木精―或る青年期と追想の物語―

木精―或る青年期と追想の物語―

作者名 :
通常価格 658円 (税込)
獲得ポイント

3pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

ドイツの神経研究所で学ぶひとりの日本人精神科医。彼が遠い異国へやって来たのは、人妻との情事に終止符を打つためでもあった。ドナウ源流地帯、チロルの山々、北国の町々――ヨーロッパを彷徨う彼の胸に去来する不倫の恋への甘美な追憶、そして、作家としての目覚めと将来への怯え。著者自身の若き日の魂の遍歴をふり返り、虚構のうちに再構成した《心の自伝》。『幽霊』の続編。

ジャンル
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2013年09月06日
コンテンツ形式
EPUB

「木精―或る青年期と追想の物語―」のユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2011年11月26日

北杜夫のお父さんは歌人の斎藤茂吉です。自伝的要素の強い小説として「楡家の人びと」が代表的ですが、この木精という題名も「はるかなる国とおもふに挟間には木精おこしてゐる童子あり」と詠った茂吉の短歌から採っています。私の父の本棚には茂吉の短歌集と北杜夫の小説が並んでいたのですが、娘の私は短歌にはあまり興味...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年10月29日

先日亡くなった北杜夫さんの自伝的小説で、『幽霊~或る幼年と青春の物語~』の続編。ドイツの神経研究所に留学した日本人が主人公。作家としての自覚を深めていく主人公の心の軌跡を、北杜夫自身が尊敬するドイツの作家、トーマス・マンの足取りと重ねながら描いています。
チューリヒ郊外キュスナハトまで旅して、そこに...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2008年03月13日

【本書より】ぼくの気質は年と共により内閉的に狷介に、一見人間嫌いといったふうになってゆくことだろう。おそらく自己嫌悪に満ちた、いかがわしくふみ迷える人生を送ることになるかもしれない。にもかかわらず、片側の意識で、ぼくは生涯、人間を愛し、人生を愛してゆくことができるだろう。倫子、それがぼくに君が与えて...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「北杜夫」のこれもおすすめ

あくびノオト

あくびノオト

  • ブラウザ試し読み

怪盗ジバコ

怪盗ジバコ

  • ブラウザ試し読み

怪盗ジバコ

怪盗ジバコ

怪盗ジバコの復活

怪盗ジバコの復活

  • ブラウザ試し読み

輝ける碧き空の下で 第一部(上)

輝ける碧き空の下で 第一部(上)

  • ブラウザ試し読み

黄いろい船

黄いろい船

  • ブラウザ試し読み

奇病連盟

奇病連盟

  • ブラウザ試し読み

さびしい王様

さびしい王様

  • ブラウザ試し読み

「新潮文庫」のこれもおすすめ

漫画やラノベ 1冊まるごと無料!

今日読めるのは13,496

1冊まるごと無料で読める作品を常時配信中!人気作品が毎週追加!