【感想・ネタバレ】約束のネバーランド 8のレビュー

書店員のおすすめ

脳がヒリつく脱獄サスペンス!少年ジャンプに現れた異色作かつ超良作!
舞台は明るく和やかな孤児院、勉強にお手伝いにと幸せな日々を過ごす少年少女……しかしこの孤児院にはあまりにも凄惨な秘密があったのです。里親に引き取られ孤児院を去ったはずの子供達は、実は「出荷」されていた……「異形のモノ」の、「食事」として……!
ここまでで既に「え!?」となってしまうインパクト。主人公達はこの秘密を知って脱出を計画する訳ですが、そこからの展開はもう目が離せません!それぞれ知恵、知識、運動神経の高い少年少女達が立ち回りますが、それ以上に異形のモノの手先である孤児院の院長ママは周到で抜け目なく強か。計画がバレないよう情報を集め、腹を探り合い、虎視眈々と脱出の機会を伺う緊張感はプリズンでブレイクな海外ドラマを思わせるクオリティです。
1話1話がハラハラしっ放し、続きが気になって仕方ない脱獄劇……もう全力でオススメです!

ユーザーレビュー

購入済み

怖い

かめ 2020年10月03日

狩庭怖すぎる。こんな場所から一度でも逃げることができれば、オジサンがあぁなっていることにも納得。新しい仲間も加わって、どんどん面白くなっていく。見応えあり。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ購入済み

邂逅の第8巻

mana 2020年06月29日

目指した地、ゴールディポンドは、鬼たちの秘密の狩場だったーー
いやなんとなくやばそうなところだと予想はついていたけれど、やっぱり現実は厳しいなぁ……
それでも諦めず脱出と救出を試みるエマはめちゃめちゃたくましすぎて泣けてくる。生きる上で最も重要なのは「諦めないこと」なのかもしれないーー普段こんな精神...続きを読む論は信じないんだけどなぁ。
人間も鬼も、似たようなもん。だって“普通に食べる”ことに飽きたら、知性を持つものは誰だって“楽しく食べる”要素をつけたくなるのは当然じゃない??

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ購入済み

面白い

ペイ 2020年06月26日

どんどんと主要人物が別行動になってしまったので、再会できたときには喜びが爆発しそうです。着実に一歩一歩進んでいます。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

面白い

(匿名) 2020年05月25日

鬼が襲ってくるシーンは、読んでいて同じ緊張感でこっちまでドキドキしてしまいました。また次の展開になって面白い。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

鬼の文化が滑稽

まっつん 2020年05月15日

知性の高い鬼は人間と同じ文化有り違和感を感じて面白い。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

面白い

はるさん 2020年01月23日

面白い

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年05月03日

【あらすじ】
悪意に満ちた企てにより、エマとレイに数多の鬼が襲い掛かる。繰り広げられる命を懸けた戦い。地獄の様な状況下でエマが決断し、そして望んだ未来は…!? 永遠の子供達よ、絶望に立ち向かえ! 衝撃の脱獄ファンタジー!!

【感想】

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年04月13日

おもしろい。

飽きさせない展開が続く。
ダンジョンゲーム、謎解き、アクションがよいバランスで展開される。あと友情ものも組み合わさって。

次回も早く読みたい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年04月12日

ハマっております、ネバラン。
早く次が読みたいです。登場人物多くなってきたから、覚えられなくてしんどくなりそうな予感もとてもします。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年04月10日

脱出編のワクワク感からして、のっけから凄いテンションだったけど、出てからの緊張感も半端ないです。ちょっとずつ世界が広がって、だんだん謎が明かされてくる展開も魅力的。まだまだ序盤ぽいけど、どんどん先が読みたくなってしまいます。単行本待ちがもどかしい!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年09月12日

駆け引きを捨て、心からオジサンに呼びかけるエマ。

変えようのない過去と、終わりなき絶望と後悔。身が千切れそうなほどの罪悪感の中を一人過ごしてきた「オジサン」に、エマはまっすぐに自分の思いと理想を、言葉にします。

「オジサン」と同じように悩み苦しみ、それでも絶望することなく、理想を当たり前のように...続きを読む語るエマ。
このエマのまっすぐさと、何も捨てようとせずに、前を向き続ける気持ちが『約束のネバーランド』の核であり、そして大きな魅力だと改めて感じます。

そして、物語はここから急展開。突然連れ去られたエマが、目を覚ますとそこに広がっていたのは、絵本のような世界。そして鳴り響く音楽と広がる地獄のような光景。

この巻で現れるレウウィス大公の、強敵感がまた半端ない。真っ黒なコートに身を包み、より強い敵意を求め人間狩りを続ける彼は、エマに狙いをつけ、そしてエマの敵意を煽るため、ある行動をとります。

巻数としてはこの8巻は中盤なんだけど、レウウィス大公はまるでラスボスのような迫力……。憎むべき相手なんだけど、どこかカリスマ性のようなものも感じられて、こういう強力な敵がいるからこそ、また物語が盛り上がっていきます。

エマの前にも新たな協力者が現れます。狩りを終わらせるため粛々と準備を進める、猟場の子供たちのリーダー、オリバーをはじめとした精鋭の子供たち9名。そしてもう一人の“いないはずの人間”。その彼の正体と案内する先に待つものとは……

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

続きが楽しみ

A 2020年07月18日

ミネルヴァの真意とは!

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年10月13日

絶望のなかに確かな希望がある。
全員生き残ってくれ……

要はゴールディ・ポイントの鬼を全部ブチ◯せばいいんでしょう?
君たちならできる!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年04月01日

エマたちが目指した先は「秘密の狩場」。

絶望的な状況は変わらないのに、多くの人間がいるだけで安心感がある。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年11月24日

ゴールディ・ポンドという新しい舞台が出てきて、また盛り上がってきました。次の巻でまた秘密が分かるのでしょうか。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年04月12日

集団行動から単独行動へ、
そしてまた新たな集団へ。
味方も敵も多彩さを増してきて、
ステージも広がりを見せてきて、
また先が気になる展開になってきました。
鬼…知性があってもなくても怖いなー(^^;。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年04月05日

うぉ~ あのポイントにこういう仕掛けが!
ミネルヴァさんっていい人なの?悪い人なの?と相変わらずドキドキ。これでミネルヴァさんが鬼さんの手先だったら救われないなぁ~

というわけでポイントにこんな驚きが。正直、ノーマンが出てくるかと期待したのは私だけではないと思う。次も楽しみ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年04月05日

「あの場所は人狩りの庭 人食いの狩猟本能を満たすための 秘密の猟場だよ」

新章ゴールディポンド編。
外に出てからやや失速気味の展開だが、まあほどほど面白い。エマとレイが分断されてそれぞれの話が始まりそう。

このレビューは参考になりましたか?