浅倉久志の一覧

「浅倉久志」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:浅倉久志(アサクラヒサシ)

大阪外事専門学校(現大阪大学外国語学部)英米科卒。1962年『蟻か人か』の翻訳でデビュー。『アンドロメダ病原体』など、数多くの作品を手がける。

作品一覧

2019/08/06更新

ユーザーレビュー

  • アンドロイドは電気羊の夢を見るか?
    原題 DO ANDROIDS DREAM OF ELECTRIC SHEEP?

    人間は羊の夢を見るか?アンドロイドが人間と区別つかなかったら、それはもう人間だよね。

    作中ではフォークト=カンプフ検査法ってので、エンパシー(「感情移入」「共感」と訳されてるけど、シンパシーじゃない)の有無が人間とア...続きを読む
  • アンドロイドは電気羊の夢を見るか?
    12時間くらいかけながら、考察したりメモ取ったりして読みました。今じゃあもう覚えていないけど、プリス・ストラットンを引っ叩きたくなったのは覚えています。また、フィルと同じ気持ちを味わっている。アンドロイドに同情なんていらないんです。
  • あなたの人生の物語
    自分の当然のちっぽけさを思い知る。
    自分のことは自分では全て分かることはない。
    全部が全部であることは全部がないことを証明する。
    心から無条件に信じていたことが真実でないと自分で論証していしまう。それが人生。カートコバーンに似てる。

    無条件の愛は何も求めない。神は不平等だと認め、それでも神を愛する...続きを読む
  • アンドロイドは電気羊の夢を見るか?
    往年の名作。アンドロイドを狩ろうとする人間の間に起きる物語。人間とは何か。アンドロイドとは何か。今のようなご時世だからこそ、たくさんの人に読んで欲しい。
    全然違うかもしれないが、自分は今ヒットしている「鬼滅の刃」と通じるところがるように思った。人間とは?鬼とは?
    僕らはつい簡単に「味方」と「敵」とい...続きを読む
  • あなたの人生の物語
    「息吹」でガツンと脳みそ揺さぶられたテッド・チャンのデビュー作含む8編。まー、今作も面白かった。SFというジャンルだけど、今最も自由に現在、過去、未来の物語を紡ぐことができるのはSFじゃなかろうか。
    SFは、日常的なシチュエーションにどーんと横たわる非日常な設定の中で、人がどう生き、どう感じるかとい...続きを読む