無形資産が経済を支配する―資本のない資本主義の正体

無形資産が経済を支配する―資本のない資本主義の正体

作者名 :
通常価格 3,080円 (2,800円+税)
獲得ポイント

15pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

【ニコニコカドカワ祭り2021開催中】マンガ・書籍が50%OFF!人気作品がまるごと1巻無料で読める期間限定無料作品も要チェック★

作品内容

GAFAが台頭する中、無形投資の増大は生産性や格差にどのような影響をもたらすのか?
企業・投資家・銀行・政府はどのように対応すべきか?
有形資産とは異なる無形資産の4つの特徴とは何か?

これまで計測できなかった無形資産の全貌を、初めて包括的に分析した画期的名著
『フィナンシャル・タイムズ』ベスト経済書

【推薦の言葉】
「世界経済最大のトレンド『無形資産』を理解したければ、本書を読むべきだ」――ビル・ゲイツ

【無形資産の一例】
・スターバックスの店舗マニュアル
・アップルのデザインとソフトウェア
・コカ・コーラの製法とブランド
・マイクロソフトの研究開発と研修
・グーグルのアルゴリズム
・ウーバーの運転手ネットワーク

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経済
出版社
東洋経済新報社
ページ数
400ページ
電子版発売日
2020年01月17日
紙の本の発売
2020年01月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
10MB

無形資産が経済を支配する―資本のない資本主義の正体 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2020年09月03日

    GDPの救えていない価値を理解するという点で、非常に参考になった。一方、結局定量化は難しいんだなあという点で、今後の行動への示唆はあまりないのかなという感じでもあった。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年05月06日

    無形資産が経済に及ぼす影響について記載している
    スケーラビリティ 拡張性
    サンクコスト 投資が回収できない
    スピルオーバー 無形資産の効果が自社・他社へ波及する
    シナジー 異なる無形資産が掛け合わされることでより多くの便益をもたらす

    無形資産が重要になる経済では、スピルオーバーを最小化しつつシナジ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年02月27日

    世界時価総額上位をみれば無形資産を活用する企業ばかり。それらの企業はいまや国家を超越しようとしている。無形資産企業への富の集中と不可分性(と無形投資という多分の投機性)を、主に経済学的視点から分析する。著者曰く無形資産の特性は①スケーラビリティ、②サンクコスト、③シナジー、④スピルオーバーの4つあり...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月27日

    今日、先進国では「無形資産」への投資が増えている。この無形投資の台頭は何をもたらすのか。有形投資とは異なる特徴を述べ、経済や社会に及ぼす影響について解説した書籍。

    無形資産とは、物理的なモノではなく、アイデアや知識、社会関係でできた資産のこと。あらゆる先進国で重要性を増しており、一部の国では有形投...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年08月01日

    無形資産の可能性を感じさせる一冊
    ただ結論めいたものが見えなかった
    共有=コモンの考え方も今後の流れかな

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年04月03日

    献本御礼
    「物理的なものを伴わないため、移転や再販売が難しい資産(ブランド価値とかコンテンツとかソフトウェアとか)が社会の中で大きくなり、先進国では物理的な資産より大きくなってるかも」という前半は面白い
    後半の「無形資産ではこういうビジネスになる」部分は参考になるところもならないところも。
    たとえば...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月16日

    無形資産がどのようにして経済指標に影響を及ぼすのか、無形資産の特徴を説明しながら説明している本。

    率直な感想としては、経済学の知識が乏しい自分にはちと難しい内容であった。
    ソフトウエア開発に密接にたずさわっていることから、無形資産の定義や特徴はすんなりと理解できたが、第二部から辛くなってきた。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています