より少ない生き方 ものを手放して豊かになる

より少ない生き方 ものを手放して豊かになる

作者名 :
通常価格 1,650円 (1,500円+税)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

2016年、「新ミニマリズム」旋風を巻き起こした
全米ベストセラー、早くも日本上陸!

現代のミニマリズム運動を代表する1人で、毎月100万人が訪れるサイト
「ミニマリストになる(Becoming Minimalist)」の創設者が明かす、
「ものを手放して豊かになる」方法とは!?

リビングはものだらけ。床にもものが散乱。
クローゼットは満杯。引き出しからはものがあふれている。
冷凍庫もパンパンで、入れたいものが入りきらない。
収納スペースはどんなにあってもいつも足りない。
まるで自分のことを言われているみたい?
おそらくあなたも、所有物のほとんどは好きなものなのだろう。
それでも多すぎるとは感じているし、何とかしたいとも考えている。
でも、取っておくものと、処分するものは、どうやって決めたらいいのだろうか?
人生から不要品を取り除くには、具体的にどうすればいいのだろう?
そもそも「所有物の適正量」は、どうやって判断したらいいのだろうか?
あなたがこの本に興味を持ったのは、自宅をすっきりさせたいと思っているからだろう。その方法は手に入ると約束しよう。
しかも、それだけでは終わらない。
山のようなガラクタの下には、あなたが本当に望んでいる人生が隠れている。
この本を読めば、それを見つける方法がわかるだろう。
ものを減らせば、豊かになれる。
この本のテーマは、減らすことよりも、むしろ豊かになることのほうだ。
この本を読むメリットは、家の中がすっきりすることだけではない。
本当に豊かで、満ち足りた生活が手に入る。
ずっと探していた「よりよい暮らし」を実現できる。

ミニマリズムとは、いちばん大切にしているものを最優先にして、
その障害になるものはすべて廃除すること。
そして、ミニマリズムのいいところは、ものが減ることではない。
本当の利点は、豊かさが増えることだ。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 自己啓発
出版社
かんき出版
ページ数
320ページ
電子版発売日
2016年12月16日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

より少ない生き方 ものを手放して豊かになる のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年08月23日

    わたしが真にミニマリズムの良さに気づいたのは、3年間の海外生活で、「本当に必要なものってたったこれだけなのか!」と愕然としたことからだった。

    必要に迫られて、物を厳選し、減らさざるを得なかったのだが、全く不自由はなかった。それどころか心が自由になった。この感覚は、やった人にしかわからないだろう。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年12月14日

    ミニマリズムの入門書。
    一言でミニマリズムといっても、ただ物を減らすだけではない。
    必要最低限だけを持つ生活、一切の無駄を排除したライフスタイル。
    ものを減らす方法、減らすことで得られるメリット、数々の実践者の事例を紹介されている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年05月03日

    【空気が変わる】
    読みながら同時に行動もしました。

    「まず、車の中にある無駄なものを捨ててみてください。」
    一旦、本を読むことを停止しさっそく車に向かいました。
    あるはあるはゴミだらけ、
    古いグルメ本、誰も見ない地図、誰も遊ばない子供のおもちゃ、もう使用しないワックス、大量のコンビニ袋、聴くことも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年02月19日

    よくある究極に物が少ないミニマリストの本ではなく、生活に十分な量で暮らせば、人生が豊かになるという本です。とてもよかった!
    人によく見せたい見栄で、大きい家や高い車や高いブランド品をたくさん持っているから、幸せになれるわけではない。
    物が多いと、探す時間、メンテナンスする時間、整理する時間、そしてイ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月09日

    ミニマリスト?自分には真似できない
    ・・・と思っている人でもこの本を読めばできることからやってみようという気になれると思う。

    ミニマリズムとは、すべてを手放すことではなく、大切なことを手に入れることである。

    いくら消費をしても満足しても満足して幸せになれるという約束は絶対に果たされない。

    私は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年12月15日

    消費社会に生きる僕らに、本当に大切なことを教えてくれる1冊。生きるのに必要なモノなんてほとんどない。旅をすればそのことは誰もが実感しているはず。ただ、そんな当たり前のことは普段の生活では考えることもなく、知らず知らずのうちにモノに縛られて窮屈な生活になっていく。これも資本主義の時代に生きる僕らの運命...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年11月06日

    ものがあり過ぎると幸せから遠ざかってしまう。
    ミニマリストはモノを捨てることではない。一番大切なものを最優先にして、その障害になるものは全て排除すること。

    ものをいくら買っても幸せにはなれない。
    自分は幸せだ。と信じれば、その瞬間から誰でも幸せになれる。

    今の社会はモノを消費させようとしている。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年08月12日

    現代のミニマリズム運動を代表する1人である著者による本。
    他のミニマリストたちによる著作と同様、どのようにして著者がミニマリストになったか、という話もあるが、全体としてはミニマリズムの利点や実践方法、そして得られるものなどについて多くのページが割かれている。また、他のミニマリストたちの経験も随所に出...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年04月27日

    最近流行り❓のミニマリズムの代表本らしいです。極端に少ないモノで生活するのではなく、ホントウに必要なモノは残し、その効果で時間、お金の流れを変え人生を豊かに暮らすという内容。ちょっと、人生の流れを変えたいと思っていたらオススメです。気にする程ではありませんが引用などで若干、宗教色があります。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月27日

    ものを手放すことで人生をもっと豊かにしようという主題に対して、著者の関わった多くの人々の実例を交えながら著者の考え(哲学と言った方がいいかもしれない)について紹介している本。

    もう少し抽象的な意識についての話がメインかと思ったが、ものを捨てづらい時は写真を撮ってから捨てる等ミニマリスト実践方法まで...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています