「山形浩生」おすすめ作品一覧

「山形浩生」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

配信予定・最新刊

作品一覧

2018/04/16更新

ユーザーレビュー

  • 9 プリンシプルズ 加速する未来で勝ち残るために
    人生100年時代と呼ばれ、健康な期間も延びている中で、かつ、変化が早いという最悪の組み合わせに思えるような時代で、大げさでなく「生き残る」ためには、一言で言えば適した変化ができるということなのだろう。

    ネットワークや学習、プルや創発、回復力、というワードからも確実に読み取ることができ、変化のための...続きを読む
  • 9 プリンシプルズ 加速する未来で勝ち残るために
    触れている分野が広いし、訳のせいなのか少し難解だったけど、これからのヒントがいっぱい詰まっている。これまでも21世紀がどうあるべきか発信されてきた多様性に始まる新たな創造性の創出について、研究・技術の視点で改めてそうなんだと再認識させられる内容だった。日本の大企業が足りない視点(きっと多くは自らは変...続きを読む
  • 9 プリンシプルズ 加速する未来で勝ち残るために
    現代のイノベーションの仕組みは実に多様化している。それゆえ技術オンリーではNGだし、用途提案力だけでもNG。双方を併せ持ち、そのために必要なリソースの組み合わせを考えることができ、しかもモノを生み出した結果、用途環境をどのように変えるかを見通せる力まで要求される。日本でも昨今「異業種融合」とか「医工...続きを読む
  • 21世紀の不平等
    21世紀の不平等機会の平等と結果の平等のいずれかを重視するかは人によって異なるが、結果の不平等が機会の不平等を招くという意味ではいずれも重視すべきであり、そのために政府による社会制度改革や選択的な技術革新投資の合わせ技で不平等を解消させようと主張している。持続可能社会と機会の平等実現のため、児童貧困...続きを読む
  • ティモシー・アーチャーの転生〔新訳版〕
    山形浩生さんの訳で読みました。とてもおもしろかった。ジョンレノンの亡くなったニュースはそろばん塾で聞いたなーとか。そんときそもそもビートルズってまだ生きてるんだくらいに思ってたこととか。シャタックアベニューの中華料理屋とか言われるともうなんか懐かしくて泣けるし。

特集