原田宗典のレビュー一覧

  • 新人だった!
    久々の原田本。自伝的エッセイとでも言うか。学生最後の年(大学5年)の就職活動から現在の作家原田宗典に至るきっかけとなった会社への入社までが書かれている。

    ある意味、原田の青春最後の一ページが描かれている
  • 旅の短篇集 秋冬
    話も雰囲気も見開き1ページに話が収まっているところも、緑色で印刷されてあるところも全部好み。全部面白い。旅にもって行きたい本の一冊。
  • 旅の短篇集 春夏
    ジェット・ストリームで朗読されていた短篇集なので極短編。似た系統の話が多いけど、どれも素敵。その土地へ行ったような気分になれる。生で聞きたかった(惚)私は伊武雅刀さんの声で聞いてみたい。ドキドキ。
  • 海の短篇集
    旅先で読むのにぴったり。装丁とか可愛い。全部面白かったので読んで損はない、小粒ぞろい(いい意味で)。不思議な雰囲気に引き込まれるよう。
  • スバラ式世界
    またまた再読出ました。ハラダさんの本。この本の人間ドックのエピソードは何度読んでも笑いを押さえられない逸品。
  • 東京困惑日記
    私がハラダさんにどっぷりはまったきっかけの一冊。初めて読んだのは中学のとき。今でもたまーに読みます。
  • 27

    27

    普通に生きているだけで、これほど面白い出来事に遭遇することなどあるのだろうか。
    それとも作者の語り口調が、当たり前の出来事を、面白い出来事に代えてしまっているのか・・・。
    「本書には噴飯成分が含まれています」だって。
    う〜ん、偽りなりでした。
    面白いです。
  • はたらく青年
    ==バイトエッセイ==
    エッセイを書かせれば日本一おもろい!!と言っても過言ではない、ハラダさんの噴飯ものの迷エッセイ集です☆★☆
    いろいろとシリーズがあるのですが、このエッセーではタイトル通り、原田氏が青年時代に体験した『アルバイト』について書かれています。
    肉まん餡まん工場で発狂寸前になった話や...続きを読む
  • 優しくって少し ばか
     表題作『優しくって少しばか』以外は何だかサスペンス気味の作品ばかりで表題作やタイトルで購入した私はちょっと面食らった。表題作からのギャップが激しいから恐らくそれも狙っているのだろうけど。表題作は風邪ひきの男女の室内での話。文体に特徴があり、実際に話しているような軽快なテンポが。全体的にしあわせな雰...続きを読む
  • しょうがない人
    はじめてこれを読んだのは、なんと高校のとき、大学入試の模試でだった。現国の小説分野の題材として「しょうがない人」が取り上げられていて、いつものように試験問題を解くつもりでこれを読んで行くうち…なにかが胸に込み上げてきて問題が解けなくなった。主人公の父親に対する気持ちが、まさに当時の自分の気持ちとリン...続きを読む
  • 東京困惑日記
    当時お世話になっていた塾の先生が涙を流しながら紹介してくれた本。
    「電車の中で読まない」ことを守れば最高に笑える本です。
  • 旅の短篇集 春夏
    原田さんのショート大好きです。まぁ、タイトル通りの舞台設定。相変わらずのちょっとした皮肉と恐怖と警告。
  • 東京困惑日記
    月刊誌に連載時から大好きで、単行本になるのを楽しみにしていた本。
    笑って、笑って、ほろり、、、(注:笑いすぎて)おへそが背中に行っちゃう〜ってくらい声にだして笑ってしまった。そんなわけで電車の中ではちょーっと読めない本。
  • 旅の短篇集 秋冬
    見開き1Pの短編がずっと続く本です。
    何かの合間合間に読んでいけるやさしい話が綴られた素敵な本。
    印字の色も好み。
  • しょうがない人
    原田宗典さんの父親が
    うちの父親とかぶってしかたない。泣いた。それだけ。
    切ないっちゅーか、苦しい。
  • 何の印象もない女
    記念すべきブックブログの一冊目はこの短編小説です。ウーロンに借りた、ウーロン推薦の本。
    一冊目にふさわしい面白い本やった。短い物語(というか詩)がぎっしり詰まっていて、飽きなかったしもっかい読んでみたくなった。印象としては、バンプオブチキンの詞の世界から前向きさや一生懸命さを弱くして、ややヒネリをき...続きを読む
  • 旅の短篇集 春夏
    ありそうでない現実と織り交ざったファンタジー。
    主人公は若くとも老いともとれる。
    絵に描ける様な世界観。
    他に書いているエッセイとも小説とも違う。雰囲気がそれぞれ全然違う。
    これもなんども読んでしまう一冊。
  • 旅の短篇集 秋冬
    こちらは冬バージョン。
    どっちかというとこっちのが好き。
    最後の後書きも粋。短編なので休みたい時息抜きに読むと良いかも。
  • しょうがない人
    しょうがない人。
    憎んでいるはずの父のために泣いてしまう。最後のシーンは今思い出してもせつなくなります。
  • 旅の短篇集 春夏
    こんなに何度も読む本も珍しい。墓場まで持って行くよ、私は!
    旅先から友達が送ってくれた手紙を読むような、そんな本。
    もし、私が何か外国語が出来れば翻訳したいくらい。世界中の人に読んで欲しい。
    東京FMの"ジェットストリーム"で朗読していたものらしい。だから、私はいつも読む時、城達也の声で囁かれている...続きを読む