【感想・ネタバレ】約束のネバーランド 17のレビュー

書店員のおすすめ

脳がヒリつく脱獄サスペンス!少年ジャンプに現れた異色作かつ超良作!
舞台は明るく和やかな孤児院、勉強にお手伝いにと幸せな日々を過ごす少年少女……しかしこの孤児院にはあまりにも凄惨な秘密があったのです。里親に引き取られ孤児院を去ったはずの子供達は、実は「出荷」されていた……「異形のモノ」の、「食事」として……!
ここまでで既に「え!?」となってしまうインパクト。主人公達はこの秘密を知って脱出を計画する訳ですが、そこからの展開はもう目が離せません!それぞれ知恵、知識、運動神経の高い少年少女達が立ち回りますが、それ以上に異形のモノの手先である孤児院の院長ママは周到で抜け目なく強か。計画がバレないよう情報を集め、腹を探り合い、虎視眈々と脱出の機会を伺う緊張感はプリズンでブレイクな海外ドラマを思わせるクオリティです。
1話1話がハラハラしっ放し、続きが気になって仕方ない脱獄劇……もう全力でオススメです!

ユーザーレビュー

購入済み

もうすこし

さる 2020年10月04日

物語が確実に終わりに向かっている感満載で、ここまで本当に凄いペースで進んできた。あっという間すぎて、まだ終わらないで欲しいと言う思いが強い。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年10月01日

どんどん進んでいって、凄まじいほどの展開に読者側も焦り急き、考えることと感じることが多くて忙しいです。ここまでくると、終わりに近づいていってるのがほぼ明確に感じ始めました。結末が早く知りたいのと、終わってしまう寂しさとで、感情も忙しいです。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年09月13日

とりあえずギルダ可愛すぎた!
鬼がいっぱい出てきて少し困惑…
エマ大丈夫かな?すごく心配!
めっちゃ続き気になる

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ購入済み

女王との決戦の果てに

Yasu 2020年07月11日

ついに、女王との決戦が。ノーマンの作戦は、王都全体を揺るがしていく。早く早く、駆けつけろ、エマ。ノーマンが王と全ての貴族をせん滅してしまう前に、、、最後のページは衝撃的です。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ購入済み

殺戮の17巻

mana 2020年07月06日

いよいよ来るところまで来たと言う感じの17巻。
エマとレイ、ギルダとドン、そしてノーマン達が鬼たちの一大祭が開催される王都へと進軍する。鬼の社会はほとんど人間と同じーーやはりどんな世界にも権力、陰謀、裏切り、欲望、様々なものが渦巻いている。
ノーマンvs女王の決戦は気になりすぎてページをめくる手の方...続きを読むが早かったほど。
やばい。薄々気付いてたけど………
この漫画、面白くないページが1ページもない!!!

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ購入済み

ノーマン

ヤクネバ 2020年06月26日

ノーマンの変わった姿を見ながらも、きっと変わってないって信じるエマたちの姿に心打たれました。とっても素敵な家族。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

面白い

さわきょん 2020年06月09日

早く続きが読みたいです。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

続きがきになる

2020年05月27日

面白い

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

戦闘しーん

まっつん 2020年05月24日

ストーリーだけでなく戦闘シーンも展開が早く面白い。。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年02月02日

久しぶりに衝撃のマンガと言っても良いかも。
人間と化物の世界があって、実は人間的は飼育され食べられるのを待っていた。
そして神は、その中で一番美味しい人間を所望し、その代わりに2つの世界を分けていた。
それを解き放つべく、人間の世界に戻る決意をするエマは神と取引をする。一方で、もう一人の天才ノーマン...続きを読むは完璧な作戦で、化物たちに襲いかかる。ついに、人間対化物の決戦へ。五摂家を抹殺したノーマンたちのところ、エマが戻る。
この展開は、ある種の閉ざされた社会から外へ出ようとするという考え方で、映画でもよく使われるものではあるが、それをすごくキュートに、そして人間関係として描きながら、化物に対するシンパシーを得るという難しい方法をとっている。
非常に練られたストーリで、面白い。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

大人買いしてしまいました

Aaa 2020年01月21日

アニメの続きが気になって17巻まで一気に買ってしまいましたが面白かった。
鬼がどうなるのか、約束はなんなのか、人間界は、と気になることが多すぎて早く続きが読みたい!

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年01月14日

始まった鬼vs鬼vs人間の戦い。
ギーランの過去も明らかになり、昔のギーランは民のために尽くす領主で〝治める民あっての統治〟を掲げるギーランは義のある鬼だと思ったし、鬼の人格をみると人間を応援したいのに鬼と人間の違いってなんなのかという疑問がどんどん拭えなくなる。
人間と鬼、善と悪とか結局全ては自分...続きを読む達の価値観と他人からの評価で正義や正しさは決められてしまうもの。
だからこそノーマンにはエマやレイと鬼と手をとって考え直してほしい。
ラムダにいた子ども達は異形もいて寿命は短いと予想してたけどまさかノーマンも余命が長くないのか…つら…

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年01月12日

恐ろしい、女王陛下。


マジでムジカたちエモい、死ぬ。

美しく清廉で義があり、正しく生きようとしたギーラン家の復讐劇が見所。
家を、卿を生かすために全てを捧げてきた臣下たち。卿はやはり君子だったのだろう。決して憎悪に汚れたとも落ちぶれたとも私は思わない。だからこそ、この結末は悲しい。
もしかした...続きを読むら、落とされる前の卿なら、エマの言う「夢物語」にのってくれたのかもしれない。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

ワクワクとドキドキが止まらない

ちゃちゃくま 2020年01月10日

ずっと配信されるのを心待ちにしていました。
もう次が読みたくてたまらないです。
いくら読み進めてもワクワクとドキドキが止まりません。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月09日

いよいよ鬼とのガチンコ戦争ってことで、緊張感が半端ない。鬼同士のバトルも壮絶。そんな中、エマの醸し出す雰囲気が癒しのアクセントとしてよく効いていて、つくづく練り込まれたキャラ設定と唸らせられる。一見、勝負決したように見えるラストだけど、このまますんなり、とはいく訳ないですわな。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ購入済み

クライマックス

ミモザ 2020年01月07日

鬼の貴族達との戦いのクライマックスっていう感じです。戦いの描写がとても面白い!
ノーマン達の発作?もとても気になります!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月06日

ノーマンの強い覚悟に裏打ちされた残酷さと冷徹さがこれでもかと描かれる1冊。
ギーラン家のエピソードなど、鬼の世界にもドラマがあり、人と鬼、単純な善悪の二項対立では割り切れない面白さを感じました。

ここ数巻、難しい設定が多く出てきて挫折しそうになりましたが、話も大きく動いた巻であり、改めて続きが読み...続きを読むたくなるほど盛り上がってきました。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年01月04日

内容は文句なしに面白いです!
ノーマンは家族を利用するし毒も使うし今のところ初期のレイより悪くなっちゃってるけど、とりあえず生きて改心してほしいです。
エマが結んだ約束のご褒美もまだ明かされていません。きになる!!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年09月23日

物語はいよいよ王都へ。最終作戦を止めるため、走るエマとレイ。そしてムジカとギルダたち。一方で女王や王家への復讐に燃えるギーランは、作戦通り城内に侵入し……

この巻はメインである子供たちよりも、鬼の話が印象的。彼らの義と不義。清廉と濁り。際限なき欲望。それぞれが物語により深みを与えていく。

ギーラ...続きを読むンというのは、かつては王家に最も近い貴族「五摂家」の一員でありながら、その後失脚させられ、領地や民、部下も家族も奪われた鬼の旧貴族。彼がなぜ失脚させられたのか、そして生きながらえたのか、ということもこの巻で描かれるのだけど、これも人間の縮図であるような気がします。

飢えに苦しむ民のため、国庫を開き、貴族の蓄えの一部を開放することを提案した、かつてのギーラン。しかし彼を待っていたのは、信頼していた部下の裏切り。そして我が身可愛さゆえ、腐りきった他の貴族たちと女王の姿。

それでもギーランが復讐の期を伺い続けられたのは、領民たちが自らの身をギーランに食べさせることで、彼を生き長らえさせたから。
ギーランのことを最期まで信じ、処刑された家臣たち。そして、命を賭して自分を生かした領民たちのため、ギーランは復讐の成就を誓う。

ギーランの話というのは、ここに到るまでのエマたちのエピソードとも被る気がします。ノーマンの自己犠牲、ユーゴとルーカスの追手を引きつけての最期。彼らがあったからこそ、エマたちは今も生きている。

それでもエマは復讐や恨みに囚われること無く、敵である鬼たちを救うことも視野に動き続けている。一方で優しかったノーマンは、女王や貴族だけでなく、市民や子供を含めた鬼たちの絶滅を画策している。

女王への復讐のため、罪のない鬼の子供にまで手をかけたギーラン。彼に対し女王は「既に義からズレておる」と囁く。真の義とは何なのか。それはどこにあるのか。エマとノーマンの姿からも考えさせられる場面です。

そして作戦も最終局面に。血塗られた戦いの果て。ノーマンを止めるため、走り続けるエマとレイの目の前に広がる光景は……

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年01月06日

とにかく鬼がいっぱい登場して、鬼同士が争う。
限られた時間の中、テンポ良く戦ってくれる。

メインの鬼たちは一掃された?
ただし、このままノーマンの思い通りにいくとは思えない。

このレビューは参考になりましたか?