【感想・ネタバレ】約束のネバーランド 3のレビュー

書店員のおすすめ

脳がヒリつく脱獄サスペンス!少年ジャンプに現れた異色作かつ超良作!
舞台は明るく和やかな孤児院、勉強にお手伝いにと幸せな日々を過ごす少年少女……しかしこの孤児院にはあまりにも凄惨な秘密があったのです。里親に引き取られ孤児院を去ったはずの子供達は、実は「出荷」されていた……「異形のモノ」の、「食事」として……!
ここまでで既に「え!?」となってしまうインパクト。主人公達はこの秘密を知って脱出を計画する訳ですが、そこからの展開はもう目が離せません!それぞれ知恵、知識、運動神経の高い少年少女達が立ち回りますが、それ以上に異形のモノの手先である孤児院の院長ママは周到で抜け目なく強か。計画がバレないよう情報を集め、腹を探り合い、虎視眈々と脱出の機会を伺う緊張感はプリズンでブレイクな海外ドラマを思わせるクオリティです。
1話1話がハラハラしっ放し、続きが気になって仕方ない脱獄劇……もう全力でオススメです!

ユーザーレビュー

購入済み

え!の連続

あか 2020年09月29日

最初からドキドキさせられる展開で始まり、さらにシスターの顔が怖くてインパクト大。
まさかまさかの連続で、最後の展開には嘘でしょ?と思うしかない。どうか嘘であれ、早く次が読みたい、の思いで溢れてます。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2020年09月07日

二巻でノーマンが脱獄の三段階を説明するシーンがあります。

1脱獄(塀を越える) 2逃走(無事に離れる) 3自立(安定した生活を築く)

脱獄の準備は第一段階を終え、逃走への下見と、外の世界の情報を集める第二段階へ。一方でクローネがエマたちに迫り、またエマたち内でも、逃走のため協力を要請したドンとギ...続きを読むルダの間に感情的なすれ違いが生まれ……

最年長であり、そして天才児であるエマ・ノーマン・レイ。そんな彼らにとって、あくまで守るべき者なのが年下の子供たち。それは協力を仰いだドンとギルダも例外ではなくて。

ドンとギルダの思いは、今まで家族として過ごしてきた子供たちの絆の強さと、一方でジレンマを感じさせます。読みごたえはもちろんなのだけど、子供たちのそれぞれを思う強さも感じられて、心にグッと迫ってきます。

そして、孤児院のママ・イザベラもこの巻で大きく動く。脱獄計画の決行間近に一気に子供たちに迫ってくるイザベラ。物語はまったく先読みの出来ない展開となり、そして彼女がエマたちに告げる絶望の一言。

一変する物語の構図。この巻からいよいよ脱獄は最終局面に向かっていきます。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

攻防の第3巻

mana 2020年06月28日

アニメを見てドハマりし、大人買いした漫画。
可愛らしい絵柄に惹かれてナメていると、とんでもない脱出劇と水面下の心理戦に心臓バクバク、度肝を抜かれます。
脱出するために、11歳以下の子供たちがあらゆる手段で集めまくるーー情報を、道具を、そして人心を!
めくるページが止まらない。

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

とまらない❣️

mummy 2020年03月03日

次へ次へととまらないほど面白い❗️

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

Very good

Good 2019年12月02日

Nice Story

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

面白い

さち 2019年11月25日

久々にゾクゾクしました

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年07月19日

何歩も先を行くママ恐ろしすぎ。
シスターが最期に見せたこの世への憎悪と子供たちへの期待か悲しい。
もう絶体絶命だよ……

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年04月24日

【あらすじ】
ドンとギルダの心に生じたエマ達への疑念。刻一刻と着実に迫りくるクローネ。ついに動き出すママ・イザベラ。脱獄を前にエマ達を取り巻く状況は一変し!? 永遠の子供達よ、絶望に立ち向かえ! 衝撃の脱獄ファンタジー!!

【感想】

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

文句なしの名作

ないしん 2018年08月25日

今の所、ご都合主義や矛盾、主人公補正などで違和感を感じることはありません。
非常によく考えられている作品だと思います。

それを差し引いてもとても面白く、先が気になる作品です
迷うことなく人におすすめできる一作だと思います

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年12月29日

不安定な残された時間がジリジリと過ぎ去っていく。
外を知らない大人が外を知りたい子どもと心理戦を繰り広げていく。
おもしろい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年06月18日

中だるみせず一気に畳み掛けてくるこの漫画、少しずつ明らかになるハウスの秘密。
カバー裏含め、色々な部分に伏線がありそうで何度も読み返したくなりますね。

「出荷」という言葉がこれほど恐ろしいとは。
常にママが立ち塞がり、脱獄どころかママを出し抜くことすら難しそうな状況。
3人だけならともかく、全員は...続きを読む……

兎にも角にも、次巻が待ち遠しい!!

このレビューは参考になりましたか?
購入済み

買って損は無かったです!

モコ 2017年04月13日

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ購入済み

シスターの真実

ジャズ 2020年07月06日

シスタークローネの本当の考え方も、そして、ママ イザベラの考え方もわかった。それらがわかった上で、脱走をするんだ。そう言う覚悟をした時に、新たな事情が追加された。もう、迷っている時間は無いよ、子供達よ、。W.ミネルヴァの残した手がかりを見つけて、自由への一歩を踏み出すんだ。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年06月22日

図書室にある本の暗号はちょっとわくわくする。
人間なのか鬼なのか、今生きているのかもわからないが
兎に角外に味方もしくは真実を教えてくれる人はいる。
小さな手がかりだが大きな希望だ。
脱獄だけでなく出たその後どうやって生きるか
ということにも言及されているところが良い。

ドンとギルダはもっと下手を...続きを読む踏むかと緊張して読んだが
予想ほど酷い自体にならなかったので安心した。

反面、下見が見つかった時のママの対処は
予想外だった。
そんな酷いことをエマにしてでも、彼女を可哀想と思う
愛情は心底からくるものという恐ろしさ、
歪なようでいて、ただの監視者ではないのでは
という描き方が引き込まれる。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2020年05月03日

クローネの最期の叫びに涙が出た。胸に刺される花、人の養分で開いてるのかな?細かいところまで謎が散りばめられていて、気が抜けません。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年05月31日

うおう、ピリピリする緊張感…(@@;。
表面的に会話しつつ、腹の中でのやりとりもちゃんと成立させる
シスターとの会話シーンにはしびれます。
事態も大きく動き始めて、この先どうなるのか…次の巻が待ち遠しい!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2019年03月17日

うまく子供たちが農園を脱出できそう…
なのに一気にそうなるかッ!!

読者に期待と絶望を与え続けてくれる。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2018年10月30日

再読。先を知っていても尚もハラハラしながら読めるのは、原作・作画ともに上手いからだろう。細かい部分まで凝って描かれているから再読して伏線探しが楽しい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年10月08日

施設からの脱出に向けて徐々に動き始めた子供たち、ハラハラする展開が待っています。どうなるのか先の展開が読めなくて続きが気になります。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年01月12日

信じる覚悟。
ママの秘密。
食われない人間。
食糧の子供達。


いただきます。


ママの愛、どこで間違ったんだろうね?

このレビューは参考になりましたか?