GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代

GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代

作者名 :
通常価格 1,980円 (1,800円+税)
獲得ポイント

9pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

全米トップ・ビジネススクール「ウォートン校」の史上最年少終身教授でもあり、気鋭の組織心理学者が教えるビジネスの成功の秘訣。「ギバー(人に惜しみなく与える人)」「テイカー(真っ先に自分の利益を優先させる人)」「マッチャー(損得のバランスを考える人)」もっとも成功するのは誰だろう。他人に優しくしていたら、厳しい競争を勝ち抜けない?――それは大きな誤解だ。これからは、他者志向の思いやりの発想とコミュニケーションが、あなたの仕事に大きな成功をもたらす。リーダーシップ、営業、交渉、事業の立ち上げ、昇進まで……ありとあらゆるシーンでこの考え方が役に立つだろう。一橋大学大学院教授・楠木建(『ストーリーとしての競争戦略』『経営センスの論理』)の監訳と解説で、日本初デビュー!「世の“凡百のビジネス書”とは一線を画す一冊だ!」

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネス教養
出版社
三笠書房
ページ数
384ページ
電子版発売日
2014年03月20日
紙の本の発売
2014年01月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
3MB

GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年10月02日

    人を褒めるときはアドバイスも同時に求める。
    自分にまったく利益をもたらさない人にどう接するかでその人の本質がわかる。
    人は話せば話すほどその人について知ったと思う。
    とにかく相手に喋らすことで、親近感を得られる。
    人の視点でみること。共感とは違う。
    誰に対しても同じようにギブするのは危険だが、ギバー...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月10日

    ‪‬‪成功するのはGIVEするひと‬
    ‪失敗するのもGIVEするひと‬

    ‪相手との関係を、ゼロサムゲームでなく幸福の全体のパイを増やしてwin-winにする、という考え方は資本主義的だ。でも増やすのが資本でなく幸福というのが良いなぁ‬

    ‪次は「世界は贈与でできている」を読もう‬。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月21日

    ギバー、テイカー、マッチャー。この3つに完全にカテゴライズできるわけでともないとは思いますが、眼から鱗のお話ばかり。
    実例を出して説得力を増している。
    自分がどのタイプか当てはめながら、改めて進めてみます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月18日

    世の中の人が「ギバー・テイカー・マッチャー」の3つに分類される。その中でもギバーが最も成功し、最も失敗する人でもあるとして、成功する人たちの特徴を事例から紐解いていく1冊。

    恐らく自分はテイカーに分類されるのだろうと考えながら読みました。
    ギバーでありたいと思いながらも、なかなかテイカーの思考を変...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月23日

    「情けは人の為ならず」
    これをしっかりと解説してくれる本です。

    研究データを多く用い客観的に分析すること
    実際の失敗事例、成功事例を提示すること
    この2つを共に出来ており、非常に参考になりました。

    逆に内容がしっかりしているので読み進めるのに時間がかかってしまいました…

    ギバー、マッチャー、テ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年06月11日

    与えることの大切さを知った。
    ただ与えるだけではなく、どう与えるのかも大事である。
    ギバーになるためには何をするべきなのか、そのマインドを学ぶ事ができた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月30日

    『テイカーで生きてきた』

    読んだ今ならわかる。
    まわりにもテイカーばかりだ。

    『ギバーになりたい』

    だが、本物のギバーには《すぐにはなれない》
    マッチャーがでてしまう。

    ひとつわかった。

    ギバーを目指すことは、むずかしいが

    たのしい。







    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月11日

    人間の性質をテイカー、マッチャー、ギバーの3タイプに分けた上で、本書はビジネスにおいてもっとも成功しているのは「他者志向性」のギバーだと論じている。そもそも、ギブ&テイクで世の中周っているんだよ精神が根付いている私にとって、本書の呼称によるマッチャーが最善策だと思っていたのだよ。そこが既に蒼...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月12日

    学ぶことがとても多い本

    1つ1つの具体例がわかりやすく、かつ、面白い

    意識せずに、質問することのできる他者志向のギバーになりたい!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月30日

    別の著書でおすすめされていた本で、タイトルに興味を惹かれたため、読んだ。様々な具体例からいかにギバーが成功していくかが、詳細に述べられていて、正直、私自身のこれからの人生に多大なる影響を与えるだろうと思う。
    特にリンカーンの話は大変面白く、私も同じような生き方をしてみたいと思った。大変良本。素晴らし...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

GIVE & TAKE 「与える人」こそ成功する時代 に関連する特集・キャンペーン