「フィリップ・K・ディック」おすすめ作品一覧

「フィリップ・K・ディック」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2018/04/20更新

ユーザーレビュー

  • 小さな黒い箱 ディック短篇傑作選
    「アンドロイドは電気羊の夢を見るか?」の原型となった表題作。宗教的な話だったのか。でも、共感ボックスというガジェットを通じてしか他人と通じ合うことができないという、ある意味強烈な皮肉でまさに現代を描写していないか?人間がディックのいうアンドロイド化しているのか?そら恐ろしくなる短編集。
  • アンドロイドは電気羊の夢を見るか?
    電気羊は張りぼての自己顕示欲であり、
    アンドロイドにとってはどうでもよいものだった。
    と思いきや嫉妬はするらしい。
  • アンドロイドは電気羊の夢を見るか?
    映画「ブレードランナー2049」「ブレードランナー」を見て、巷では傑作と言われているらしいのにいまいちその世界観が分からず、原作を読んでみた。
     ・・・電気羊のいる世界にどっぷり浸りました。

    読んでみると、主人公リック・デッカードのいる街は、最終世界大戦があり、そこで使われた放射能により空は陰り、...続きを読む
  • アンドロイドは電気羊の夢を見るか?
    歯を磨き、歯茎から出血したのを見るたびにデッカードを思い出す。
    美しい人の前で気後れする時、自分の中にイジドアを見い出す。
    ムードオルガンが欲しいと時々願ってしまう。

    長い間、読後感を纏められなかったが今は言える。

    完璧でない自分を自分として受け入れて生きていきたい。
  • アンドロイドは電気羊の夢を見るか?
    地球の環境が急速に悪化し、人類以外の生物は大方が絶滅し、裕福で優秀な人間は他の惑星へと移民していった。地球に残されたのは、公的業務に就く者、移民の順番待ちをする者、そして移民の資格無しと烙印を押された「特殊者(スペシャル)」たち。植民惑星の過酷な環境下での労働力として生み出された有機アンドロイドたち...続きを読む

特集