逆・タイムマシン経営論 近過去の歴史に学ぶ経営知

逆・タイムマシン経営論 近過去の歴史に学ぶ経営知

作者名 :
通常価格 2,420円 (2,200円+税)
獲得ポイント

12pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

「飛び道具トラップ」「激動期トラップ」「遠近歪曲トラップ」
経営を惑わす3つの「同時代性の罠」を回避せよ!
近過去の歴史を検証すれば、変わらない本質が浮かび上がる。
戦略思考と経営センスを磨く、「古くて新しい方法論」。
「ストーリーとしての競争戦略」の著者らの最新作!

これまで多くの企業が、日本より先を行く米国などのビジネスモデルを輸入する「タイムマシン経営」に活路を見いだしてきた。だが、それで経営の本質を磨き、本当に強い企業になれるのだろうか。むしろ、大切なのは技術革新への対応など過去の経営判断を振り返り、今の経営に生かす「逆・タイムマシン経営」だ。

そんな問題意識から、日本を代表する競争戦略研究の第一人者、一橋ビジネススクールの楠木建教授と、社史研究家の杉浦泰氏が手を組んだ。経営判断を惑わす様々な罠(わな=トラップ)はどこに潜んでいるのか。様々な企業の経営判断を当時のメディアの流布していた言説などと共に分析することで、世間の風潮に流されない本物の価値判断力を養う教科書「逆・タイムマシン経営論」を提供する。

経営判断を惑わす罠には、AIやIoT(モノのインターネット)といった「飛び道具トラップ」、今こそ社会が激変する時代だという「激動期トラップ」、遠い世界が良く見え、自分がいる近くの世界が悪く見える「遠近歪曲トラップ」の3つがある。こうした「同時代性の罠」に陥らないために、何が大事なのか──。近過去の歴史を検証し、「新しい経営知」を得るための方法論を提示する。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経営・企業
出版社
日経BP
ページ数
272ページ
電子版発売日
2020年10月09日
紙の本の発売
2020年10月
サイズ(目安)
28MB

逆・タイムマシン経営論 近過去の歴史に学ぶ経営知 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年12月29日

    年に一冊会えるか会えないかの #読み終わって窓から外を見てみたら世界が違って見える本 に今年滑り込みで出会えました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月09日

    久々に超面白かった。恐らく山口周氏の「ニュータイプの時代」で紹介されていたのだと思う。楠木氏の著書は他も読んでみたい。

    ・飛び道具トラップ
     AI、サブスク、ビッグデータ、DX、SDGs
    ・激動期トラップ
     今こそ激動期、ことごとく外れる未来予測
    ・テンゼロ論
     ソサエティ5.0
    ・技術は非連続、...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月14日

    過去の記事を結果が判明している現在に、内容を検証し思考のバイアスを説明した良著❗️特に時代を抽象化するマジックワードに翻弄された企業、経営者について記された内容は、時代の転換であると言われている今こそ確認すべき内容だと思います❗️

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月09日

    2020/10/09 逆・タイムマシン経営論 楠木建・杉浦泰
    「本質」を過去に求める
    騒々しい「今」にちょっと距離を置こう
    コロナ禍で在宅の時代に、すこし落ち着いて考えてみることをお勧めする著者楠木建先生の思いが窺える

    情報過剰の時代、断片情報に振り回されるのでは無く、
    むしろ「過去の事実・歴史」...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2022年04月21日

    2022年38冊目。272ページ、累計10,835ページ。満足度★★★★☆

    大袈裟に喧伝されることが多い世の中のニュースや出来事について、少し寝かしてみることのススメ

    近視眼で物事を見がちな人には参考になるだろう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年10月03日

    ・サブスクリプションとは昔から数ある課金形態の一つに過ぎない。新聞というメディアは情報を高頻度で継続的に提供するという美辞根うsの構造上、昔からサブスクリプションという形態が最適でした。PhotoshopやIllustratorも、ユーザーの業務にとって不可欠のツールであり、インフラなのでそう簡単に...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年05月12日

    読みやすい文章で、過去の経営の失敗や時代の流れ、思考などを歴史に基づいて紐解いて行く。という文章構造。
    言われてみると、気づきは多いが、渦中はなにも気づかない。 きっと今のこの時代も、未来から見れば何かしらの状況だったと、結論づけられるのであろう。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月18日

    近歴史を振り返ることで冷静に物事の本質を見極める大切さを伝えてくれる一冊。
    世の中には3つのステレオタイプがあり、物事の本質を曖昧にしてしまっている。
    1.飛び道具という空間的トラップ
    2.激動期という時間的トラップ
    3.遠近歪曲という空間的かつ時間的トラップ

    上記のトラップを防ぐためには下...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月01日

     まずまず面白かった。
     飛び道具トラップ、激動期トラップ、遠近歪曲トラップなど、人が時代のはやり言葉や空気に流され、「隣の芝生は青く見える」に陥るさまを具体例を交えて軽妙なタッチで鋭く指摘している。これらのトラップは、経営論にのみあてはまるものではなく、ほかの領域でも気をつけるべきことだと思う。
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月08日

    10年前の「ストーリとして競争戦略」という本と出合ってから楠木さんのファンになりました。声が渋くて、かっこい風貌の方ですです。
    ちょっと道に迷ってきたなと感じて、方向性というか物事の全体図をとらえたい時にこの本を読んで気持ちがすっきりしました。長期的な視点を考えるヒントを与えてくれる一冊です。
    すぐ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング