【感想・ネタバレ】約束のネバーランド 15のレビュー

書店員のおすすめ

脳がヒリつく脱獄サスペンス!少年ジャンプに現れた異色作かつ超良作!
舞台は明るく和やかな孤児院、勉強にお手伝いにと幸せな日々を過ごす少年少女……しかしこの孤児院にはあまりにも凄惨な秘密があったのです。里親に引き取られ孤児院を去ったはずの子供達は、実は「出荷」されていた……「異形のモノ」の、「食事」として……!
ここまでで既に「え!?」となってしまうインパクト。主人公達はこの秘密を知って脱出を計画する訳ですが、そこからの展開はもう目が離せません!それぞれ知恵、知識、運動神経の高い少年少女達が立ち回りますが、それ以上に異形のモノの手先である孤児院の院長ママは周到で抜け目なく強か。計画がバレないよう情報を集め、腹を探り合い、虎視眈々と脱出の機会を伺う緊張感はプリズンでブレイクな海外ドラマを思わせるクオリティです。
1話1話がハラハラしっ放し、続きが気になって仕方ない脱獄劇……もう全力でオススメです!

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2020年09月07日

読み進めるにつれてだんだん展開が読みやすくなって来て、序盤のワクワク感は薄れてしまったように感じる。
展開が早くて、重要な探検が一瞬で終了したりとかしているのも、一つの作品としてちぐはぐで、打ち切り間際のテコ入れのようなものを感じてしまう。
逆に言えばある程度展開が読めても十分面白いのはすごい。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ購入済み

前進の15巻

mana 2020年07月06日

ノーマンとぶつかり合うエマ、そして七つの壁探しへ。
ムジカの存在、鬼たちの社会に君臨するものたちの登場ーー
もう後に戻れないのは全員同じ。鬼を含めて全てを救うか、鬼を殲滅して人間を救うかーーやられるか。うーんどちらの気持ちもわかるけど、やっぱり生き残るためにはノーマンの考え方に賛同してしまいそう。エ...続きを読むマたちの道に光がありますように。
急にファンタジー感が強くなった終盤!どうなることやら。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

紙から電子に移行!

しろくま 2020年06月24日

こういう漫画すきです!

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年01月12日

まずもう、絵がうま過ぎる。


ギーラン卿と盟約を交わし、鬼同士を戦わせる作戦を取るノーマンの漁夫の利作戦。

王を殺さず、その血を使って、「人を喰わなくてもいい鬼」を増やした上で人間の世界に渡るエマの作戦。

「鬼」を「鬼という種族」として見るか、それぞれの個として見るか。
エマは良くも悪くも、相...続きを読む手を「集団」として見る「偏見」がないから、綺麗事や夢物語を語るキャラなんだよなぁ。でもエマの知らないところで、ノーマンは取り返しがつかないくらい超非人道的(鬼道的?)行為に及んでいるし、それを正当化したくなるほどの鬼の悪行を知ってるから…
このすれ違いが辛い。

ノーマンは賢すぎて、背負すぎだよ、おろせ。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年12月01日

ノーマンの計画とエマの理想がすれ違っていく展開がせっかく再会できた子どもたちを決別させていくのかと思うとやるせない。
ここで子どもらしく大きく喧嘩して方針を決定すればいいのに頭いいから表面上ではすり合わせて同時進行して同じ方向を目指しているのにきっと結果は反対の方向に向かっていくんだよなあ〜
〝神様...続きを読むになんかならなくていい〟すごくジーンときたセリフ。読者であるわたしもノーマンならなんとかしてくれそう、ってノーマンを神聖視しているところがあったからその一言を本人に言えるエマは流石。そしてノーマンその言葉しっかりうけとめてぇええ。
不穏な空気満々で気になる一方です…

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

続きがよみたい!

とび 2019年11月29日

展開がドンドンスケールが大きくなってくる。止まらない!

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年10月22日

鬼を絶滅させようとするノーマンと「殺すのはやだ」「絶滅は反対!」のエマ。
やっぱりエマは優しい☺
入口は分かっても出口がわからないのに
鬼の絶滅を避ける方法を探しに、レイと一緒に七つの壁と約束を結び直しに冒険へ。
無事に戻って来て欲しい

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年08月10日

【あらすじ】
食用児の自由の為に鬼社会崩壊を企む計画が進む中、エマは復讐を望む人間の心の闇に触れた。それに対し彼女は人も鬼も傷付かない道を模索するのだが…!? 永遠の子供達よ、絶望に立ち向かえ! 衝撃の脱獄ファンタジー!!

【感想】

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年08月05日

鬼の世界の全貌がだいぶ露わになってきて、本格的に次のステージに進んだ感じ。個人的には、ギリギリのところで逃げ惑いながら、何とか活路を見出していくっていうこれまでの流れを、もう少し引っ張ってもらって全然良かったけど。そのあたり、週刊誌・少年誌連載の、なかなか難しいところかもしらん。でも相変わらず鉄板の...続きを読む面白さには違いない。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

七つの壁

さる 2020年10月04日

謎は深まるばかり。
ノーマンがやろうとしてること、エマがやりたいこと。それぞれ仲間を助けたい事は一緒なのに、同じ方向は向けない2人。
そして七つの壁探しに出掛けたエマとレイ。一体この世界はなんなのか?

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

不条理な決まり

まっつん 2020年05月18日

既得権益を持つ特権階級がねじ曲げている事が多いと思った。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月09日

みんながみんなノーマン大好きなのとても好きだし、私もノーマン大好きだ…
ノーマンは自己犠牲に走りがちだけどそれを分かってあげられて助ける為に行動できるエマ・レイが最高。
レイのことをエマが「助ける人がいた方がレイもちゃんと生き残る」って言ってたことにも通じるけど
ほんと3人はお互いをちゃんと理解し合...続きを読むって認め合って支え合ってて…
これをなんと表現したらいいのか…これが尊いというやつなのか…


酷いことされて憎むのは当たり前で、復讐したいのも当たり前で、でもそうすると憎しみ合い無限ループで、なんか考えさせられる。
戦争ってこういうことだな〜と分かりやすく伝わった。
あらためてそういう目で見ると、「得体の知れない理解できない完全なる悪、に見える相手」というのが「鬼」としてすごく上手く表現されてるよなあ。
見た目めっちゃ怖いし意味わからんし。
悪だと思ってたけど、知ってみると実は自分らと同じじゃない?絶対的に憎むべき存在ってわけでもないんじゃない?というのも エマと一緒にじわじわ感じてきてたし。
そこで、人間を食べ「ざるをえない」って事実が入ってきて、あれ?あれあれ??という…
そう…やっぱりレウウィスとかさ…嫌いじゃないんだよ……悔しいけどさあ……

相手を信じても裏切られる確率は十二分にあって、自分の身を守る為に信じきっちゃいけなくて…簡単にみんなハッピーとはいかないよなあ。
ノーマンの計画が現実的、エマの希望はあくまで理想の理想、でも実現できたらリアル社会の世界平和への希望もちょっと湧くかもしれない。
復讐側の気持ちは捨てきれないけど、戦わない道に進みたいのが本音だ。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年10月20日

ノーマンの計画vsエマの理想、タイムアタック。

「成功じゃない」って言い切るよなあ。
ノーマン、あまりに多くを背負ってしまった。
青臭い理想論で突き進めるエマの主人公ぶりよ。
こんな主人公に無茶するノーマンまで加わって、レイも面倒見がいい。
ギルダもいつもこの役割、彼女も苦労が絶えない。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年09月15日

話が一段落して、つまんなくなったと感じていたが、我慢して読んでいたら、また動き出した。

ミネルヴァことノーマンは鬼で権力の座から追い落されたギーラン家と組むことで、現在の世界を支配している王家・五摂家を滅ぼそうと画策。

一方、平和主義者エマは、そんなノーマンに疑問を抱く。

二人の主張の接点とな...続きを読むりそうなのが、人を食べずともその形質を維持できる”邪血の少女”のエピソード。それは彼女たちが以前会ったソンジュとムジカのことだった。鬼はその血を飲むだけで、その体質を受け継ぐことができる。

ノーマンが鬼の仲間打ち計画を実行させる前に、ソンジュ達を見つけ出すことをエマは決意。7つの壁を越えて鬼たちの世界へと出発。一方、ノーマンは鬼への復讐を改めて誓う。

鬼の世界の女王レグラヴァリマ、そして五摂家たちの新キャラが出現。近年農園を襲う賊の退治に乗り出す。ノーマン達はそこを狙って、計画決行を決意。

7つの壁を越えたエマとレイがたどり着いたのはなんと彼らが脱出したはずのグレイス・フィールド。しかしそれはどうも幻影らしい。あやかしの世界に翻弄される二人。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年08月27日

おもしろい展開が続く。
確率論ではないありたい姿を目指す。
例外の正体も明らかになったから。
誰にも辛い思いをさせたくない。
そんな思いをもとに新たな旅に向かう。
さぁーどちらが先にチェックメイトできるのか?
チェックメイトされてしまうのか?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年08月13日

エマみたいな子って苦手~~自分勝手で協調性なーーい、と思うときもあるけど、でも結局ほんとの“協調性”ってものを考えてるのはエマなんだろうな。鬼のことまで考えてるんだから。
今のことだけじゃなくて未来を見てるんだよねぇ。すごい子だよ。

しかし私は大好きなノーマンのことしか考えられない。私もノーマンの...続きを読むことを「ボス!ボス!」って言って慕いたい。尻尾振って飛び付きたい。
青年になったノーマンの声優って変わったりするのかな~アニメでの真礼ちゃんのノーマンの声が本当にドンピシャで大好きだったからあのままがいいなぁ~。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年08月05日

ノーマンの計画、エマの想い。
どちらも譲らないし、譲れない。
レイはあんなに尖っていたのに、脱走を機に良い意味でトゲも抜けたというか…しみじみ。
エマを支えてくれていて、頼もしい。

ムジカの謎がそういうものであったとは。

まだこれからも激しい闘いが待っているのかと思うと怖い。
願わくば、ハッピー...続きを読むエンドがいいな…。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年08月02日

ノーマンの発送は、一人で犠牲になった時と変わってないってことね。
それにしても、ソンジュの役回りとか色々よく考えられてるなぁ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年09月22日

自分たちが、最も安全かつ確実に生き残る道として、敵の殺戮と絶滅という戻れない道を進み続けるノーマン。
一方でエマとレイは、絶滅を避ける可能性を求め、伝承に残された七つの壁に向かう。

126話から明かされるノーマンの計画と、エマの懊悩。
ここまで鬼というのは、人間を食べる理解出来ない邪悪な敵、という...続きを読むふうに描かれることが多かったけど、一方で彼らにも家族があり、人生があり(人じゃないけど)、感情も心もあること描かれる。

でも敵意や憎しみがある限り、相手を思いやる余裕も、殺戮という選択肢以外も持てなくなる。レイが「これが戦争ってやつなんだろうな」と語る場面があるけど、改めてこの『約束のネバーランド』の世界は、読者の生きる現実世界と地続きであることが感じさせられます。

人を食べなければ、生きていくことが出来ない鬼たち。しかし、例外的存在なのが、かつてエマたちを救ったムジカとソンジュ。そして鬼たちの王家と五摂家と呼ばれる貴族たち。その血塗られた歴史もこの巻で明らかに。

ムジカは人間を食べなくても、自身を保てる特殊な個体。さらに彼女の血を飲んだ者も、その形質が受け継がれ、一時は救世主と呼ばれることに。そんな彼女たちに王家と五摂家が取った手段は……

この場面もやっぱり鬼とか人間とか関係ない現実が、描かれていると思います。社会の食料の供給網を握ることで、自らの権力基盤や特権を不動のものとする。そのために、死にゆく鬼たちを救っていたムジカたちを襲い、その能力を自分たちだけのものにする。
権力に憑かれた者、身分に憑かれた者、彼らが作り出す不平等で不公正な社会。これもやはり現実の人間世界を写すよう。

この巻だとノーマンの表情が印象的。前巻でエマとレイが、昔のノーマンのことを春のほほえみと話していた場面があるけど、その表情がまったく見えない。王家を倒すため、同盟を結んだ鬼たちに見せる企みに満ちた微笑。
エマとレイの恩人のムジカとソンジュに対しても、絶滅という選択肢を隠そうとしない冷酷な表情。
エマの王家とムジカたちの血、そして七つの壁の伝承を使って、絶滅を阻止するという案に対し「夢物語」と切り捨てる厳しい表情。
そして、仲間を確実に救うためなら、神にでも悪魔にでもなる、と決意を固める表情。

いずれも、過去のノーマンが見せなかった表情で、彼が戻れない道を歩み続けていることが分かるシーンです。

一方でエマはあくまで鬼たちの絶滅に反対。そして世界の理を改めるため、そしてノーマンが、自分一人で全ての罪を背負い、自分の意思を殺し、歩み去ろうとするのを阻止するため、謎と危険が待つ、七つの壁に向かいます。そしてその先に広がるのは、摩訶不思議な迷宮で……

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年11月09日

約束のネバーランドは山場のテンポが良くて一気読みしちゃうなあ。ちょっとずつ謎を小出しにするバランスが絶妙。あと絵がうますぎる。ユニークな鬼のデザインとか色々描いてて楽しいんだろうなあ。

ただ、エマの「なんで王達は邪血の人達を殺したの?みんなハッピーになれたのに!全然わかんないよ!」的なのはちょっと...続きを読む白々しかったなあ。今までの旅で、物事の裏を考えられるようになった節があったのに。それをわかった上で自分のやりたいようにやる、ってスタンスではなかったのか

このレビューは参考になりましたか?