ましろのおと 1巻

少年マンガ20位

ましろのおと 1巻

作者名 :
通常価格 432円 (税込)
獲得ポイント

2pt

  • 対応端末 :
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
  • DB50

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

津軽三味線を背負い、単身、青森から東京へやってきた津軽三味線奏者・澤村雪(さわむら・せつ)。師でもあった祖父を亡くし、自分の弾くべき音を見失ってしまった雪だが、様々な人と出逢いながら今、自らの音を探す旅を始める。――「赤ちゃんと僕」「しゃにむにGO」羅川真里茂(らがわ・まりも)が贈る、今一番アツい津軽三味線×青春ストーリー!!

ジャンル
出版社
講談社
掲載誌・レーベル
月刊少年マガジン
電子版発売日
2011年12月09日
コンテンツ形式
EPUB

新刊オート購入

書店員のおすすめ

このマンガは、青森から一人津軽三味線を担いで上京してきた根暗男・澤村雪(せつ)の友達探しの物語です。
仕方なく入学した高校では「いつでもお天気気分」的なおせっかいな仲間が次々に現れ、とまどいながらも「津軽三味線愛好会」を設立して学園生活をエンジョイすることになってしまいます。一人遊びが好きだったはずの雪ですが、母親・梅子の陰謀で津軽三味線甲子園「松五郎杯」に仲間たちと出場することになり、(主催がマイペースな母親の会社)、同じく友達がいない天才・田沼総一と運命の出会いを果たします。そして、ついに日本中の変わり者高校生を巻き込んだ三味線バトルが開幕するのでした。

購入済み

面白いっ

kotorina 2011年12月19日

赤僕の作者がこんなになるとは!
少年マンガです。絵、背景、キャラクターに凄く魅せられます。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2018年06月18日

あー面白い。これを読んだことと民謡クルセイダーズを聴いたことによって今ヒジョーに民謡に興味を持って聴いてます。ユナさんの頑張りとやさしいのとカイデーなパイオツもいいしお母さんの唄も過ごそう。老け顔の若菜兄さんも良いなぁ。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2014年11月08日

再読(12巻を読んだのでユナさんが懐かしくなって)。雪くん16歳で、ユナさん22歳か。一緒に居たのは2週間でも色濃い思い出だね。心を揺さぶるような雪くんの津軽三味線がカッコイイ。若菜兄の19歳に驚く。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年11月03日

マンガだから仕方ないが、私には絵から音が聞こえてこないのが残念だ。のだめやピアノの森は聞こえてきたのに。しかし、ストーリーは面白い。これからに期待大。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年05月23日

『赤ちゃんと僕』『しゃにむにGO』の作者の描く三味線漫画。
この漫画の存在はかなり前から知ってたけど興味なくて今まで放置してたんだよね。
三味線漫画は興味あったけど、作者の他の漫画が好みじゃ無かったから放置してた感じかな?
本屋で別の本探してたら偶然見付けて、1巻の試し読みを読んでみて面白かったから...続きを読む

このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

「BookLive!」の無料公式アプリ
アプリで手軽に読める!
マンガ、ラノベ、小説など、クラウド本棚でいつでもどこでも簡単・便利に。「BookLive!」の無料公式アプリ
  • App Storeからダウンロード
  • ANDROIDアプリ Google play