間の見え方が変わる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月29日

    文句なし、5つ星!
    ビジネスに必ず役立つ知識だけど、フレームワークなんかの理論じゃない。チームづくりのやり方でいくらでもパフォーマンスは変わってくるというコトを認識させてくれる良著です。
    「最強チームをつくる方法」という副題は全くもってそのとおりなのですが、本著の内容は実際のケースに基づいていて、物...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月08日

    安全な環境を作る
    - 帰属のシグナルを贈り続ける.

    弱さを共有する
    - 助けが必要と伝える. つながり、協力関係.

    共通の目標を持つ
    - 習熟 or 創造性. 計測する.

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月28日

    最高のチームは「カリスマ性があるリーダーを採用していること」「優秀な人を集めること」で成り立つことではないということが事例や実験結果をベースに解説されている。主に帰属意識、コミュニーケーションの大切さが読み取れるような内容です。
    事例が分かりやすく、個人的にはめちゃくちゃ刺さる内容で面白かったです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月18日

    チーム作りにおいて
    ①安全な環境
    ②弱さの開示
    ③共通の目標
    が必要である。リーダーは決断するだけではなく、周りに問いかける術も持たなくてはいけない。良いチームは短い言葉でコミュニケーションをとり、グループに分かれていない。チームメイトのことを家族のように思っている。
    さまざまなチームを例として書か...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年05月27日

    今までいろいろなビジネス書を読んできたが、本書は間違いなく自分の中でトップ3には入る良書。

    「良い組織」を作るにはどうすればよいか?
    誰しも、「風通しを良くする」、「なんでも言い合える雰囲気にする」、「家族的な雰囲気にする」。
    こんな言葉を何となく誰もがイメージすることはできるが、どうすればこれを...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング