貧乏人の経済学――もういちど貧困問題を根っこから考える

貧乏人の経済学――もういちど貧困問題を根っこから考える

作者名 :
通常価格 3,300円 (3,000円+税)
獲得ポイント

16pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

貧困研究は、ここまで進んだ! 食糧、医療、教育、家族、マイクロ融資、貯蓄……世界の貧困問題をサイエンスする新・経済学。W・イースタリーやJ・サックスらの図式的な見方(市場 vs 政府)を越えて、ランダム化対照試行(RCT)といわれる、精緻なフィールド実験が、丹念に解決策を明らかにしていきます。

カテゴリ
ビジネス・実用
ジャンル
ビジネス・経済 / 経済
出版社
みすず書房
ページ数
408ページ
電子版発売日
2016年06月10日
紙の本の発売
2012年04月
サイズ(目安)
1MB

関連タグ:

貧乏人の経済学――もういちど貧困問題を根っこから考える のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2021年11月10日

    この本はノーベル経済学賞を受賞した本です。

    この本は、「貧乏な人を救うにはどのような方法がいいのか?」という問題について、様々な研究や検証を行い答えを探していきます。
    「援助は無駄である❕」という考え方や「どーんと援助しないと効果がないよ❕」など、様々な意見もあるなか、本当に必要なものは何か?を探...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年09月24日

    10年も前に書かれたとは思えない、今現在の状況を表している。
    貧乏人に寄り添う形でいろんな切り口で調査実験して問いかけている。食糧、医療、教育、家族、マイクロ融資や貯蓄について、漠然と感じていた事が間違っていたことも分かる。その根本に訴えないと供給ワラーだけでは解決しない。
    貧困から脱する方法、この...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年07月20日

    タイトルの通り経済学についての本だが、人間の行動心理について書かれている部分も多くあり、そこが私にとってはとても興味深かった。

    特に「時間不整合性」や「豊かな国に住む者は眼に見えないあと押しに囲まれて生活している」という二つの事実は、今後もずっと覚えておきたいと思った。
    まず一つ目の時間不整合性は...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月26日

    2019年にノーベル経済学賞を受賞した、インドの経済学者アビジット・バナジーとフランス人経済学者エスター・デュフロ(二人はご夫婦だそうです)の共著のこの本を頑張って読んでみました。
    この本では経済、教育、農業、政治を通し、人間の心理まで考えます。
    言葉が非常に丁寧で、貧乏な国や地域の問題を読者の多く...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月05日

    2015年に読んでいたことが判明したので再読だったようだ。貧困問題に止まらず、様々な社会問題について、考えさせられるきっかけが豊富に含まれている。原書発売から10年を経ているが、色あせるどころか全く古びていないのが素晴らしい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年11月01日

    貧乏人が貧乏であり続け、豊かな人が豊かになれる社会構造が理解できる。
    人はカロリーの高さで食べ物を選ぶのではない。そのため餓死が起きる。
    貧乏な人は重要な情報を知らない。
    人生の多くの側面に責任を背負っている。すべて自分で決断しないといけない。やらないといけない。
    貧乏だとサービスが受けられなかった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年12月10日

    貧乏人がいかに貧乏から脱するか行動経済学を用いて、選択決定方法を明らかにする。新たな視点が多く、現場での活動に対して、多くの示唆をもらえる。確かに良さそうなんだけど、本当に良いのか分からないことを根拠を持って成果を示し、より効果的な方法を模索する必要性を痛感する。

    加えて、問題を簡単に解決してしま...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年12月21日

    です、ます訳がよい。メジアンなんとか、他、改善すべきとこはあるが、翻訳は読みやすい。内容は、平易に問題を述べていて、とても良い。考えさせられる。貧困問題を考えるには、読んどいてそんはない。日本の貧困家庭には直接は関係ないので、貧困国の経済学ーがより正しいタイトルかと思う。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年08月31日

    開発経済学を全然わかっていなかったと反省。開発援助の現場は,想像以上に泥臭くて人間的な部分があり,興味をそそられた。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2021年07月19日

    2019年にノーベル経済学賞を受賞したバナジーとデュフロによる、一般向けの平易な書籍。
    貧困問題について、一発で解決する魔法は存在しないが、貧乏な人たちの生活を改善する方法については間違いなくわかっている、と主張する。彼らの十八番であるランダム化比較試験(RCT)を活用した具体例を多く示しながら、ど...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

無料で読める ビジネス・経済

ビジネス・経済 ランキング