原田宗典のレビュー一覧

  • 優しくって少し ばか
     表題作『優しくって少しばか』以外は何だかサスペンス気味の作品ばかりで表題作やタイトルで購入した私はちょっと面食らった。表題作からのギャップが激しいから恐らくそれも狙っているのだろうけど。表題作は風邪ひきの男女の室内での話。文体に特徴があり、実際に話しているような軽快なテンポが。全体的にしあわせな雰...続きを読む
  • しょうがない人
    はじめてこれを読んだのは、なんと高校のとき、大学入試の模試でだった。現国の小説分野の題材として「しょうがない人」が取り上げられていて、いつものように試験問題を解くつもりでこれを読んで行くうち…なにかが胸に込み上げてきて問題が解けなくなった。主人公の父親に対する気持ちが、まさに当時の自分の気持ちとリン...続きを読む
  • 東京困惑日記
    当時お世話になっていた塾の先生が涙を流しながら紹介してくれた本。
    「電車の中で読まない」ことを守れば最高に笑える本です。
  • 旅の短篇集 春夏
    原田さんのショート大好きです。まぁ、タイトル通りの舞台設定。相変わらずのちょっとした皮肉と恐怖と警告。
  • 東京困惑日記
    月刊誌に連載時から大好きで、単行本になるのを楽しみにしていた本。
    笑って、笑って、ほろり、、、(注:笑いすぎて)おへそが背中に行っちゃう〜ってくらい声にだして笑ってしまった。そんなわけで電車の中ではちょーっと読めない本。
  • 旅の短篇集 秋冬
    見開き1Pの短編がずっと続く本です。
    何かの合間合間に読んでいけるやさしい話が綴られた素敵な本。
    印字の色も好み。
  • しょうがない人
    原田宗典さんの父親が
    うちの父親とかぶってしかたない。泣いた。それだけ。
    切ないっちゅーか、苦しい。
  • 何の印象もない女
    記念すべきブックブログの一冊目はこの短編小説です。ウーロンに借りた、ウーロン推薦の本。
    一冊目にふさわしい面白い本やった。短い物語(というか詩)がぎっしり詰まっていて、飽きなかったしもっかい読んでみたくなった。印象としては、バンプオブチキンの詞の世界から前向きさや一生懸命さを弱くして、ややヒネリをき...続きを読む
  • 旅の短篇集 春夏
    ありそうでない現実と織り交ざったファンタジー。
    主人公は若くとも老いともとれる。
    絵に描ける様な世界観。
    他に書いているエッセイとも小説とも違う。雰囲気がそれぞれ全然違う。
    これもなんども読んでしまう一冊。
  • 旅の短篇集 秋冬
    こちらは冬バージョン。
    どっちかというとこっちのが好き。
    最後の後書きも粋。短編なので休みたい時息抜きに読むと良いかも。
  • しょうがない人
    しょうがない人。
    憎んでいるはずの父のために泣いてしまう。最後のシーンは今思い出してもせつなくなります。
  • 旅の短篇集 秋冬
    こんなに何度も読む本も珍しい。墓場まで持って行くよ、私は!
    旅先から友達が送ってくれた手紙を読むような、そんな本。
    もし、私が何か外国語が出来れば翻訳したいくらい。世界中の人に読んで欲しい。
    東京FMの"ジェットストリーム"で朗読していたものらしい。だから、私はいつも読む時、城達也の声で囁かれている...続きを読む
  • 旅の短篇集 春夏
    こんなに何度も読む本も珍しい。墓場まで持って行くよ、私は!
    旅先から友達が送ってくれた手紙を読むような、そんな本。
    もし、私が何か外国語が出来れば翻訳したいくらい。世界中の人に読んで欲しい。
    東京FMの"ジェットストリーム"で朗読していたものらしい。だから、私はいつも読む時、城達也の声で囁かれている...続きを読む
  • いろはに困惑倶楽部
    いろはにほへとの順に いろんな人の困惑を 原田君が相談にのります。 痛い話はか恥ずかしい話やら・・・。
    面白いですよ〜
  • 十七歳だった!
    久しぶりに笑いたくなって、再読。
    初めて読んだのは20歳そこそこで、弟や母も読んで大笑いした。大学生の間に何回か読んだはず。
    今回はその20年後の再読。こんなハイテンションだったかなぁと文調に面食らいつつ、そのうちぷっと笑ってしまう。
    あーでも、高校生の頃なんて大部分忘れちゃったなぁ。20歳の頃はも...続きを読む
  • スメル男
    無嗅覚症に苦しむ主人公。原因もわからず脇から悪臭を放つようになり、それはやがて東京全土へ広がっていく。

    主人公にとってはかなり辛い状況だけど、押し寄せてきた人を次々に嘔吐させる様子に不覚にも笑ってしまった。途中からアクションメインになったが、ハラハラして面白かった。
  • スバラ式世界
    高校時代の友人のオススメ。
    集英社ナツイチの文庫目録を見ていて、いくつか見繕ったうちのひとつ。
    初めて、原田宗典さんの本を読んでみた。

    「~である」口調と砕けた口調がうまくミックス。
    自分でツッコミも入ったりして、冷静な視点も忘れない。
    毎日、劇的ではなくても、非日常的ではなくても、自分なりの視点...続きを読む
  • 〆太よ
    東洋一がバッティングセンターで鈴木使命太,〆太に会う所から話が始まるが,〆太は盲目だが非常に感が良い.洋一はハッパできめて自堕落な生活をしていた.中学時代に金田香に胸をときめかせたが,卒業時に小さな事件があった.大学時代に遊び人の西田に雀荘で会い,話が展開し始める.〆太は永福町の豪邸に住んでおり,洋...続きを読む
  • スメル男
    個人的に結構好きな作品。
    正直、SF感が強いというか、現実的な非現実というか。。。
    完全に「フィクション読んでんなー」って感じはするけど、IWGPみたいな臨場感のある作品だと思う。

    気軽に読める作品として要チェック。
  • スバラ式世界
    先日飲んでいたときに話にあがって読んでみた一冊。文章のテンポがよくて、さくさく読める。そして展開がおもしろくて、電車の中で笑いをこらえながら読んだりしてました。こういう文章書けるようになりたい。そして、プーケット島やピナクルズツアーのようなまだ経験したことのないおもしろそうな体験はいつか自分も行って...続きを読む