「野口悠紀雄」おすすめ作品一覧

「野口悠紀雄」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2017/08/18更新

ユーザーレビュー

  • ブロックチェーン革命--分散自律型社会の出現
    インターネットがかつて流行語大賞を取ったなんて今だから笑ってしまうが、当時はインターネットの普及は不可能なことを証明する本が出版されるほど信憑性が低かった。ブロックチェーンや仮想通貨もどこか現実からはまだ遠いものと思いがちだが本書を読むと180度見方が変わった。
    電子的な情報を記録し、改竄できない特...続きを読む
  • 戦後経済史―私たちはどこで間違えたのか
    戦後の経済成長の原動力は、戦争を始めるためにあたり築かれた国家総動員体制にあった。
    直接金融から間接金融へ、源泉徴収制度の導入、
    電力事業、自動車産業の許可制、労働組合など。
    これらの体制を当書では1940年体制と呼び、
    戦後の経済成長と衰退を1940年体制を通してみている。

    なぜ、戦後の経済成長...続きを読む
  • 日本経済入門
    第1章こそGDPの概念についての説明だが、以降の章は様々な切り口から日本経済のありようをひもといていく。アベノミクスなど政策対応への批判も多く、野口氏ならそれぞれの章の中身で1冊ずつ本を書けそうだ(既に書かれいるものもある)。書名は「入門」だが、「日本経済の論点」といったもののふさわしかったのでは。...続きを読む
  • ブロックチェーン革命--分散自律型社会の出現
    仮想通貨ビットコインを支える技術として知られるブロックチェーンだが、管理者不要の分散処理で改ざん不能であることにより、権威を必要とせずに信頼性を確保し、定型的な業務であれば低コストかつ迅速に自律処理できる分野が金融関係以外にも多くあり、まさに未来を変えうる技術であることが分かる。読むべき情報だと感じ...続きを読む
  • ブロックチェーン革命--分散自律型社会の出現
    ブロックチェーンは革命であり、世の中をひっくり返す。
    ブロックチェーンの技術面だけでなく、社会構造に与える影響についても述べてある。
    インターネットの世界では、何が正しいデータかを確かめることが容易ではなかったため組織が大きいということが人々の信頼の基礎となった。しかしブロックチェーンは組織に頼るこ...続きを読む

特集