アメリカの高校生が学んでいるお金の教科書 FINANCIAL LITERACY FOR MILLENNIALS

アメリカの高校生が学んでいるお金の教科書 FINANCIAL LITERACY FOR MILLENNIALS

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

大富豪が多いと言われるアメリカなどの欧米諸国では、早期から子どもへの金融教育が導入されています。

10歳ぐらいの子どもが単元未満株どころではなく、本格的な株を持つことは珍しくありません。
実際に株を運用することで、経済状況や株の乱高下など身をもって勉強するという実践教育。アメリカ出身の有名な投資家の多くが、初めて株を持った年齢がほぼ10から11歳であると言われています。
株を運用することは経済学を同時に勉強することになるので、若くして大起業家が誕生するというのも不思議ではありません。

世界では、このように学校の授業の中=カリキュラムの中で「お金」について学んでいるところが多い中、日本ではそうした「マネーリテラシー」を身につけるための授業を受ける機会がほとんどありません。

「一生モノのお金の基礎知識」(いかに稼ぎ、貯め、増やすのか)は、日本以外の海外では、学生時代に叩き込まれる「基礎教養」なのです。

そんな中で本書では、
アメリカの高校生が学んでいる教養として必ず身につけるべき、「世界標準のお金との付き合い方の
基礎知識の教科書(稼ぎ方、貯め方、増やし方)」をひもとき、一冊にまとめます。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / マネープラン・投資
出版社
SBクリエイティブ
ページ数
396ページ
電子版発売日
2019年11月22日
紙の本の発売
2019年11月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
19MB

アメリカの高校生が学んでいるお金の教科書 FINANCIAL LITERACY FOR MILLENNIALS のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年08月31日

    著者は法学と経済学の功績がありオリン賞の受賞歴をもつプロフェッショナル。そして、和訳者は最近流行の本などを手がけている。内容の質の高さを読みやすい文体で伝えられているので、お互いの相乗効果でより良い本になっている。

    本書の内容を高校で扱うというのが良い。本書の記載を抜粋すると『自分のお金の面倒を見...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年09月21日

    お金のことというより広い意味でのキャリアについて書かれた本で、生きて行く上で本当に重要なことが書いてある。本当に高校生の時からこういうことを学んでいれば人生が大きく変わることは間違いない。大人にも読んでもらいたい内容。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月02日

    1.ふと、お金についての基本的な知識を身につけたいと思って購入しました。

    2.お金は、人生計画において重要な柱になっています。そのため、お金について早くから勉強する必要があり、これは初めて読む人に相応しい1冊です。銀行とは?保険とは?誰もが一度聞いたことがある用語がしっかりと説明されています。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月26日

    法律、保険、詐欺、税金など、お金に関する幅広い情報が詰め込まれていて、満足感を持てた。

    人間にとってお金は生きていく上で必要な物であり、また執着や欲望が強い者なので、それに関する知識は絶対に必要だとこの本を読んでさらに思えた。

    これからさらにお金の勉強を続けようと思えるような本でした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月18日

    良書。
    日本版もあったら読みたい。
    若いうちに破産や金融詐欺、保険のことまで知れるのはかなり有難いと思う。

    いつでも誰かが、あなたのお金を自分のものにしようとしています。から入る文が好きです。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月17日

    一言の感想で言えば、就職活動前に読んでおきたかった本。

    自分がこの本を読む前は、お金持ちになるのが、給料がいい会社・福利厚生がいい会社に勤めることだけだと勘違いしていた。そのため、就職活動では、自分の給料水準より給料が低い会社はなるべく受けないように最初はしていた。

    この本に書かれていたのは、お...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月17日

    資産というものの考え方を、運用や自己投資などトータル考えることが重要。お金だけでなく、契約や所有など、生きていく上で知っておかねばならないことが書かれている。日本も社会生活学という教科を作るべき。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月06日

    NISAの口座を今年開設して、投資やお金に興味があったので読みました。
    お金の話だけでなく、キャリアやビジネスなどの話もありなんとなく聞いたことがあったけどそういう意味だったのか、というようなものも書かれていました。
    「教科書」と入っていることもあり、興味が持てないトピックは読みすすめるのが辛いと思...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月04日

    お金の計画から、お金とキャリア設計、貯金と銀行、予算と支出、信用と借金、投資、金融詐欺からの身の守り方等々、金銭にまつわる基本の話について書かれています。タイトルのように10代から新社会人向けな部分であることと書籍を発行しているアメリカの法律が基準になっている箇所もありますが、金銭関係についてさわり...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月11日

    当然といえばそうなのだけど、お金の話は結局人生の話になっていくんだなあ、と読んでいて感じました。お金の教科書と一言で言っても、語られる内容は、キャリア形成であったり、老後への蓄えの考え方であったりと、人生をトータルでお金がどれくらい必要だろうか、と考える事が重要なのだと思います。

    内容としては基礎...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています