【感想・ネタバレ】ましろのおと 1巻(31件)のレビュー

書店員のおすすめ

このマンガは、青森から一人津軽三味線を担いで上京してきた根暗男・澤村雪(せつ)の友達探しの物語です。
仕方なく入学した高校では「いつでもお天気気分」的なおせっかいな仲間が次々に現れ、とまどいながらも「津軽三味線愛好会」を設立して学園生活をエンジョイすることになってしまいます。一人遊びが好きだったはずの雪ですが、母親・梅子の陰謀で津軽三味線甲子園「松五郎杯」に仲間たちと出場することになり、(主催がマイペースな母親の会社)、同じく友達がいない天才・田沼総一と運命の出会いを果たします。そして、ついに日本中の変わり者高校生を巻き込んだ三味線バトルが開幕するのでした。

レビュー

購入済み

面白いっ

kotorina 2011年12月19日

赤僕の作者がこんなになるとは!
少年マンガです。絵、背景、キャラクターに凄く魅せられます。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月18日

あー面白い。これを読んだことと民謡クルセイダーズを聴いたことによって今ヒジョーに民謡に興味を持って聴いてます。ユナさんの頑張りとやさしいのとカイデーなパイオツもいいしお母さんの唄も過ごそう。老け顔の若菜兄さんも良いなぁ。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年11月08日

再読(12巻を読んだのでユナさんが懐かしくなって)。雪くん16歳で、ユナさん22歳か。一緒に居たのは2週間でも色濃い思い出だね。心を揺さぶるような雪くんの津軽三味線がカッコイイ。若菜兄の19歳に驚く。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年11月03日

マンガだから仕方ないが、私には絵から音が聞こえてこないのが残念だ。のだめやピアノの森は聞こえてきたのに。しかし、ストーリーは面白い。これからに期待大。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年05月23日

『赤ちゃんと僕』『しゃにむにGO』の作者の描く三味線漫画。
この漫画の存在はかなり前から知ってたけど興味なくて今まで放置してたんだよね。
三味線漫画は興味あったけど、作者の他の漫画が好みじゃ無かったから放置してた感じかな?
本屋で別の本探してたら偶然見付けて、1巻の試し読みを読んでみて面白かったから...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年04月15日

三味線の音色や音楽の描写が凄いです!
ぐいぐい引き込まれて、登場人物達と同じようにドキドキしながら聴いて(読んで)しまします。
まだ巻数を重ねてないうちに読んでしまったのが若干残念。。コミックス派なので、新刊が出る度にこま切れに読むと、いいところで緊張感が切れてしまって勿体無い(TT)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年11月24日

三味線が聞いてみたくなりました。
音に出る人間性が面白いです。
私はホルンを吹いてるけどどんな音を出してるんだろう?

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年11月17日

まりもさん少年漫画描いてらしたんですね~知らなかった!というわけでとりあえず1巻読み終わり。
面白い!素敵な幕開けと思います。雪が三味線弾いてるとこはひたすら引き込まれる感。
これからの期待もこめて☆5つ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年09月10日

<1~6巻>
お…おもしろいっ!! この一言に尽きます。

羅川さん大好きで、途中で絶対続きが気になるので完結してからと思ってたのに誘惑に負けました。でも、やっぱり大好きです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年05月06日

邪魔なプライドとか人と比べる劣等感や嫉妬とかが恥ずかしくなってきて心の「奥」に沈んでいた本来の自分が「解放して」と望んでいるのに気づきました

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年04月08日

「赤ちゃんと僕」以来、久々に手にとった羅川真里茂さんの本。面白かった!津軽三味線がこんなに熱いなんて…!明日2巻買ってこよう。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年12月08日

これは間違いなく良い漫画。
一流の女性漫画家本気で少年誌とか青年誌に殴り込んでくると、気合いが半端ないせいか飛んでもない漫画になるなぁと。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2010年11月30日

津軽三味線と青春と。
ページの端々から津軽三味線の音が聞こえてくるような繊細な描写がすばらしい。
主人公の雪が話す津軽弁がまた私のツボです。
今後の展開がすごく楽しみ。
<1~9巻、以下続刊/13年10月時点>

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年05月16日

熱い。面白い。引きこまれる。
津軽三味線についてはほとんど知識はないけれど、
画面から音が迸るような熱量を感じます。
キャラクターもそれぞれ個性があって魅力的。
これから彼らがどう絡み、物語が展開していくのか
楽しみです。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2015年05月01日

津軽三味線の事なのど何も知らないが…面白い!!師匠である祖父を亡くし、自分の音を見失い、闇雲に東京に出て来た雪。細かい事はいい、若菜ちゃん…って面じゃないのになんで「ちゃん」付けなの(笑)弟に過保護すぎる兄…ってツボる!!お母ちゃんの梅子…唯我独尊で自分ルール満タンだが筋が通ってる。気持ちいい。
...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年06月13日

三味線弾きの男の子の話。
びんびんとかき鳴らされる弦の音が本当に聞こえてくるような迫真の描写は、「いつもポケットにショパン」や「マエストロ」にも負けない感興を与えてくれる。
今の所主人公の母親のキャラクターが少し現実離れして浮き続けており、これを上手く落とせたらいいのにな、と注視している。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年04月30日

津軽三味線を引く16歳の少年、雪(せつ)祖父の死をきっかけに故郷を出ていく、東京にて自分の音を模索していく。
音が聴こえてくるような描写が凄い。少女漫画風で苦手だけど今後も気になる展開。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年10月01日

人の愛し方も自分の受け入れ方も不器用すぎるよ、読んでて愛しいけどちょっとひく。
しかし羅川まりもって年上のオネーサマ受けしそうな男ばっか描くな!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年09月08日

好きで、好きで、ただそれだけで夢中になれることってすごいなと思った。我ながら中学生の感想文みたい。だけど他になんと言ったらいいのでしょうか。

わたしは何をするにつけても何故それをするのか、理由や目的や動機をあてがう観念に囚われがちだから、そういったもののない雪くんがうらやましいと思った。自分も何か...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2012年09月02日

1巻から4巻までを一気に読んだ。面白い。演奏シーンが熱い。
天才的な津軽三味線の奏者、雪。周りは雪に期待をよせるが本人は自分の音を探す。
周りのコンクールなどへの期待と雪の思いのギャップ。それでも巻き込まれていく感じ。
続きが気になります。

このレビューは参考になりましたか?

全巻のレビュー

ましろのおと 22巻

ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年02月17日

波が来たかと思われたSTCは停滞中、桜のお父ちゃんが入院と何かと不穏だった22巻。
桜は雪の餌付けに成功してたんだね。
無自覚色男を落とすのはこれだったか。

このレビューは参考になりましたか?

ましろのおと 20巻

購入済み

面白いです

きゅう 2018年09月21日

急展開で予想以上で、早く続きが読みたいです。

このレビューは参考になりましたか?

ましろのおと 20巻

Posted by ブクログ 2018年09月12日

ユニット結成後、全国行脚の顛末を描かれる17~20巻。今回まとめて読んだ4冊が、たまたまツアーの始まりから終わりまでと重なっていて、ちょうど良かった。彼女との再会とか、兄との間のわだかまりとか、内容的にも気になる部分が結構盛り込まれていて、面白く読みました。

このレビューは参考になりましたか?

ましろのおと 20巻

Posted by ブクログ 2018年07月13日

流絃のあと雪も松吾郎のじょんがらからの自分のじょんがら。で、春暁にたいする思いと流絃に対する怒りとでできた新曲。どんなんだ。若菜ちゃんの2ndとCD発売ぶつけられてきたし。梅子は意地が悪いなぁぁ。

このレビューは参考になりましたか?

ましろのおと 19巻

Posted by ブクログ 2018年07月12日

福岡でユナさんのおっぱいモギュ。どんどん離れ離れになっちまうのかなぁ。で、いよいよ東北。マイマイと合流。前座に実の父流絃。松吾郎じっちゃのじょんがら。火がついた雪。

このレビューは参考になりましたか?

ましろのおと 5巻

Posted by ブクログ 2018年06月23日

三味線甲子園始まり。田沼総一これからだが凄そうな予感ビンビンだな。他も強そうなとこがあって一騎打ちっぽくなくていい。さて次巻いよいよ梅園の出番だな。

このレビューは参考になりましたか?

ましろのおと 2巻

Posted by ブクログ 2018年06月19日

朱利のばあちゃんの前で弾く春暁。聴く人によって演奏が変わるムラムラの雪。ユナさんと朱利ちゃんのばあちゃんの前では気分が乗るんだな。ユナさんのグラビアも貰えた。とりあえずは良かったな。

このレビューは参考になりましたか?

ましろのおと 20巻

Posted by ブクログ 2018年04月24日

全く個人的な見解だが、雪が自分の感情を曲にした、してしまった下りで、amazarashiアレンジして三味線で弾いて欲しい、と思ってしまった。

このレビューは参考になりましたか?

ましろのおと 4巻

Posted by ブクログ 2018年02月12日

ここまで一気読みでした。
次巻はいよいよ津軽三味線甲子園開幕…なのに、いきつけの店には5巻だけがなく…。辛抱たまらず、飛ばし読み始めました。

このレビューは参考になりましたか?

ましろのおと 16巻

ネタバレ

Posted by ブクログ 2016年11月15日

若菜ちゃん、どんどん色気が増してるなぁ。
金城さんが味のあるキャラになってきた。笑
新ユニットの今後が楽しみ♡

このレビューは参考になりましたか?