9 プリンシプルズ 加速する未来で勝ち残るために

9 プリンシプルズ 加速する未来で勝ち残るために

作者名 :
通常価格 1,782円 (1,620円+税)
紙の本 [参考] 1,980円 (税込)
獲得ポイント

8pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

「地図よりコンパスを」「安全よりリスクを」「強さよりレジリエンスを」……追いつくのも困難な超高速の変革がデフォの世界で生き残るには、まったく発想の異なる戦略が必須だ。屈指の起業家とジャーナリストによる必読のイノベーション/ビジネス・マニュアル。

ジャンル
出版社
早川書房
ページ数
368ページ
電子版発売日
2017年07月15日
紙の本の発売
2017年07月
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
10MB

9 プリンシプルズ 加速する未来で勝ち残るために のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2018年09月03日

    視点がちゃんとしていて、こうやってものを捉えれば良いのかと新しい気づきを与えてくれる本。
    淡々と書かれているので、ビジネス書を読み慣れているとなかなか入ってこないかも。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月25日

    触れている分野が広いし、訳のせいなのか少し難解だったけど、これからのヒントがいっぱい詰まっている。これまでも21世紀がどうあるべきか発信されてきた多様性に始まる新たな創造性の創出について、研究・技術の視点で改めてそうなんだと再認識させられる内容だった。日本の大企業が足りない視点(きっと多くは自らは変...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月17日

    現代のイノベーションの仕組みは実に多様化している。それゆえ技術オンリーではNGだし、用途提案力だけでもNG。双方を併せ持ち、そのために必要なリソースの組み合わせを考えることができ、しかもモノを生み出した結果、用途環境をどのように変えるかを見通せる力まで要求される。日本でも昨今「異業種融合」とか「医工...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年03月23日

    イノベーションを起こすために必要な要素9つについて解説している書籍。9つの要素について事例を交え解説。直訳でやや読みづらい

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年09月25日

    MITはどのような理念で運営されてるか?
    結果として、外部の変化に適応するプロジェクトを運営できるのか?

    その実現のための指針が記述されています。
    これらの指針は、会社そしてそこで働く私たちの行動指針、価値にも再考の余地を与えてくれるはずです。

    地図よりもコンパス

    記載されていた指針の一つです...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年07月21日

    これからの社会や人生を意義あるものにするために必要な9つの原則について、伊藤穰一さんとジェフ・ハウさんが解説するもの。未来予測も入っていて、参考になる。「権威より創発」「強さより回復力」「能力より多様性」など、ぼんやりと感じていたことを簡潔に言語化してくれ、事例も紹介しているので、ハラオチしやすい。...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月20日

    20190120
    「おもしろさ」への感度。MITメディアラボの創発的な組織の在り方、そこに流れる文化に根ざした、物事の捉え方は、斬新でも特異でもなく極めて実感的・実践的なものに思える。ライフシフト系の書籍として、刺激的で推奨に値する。原題はWhiplash、早すぎて鞭打ち症になる現代に立ち向かう4P...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年09月28日

    訳がおかしくて理解できず、結局、洋書で読んだ方がわかりやすかった。
    MIT Media Laboのジョイイトウによる、イノベーションを起こすには、スピードが求められる現代における大事なプリンシパルとは。
    マップよりコンパスを。これが最もいい言葉だ。細かく計画していったとしても、結局修正修正。それであ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年06月14日

    伊藤穰一とジェフ・ハウの共著を山形浩生が訳しているというのだから、読みたくなるではないか。全体的に(まあ、Joi にとってはいつもの通り)リベラルに寄り過ぎているので慎重に読まなくてはいけないが、社会全体がそちら方向に倒れてきつつあるというのもまた事実だ。我々の世界は確かにランニングシューズから超音...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年03月22日

    刺激に満ち溢れた1冊だった。要素還元主義に基づく科学的な手法では環境問題や複雑な生物の機構などの解決・解明に至らないと日頃感じていたが、本著の9つの考えに従えばそれらの解決に繋がるかもしれない。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています