北杜夫の一覧

「北杜夫」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2019/09/20更新

マンボウ 遺言状
  • ブラウザ試し読み

あくびノオト
  • ブラウザ試し読み

怪盗ジバコ
  • ブラウザ試し読み

怪盗ジバコの復活
  • ブラウザ試し読み

輝ける碧き空の下で
  • ブラウザ試し読み

黄いろい船
  • ブラウザ試し読み

奇病連盟
  • ブラウザ試し読み

さびしい王様
  • ブラウザ試し読み

さびしい乞食
  • ブラウザ試し読み

どくとるマンボウ青春記
  • ブラウザ試し読み

楡家の人びと
  • ブラウザ試し読み

母の影
  • ブラウザ試し読み

遙かな国 遠い国
  • ブラウザ試し読み

ユーザーレビュー

  • 楡家の人びと 第一部
    作家本人のエッセイを読むと和製「ブッデンブローグ家の人々」らしいです。自分の家族をモデルにし執筆のためにインタビューを入念にしたらしいので書かれている内容はかなり事実に基づいているとのこと。物語としても面白いですが、当時の世相等を知る上での上等な資料としても面白い(貴重)です。
  • 幽霊―或る幼年と青春の物語―
    物語後半、主人公は少年期の記憶を思い出す。そのとき、読者も自分自身の少年期の記憶を思い出す、そんな美しい体験をもたらす、美しい小説です。
  • どくとるマンボウ航海記
    タイトルを見ると小説かと思ったが、読んでみると随筆で少々驚き。
    ユーモアもあってなかなか面白いと思った。
  • 楡家の人びと 第三部
    「小説を飲食物にたとえると」『楡家の人々』は「山海の珍味が入った豪華な鍋料理に当たります。」
    評したのは倉橋由美子(『偏愛文学館』)さん。

    そう
    豪華な食事、いえ読み応えのある小説でした。
    歌人斎藤茂吉の息子北杜夫がご自分の実家「青山脳病院」をモデルにして
    祖父母、叔父叔母、父母の生き生きした...続きを読む
  • 楡家の人びと 第三部
    第三部の舞台は第二次世界大戦である。登場人物のそれぞれが戦争の波の中で翻弄されていく。そして、ある人は死に、ある人は戦後を大きく生きていく。楡家もまた新しい時代にのって話も終わりになる。実に深い話であった。