どくとるマンボウ青春記

どくとるマンボウ青春記

作者名 :
通常価格 605円 (550円+税)
紙の本 [参考] 649円 (税込)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

18歳のマンボウ氏は、バンカラとカンゲキの旧制高校生活で何を考えたか――。個性的な教師たちと大胆不敵な生徒たちが生み出す、独特の熱気と喧騒に身をまかせながら、ひそかに文学への夢を紡いでいったかけがえのない日々は、時を経てなお輝き続ける。爆笑を呼ぶユーモア、心にしみいる抒情、当時の日記や詩も公開、若き日のマンボウ氏がいっぱいにつまった、永遠の青春の記録。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
シリーズ
どくとるマンボウシリーズ
電子版発売日
2013年06月21日
紙の本の発売
2000年09月
コンテンツ形式
XMDF
サイズ(目安)
1MB

どくとるマンボウ青春記 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2015年09月06日

    「自己を高めてくれるものはあくまでも能動的な愛だけである。」


    俵万智の解説にもあるように、北杜夫のユーモアとシリアスな二面性が刺さってくる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年10月13日

    「動物のお医者さん」にはまっている中2のAdさんは試験の答案に”カレーライスの作り方”を書くH大学の学生の話がお気に入り。”こんなこと本当にあるの!?””まあ、旧帝大系には昔からよくある話だ””先生もカレーライスの作り方を書いたの?””いや私はマカロニグラタンが得意だった””グラタン!””意外に安い...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年07月01日

    かなり長時間かけて読みました。
    戦前、戦中、戦後という激動の時代を駆け抜けた北先生や同じ松校の学生たちが過ごした青春時代。読んでいて心から羨ましくなりました。昔の学生は娯楽が少ない割には何か見つけて楽しんだり、のんびりしてたんですね。学業に励むだけが勉強じゃないんだとつくづく思いました。最後の方はも...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年08月28日

    北杜夫が亡くなってすぐ、
    「北杜夫という作家が人生に影響を与えた一人」だという話を、
    大学の先生と音楽家の叔父から立て続けに聞いた。

    二人が憧れたという、マンボウ氏の青春。


    笑っていながらの、どこか、負け惜しみ。

    ブルース、的な。

    読めば読むほど、
    「ここには俺のことが書かれている!」
    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2012年02月17日

    高校時代、何度も何度も繰り返し読んで、
    (私は女子高だったのでまた違った独特のコミュニティに属しておりましたが)
    当時の泥臭い青春、知的成長への追求…
    すべてが憧れでした。

    ご冥福をお祈り申し上げます。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年12月09日

    これを読まずと大学生は語れない。
    バイト先の社長にそう言われ読んでみた本の中に僕はなにか運命を感じた。

    人生は棒に振れ、しかし一日はもっと大切にすべきだ。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月26日

    中学か高校の時に読んで、こういう生活をおくりたくて、大学では寮に入りました。つうか、狙いの寮に入るために大学を決めたようなもの(^^;)。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月22日

    ユーモアだけでなく、その時代の空気、町の雰囲気、鬱屈した学生独特の感情まで語られていて、まさに青春記であった。一気に読んでしまった。

    松本にいるうちに読めてよかった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年01月04日

    戦中〜終戦直後の、旧制中学〜医専での学生生活を題材にした作品。
    特に旧制松本高校の時代が中心になっていて、牧歌的なひどい生活が生き生きと描かれています。混沌とした祝祭のような雰囲気が楽しめました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年02月05日

    何度読んでも、いい本。自分が全寮制の高校にはいった年に初読、それから30回は読んでいる筈。旧制二高生だった僕の祖父はたいそうな読書家だったが、青春時代の名残だったのだろうな、と思う。どくとるの知性と、それをひけらかさないユーモアのバランス感覚に惹かれる。

    このレビューは参考になりましたか?

どくとるマンボウ青春記 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める エッセイ・紀行

エッセイ・紀行 ランキング

どくとるマンボウ青春記 に関連する特集・キャンペーン