エスター・デュフロの一覧

「エスター・デュフロ」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2016/06/10更新

ユーザーレビュー

  • 貧乏人の経済学――もういちど貧困問題を根っこから考える
    1年前から少しずつ読んでやっと!RCTを経済学に応用してノーベル賞を取ったお2人。“人は生まれながらにして小さなコストを先送りし現在ではなく将来に負担させたがる”
    膨大な研究結果を体系立てて平易にまとめて、経済学なのに現場感がひしひしと伝わってくる。翻訳も◎
  • 貧乏人の経済学――もういちど貧困問題を根っこから考える
    ・貧乏な人は重要な情報を持っていないことが多く、間違ったことを信じている。魅力的で単純な方法でキャンペーンを実施。信頼できる情報源を。
    ・貧乏な人は自分の人生にあまりに多くの側面について責任を背負い込んでいる。意思決定の難しさ。お金持ちであれば、誰かが正しい判断を下してくれる。⇨先送り傾向⇨既に正し...続きを読む
  • 貧乏人の経済学――もういちど貧困問題を根っこから考える
    この本はノーベル経済学賞を受賞した本です。

    この本は、「貧乏な人を救うにはどのような方法がいいのか?」という問題について、様々な研究や検証を行い答えを探していきます。
    「援助は無駄である❕」という考え方や「どーんと援助しないと効果がないよ❕」など、様々な意見もあるなか、本当に必要なものは何か?を探...続きを読む
  • 貧乏人の経済学――もういちど貧困問題を根っこから考える
    10年も前に書かれたとは思えない、今現在の状況を表している。
    貧乏人に寄り添う形でいろんな切り口で調査実験して問いかけている。食糧、医療、教育、家族、マイクロ融資や貯蓄について、漠然と感じていた事が間違っていたことも分かる。その根本に訴えないと供給ワラーだけでは解決しない。
    貧困から脱する方法、この...続きを読む
  • 貧乏人の経済学――もういちど貧困問題を根っこから考える
    タイトルの通り経済学についての本だが、人間の行動心理について書かれている部分も多くあり、そこが私にとってはとても興味深かった。

    特に「時間不整合性」や「豊かな国に住む者は眼に見えないあと押しに囲まれて生活している」という二つの事実は、今後もずっと覚えておきたいと思った。
    まず一つ目の時間不整合性は...続きを読む

新規会員限定 半額クーポンプレゼント!