去年を待ちながら〔新訳版〕
  • 値引き

去年を待ちながら〔新訳版〕

作者名 :
値引き価格 517円 (470円+税) 8月25日まで
通常価格 1,034円 (税込)
紙の本 [参考] 1,144円 (税込)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

星間戦争のさなか、人工臓器移植医エリックは、国連事務総長の主治医モリナーリに任命されるが……。ディック中期の傑作、新訳版。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
SF・ファンタジー / SF(海外)
出版社
早川書房
掲載誌・レーベル
ハヤカワ文庫SF
ページ数
400ページ
電子版発売日
2017年09月30日
紙の本の発売
2017年09月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

去年を待ちながら〔新訳版〕 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年02月09日

    「いっしょに暮らさなくてはいけない人物と、とてもやっていけないと思うことはある?」
    日々お互いに不満をぶつけ合うしかない、冷え切った夫婦仲。妻が気晴らしに手を出したドラッグによって、とんでもない事態が引き起こされる。
    時は2055年、人類は異星人同士の星間戦争に巻き込まれ、リーグ星人と泥沼の交戦状態...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年03月13日

    当時のディックの奥さんが作品に影響を与えてるらしい作品。それをこんな面白い話に仕立てるんだからすごい。ちなみに途中で登場人物がこんがらがりましたが…

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月11日

    異星間同士の戦争に巻き込まれ、リーグ星人と泥沼の交戦状態にあった人類。そんな人類の独裁的指導者モリナーリの主治医となったエリックは、妻キャシーに騙されて新型のドラッグJJ-180を飲んでしまう。ドラッグを飲んだエリックの意識は遠く1年後の未来に飛ばされ…

    物語の展開が継ぎ接ぎ的な印象だったり、回収...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年11月29日

    「時を越える新種のドラッグ」
    「昆虫型宇宙人との星間戦争」
    「×夫婦の不和・・・」
    「ディック的モチーフの乱舞」確かに帯にあるそのもの。
    ※予言能力のある登場人物(実際活用されず?)
    と未来への跳躍は、キャラ被りだなぁ

    マクロとミクロ泥沼の二つの戦いのなかで、
    並行する未来を見てなお、いまに変化の...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

ハヤカワ文庫SF の最新刊

無料で読める SF・ファンタジー

SF・ファンタジー ランキング