ストーリーとしての競争戦略 優れた戦略の条件

ストーリーとしての競争戦略 優れた戦略の条件

作者名 :
通常価格 2,464円 (2,240円+税)
獲得ポイント

12pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

2011年ビジネス書大賞受賞!
500ページ超という本格経営書でありながら、異例の12万部を突破したベストセラーが待望の電子書籍化!

“戦略の神髄は 思わず人に話したくなるような 面白いストーリーにある。”

大きな成功を収め、その成功を持続している企業は、戦略が流れと動きを持った「ストーリー」として組み立てられている。戦略とは、必要に迫られて、難しい顔をしながらつくらされるものではなく、誰かに話したくてたまらなくなるような、面白い「お話」をつくることにある。本書では、多くの企業事例をもとに「ストーリー」という視点から、究極の競争優位をもたらす論理を解明していく。

※本書は、2010年5月に東洋経済新報社より刊行された『ストーリーとしての競争戦略』を電子書籍化したものです。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / ビジネス教養
出版社
東洋経済新報社
ページ数
544ページ
電子版発売日
2011年08月12日
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
3MB

ストーリーとしての競争戦略 優れた戦略の条件 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年05月04日

    戦略の本質は「違いをつくってつなげる」
    つなげた先には長期的な利益がある。

    つなげた先には思わず人に話したくなる様な面白いストーリーになっている事がポイント。
    イチロー、松井秀喜の野球話などの視点を盛り込んでいるのも読んでいて面白い。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年04月20日

    戦略は静止画の羅列ではなく、動画としてとらえる。
    strategic positioning(sp)かOrganizational Capabilitiy(oc)。
    筋の良いコンセプトは誰に嫌われるかが明確。
    賢者の盲点をつくキラーパスの中核に据える。
    競合はキラーバスの忌避と表面的な模倣による自滅...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月27日

    競争戦略を動的なストーリーとして描くことの大切さを、懇切丁寧に事例を用いながら解説。

    特におもしろかったのは、戦略の「キラーパス」。
    一見して非合理な(業界の慣習に反するなど、あえて誰もうとうとしない)施策がキラーパスになって、他の施策に広範な影響を与える。
    素晴らしい競争戦略には、このキラーパス...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月14日

    これまで読んだビジネス関係の本のなかでもベスト。MBAで学んだ戦略論の復習として、でもむしろそれよりも分かりやすくそれでいて骨太に解説。もちろん理解するのと実際にできるのは天地の差があるけど、常に頭にいれておきたい。
    •コンセプトをしっかり決める(スタバの第三の場所)
    •一見して非合理なクリティカ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年03月08日

    戦略とは意志のこもったストーリーだ。
    奥が深くてまだまだ自分のものにはなってないです。実践しながら肥やしにしたい。同時に、これを脚本家やコンテンツメーカーの目線で読み解いていきたい。
    注意しておきたいのは、あくまで事業戦略である、ということ。全社戦略とは非なる論理です。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年01月14日

    戦略を考え実行する上で、全体がストーリーとして有機的に繋がっているかを常に意識するようになった。
    実際の成功例を用いてわかりやすく分析・解説されているため、理論に説得力・汎用性がある。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年12月13日

    だいぶ前に読んだビジネス書だけど、未だに強烈な印象が残ってる本。企業の差別化要因となっている強みは、一見非合理なものであったり、ストーリーに裏打ちされているからこそ他者が真似できない障壁となっていると明快に企業戦略を分析した本。
    個別企業のケーススタディをベースにしているのでとても読みやすくておすす...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月03日

    500ページを超える経営戦略論の大作。戦略や計画という言葉はいろいろなところで曖昧に使われすぎて本来何を意味しているのかということがあまり顧みられていない気がしますが、戦略を考える立場にある人や戦略について伝える立場にある人は一度はきちんと考えるべきことでしょう。

    その意味では本書は「戦略とは何か...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年11月01日

    自分自身や会社の価値·成長に絶対必要条件となるのが、ストーリーの視点。これは、常に意識して生活したい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年10月01日

    戦略とは面白いお話を作るということ

    事業の成功は2割の理屈と8割の気合で決まる

    法則とはどんな文脈でも再現可能な一般性の高い因果関係を意味する。経営や戦略は科学ではない。法則はないけど論理はある。

    戦略には異なるふたつのレベルがある。一つは競争戦略、もう一つは前者戦略。パナソニックの液晶テレビ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています