スバラ式世界

スバラ式世界

作者名 :
通常価格 440円 (400円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

超自意識過剰人にして大胆不敵な小心者のハラダ君が緊張のあまりドツボにはまっていく悲惨な話の数々。初めてのデートで、高級ホテルで、床屋から始まって、歯科、眼科、人間ドックをめぐる世にも涼しい医者体験。何でもないフツーの日々をちょっと痛くて、怖くて、笑える非日常へ誘うエッセイ集。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
エッセイ・紀行 / エッセイ
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
240ページ
電子版発売日
2013年08月30日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

スバラ式世界 のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2012年01月08日

    初めてエッセイで爆笑してしまった
    とくに宗典=ムネモミの話はツボすぎて…(笑)大変でした

    初デートの話や人間ドッグの話にしても、ひたすら一生懸命なのに、結局は残念な結果になってしまうダメっぷり全開の原田さん
    ほんとにダメダメ…なのにすごい面白い

    オーストラリアの話を読んでいたらまた行きたくなった...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年02月06日

    面白すぎる!!
    飾ってないのが素敵。
    かっこつけたいんだけど、うまくいかないんだよね的な。
    笑い転げる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    またまた再読出ました。ハラダさんの本。この本の人間ドックのエピソードは何度読んでも笑いを押さえられない逸品。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年04月10日

    先日飲んでいたときに話にあがって読んでみた一冊。文章のテンポがよくて、さくさく読める。そして展開がおもしろくて、電車の中で笑いをこらえながら読んだりしてました。こういう文章書けるようになりたい。そして、プーケット島やピナクルズツアーのようなまだ経験したことのないおもしろそうな体験はいつか自分も行って...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月02日

    【本の内容】
    ああっ、ボクはこんなに注目されちゃってるぅ!

    超自意識過剰人にして、大胆不敵な小心者のハラダ君が、極度の緊張のあまり、ドツボにはまっていくヒサンなお話の数々。

    初めてのデートで。

    高級ホテルで。

    床屋から始まって歯科、皮膚科、眼科、人間ドックをめぐる世にも涼しい医者大験。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月08日

    久方ぶりに、原田兄!
    私の、青春作家。

    そうでした、そうでした。
    文字で笑えることを、私は彼に教わりました。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

    おもしろかった!
    こういうエッセイは今まで読んだことなかったな。
    なんだかものすごく共感できた。
    語り口が友達にすごく似てる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    この本実は10年以上前にも一度読んでいる。そのときもかなりつぼにはまった。で、最近本屋でふと目に入る。すばらしき「スバラ式世界」というタイトル。もう読みたい衝動に駆られる。10年以上たっても、笑いのつぼはまさしくヒット。ガツンガツン、いやブスッブスツと突き刺さる。一ページ目でにんまり、二ページ目では...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年07月18日

    原田宗典のスバラ式世界を読みました。語り口の面白いエッセイ集でした。これも以前友人がおすすめしていたので読んでみました。ばかばかしいネタですが、語り口が面白く引き込まれて読んでしまいます。通勤電車の中で吹きだしてしまったことも2度3度。これも続編が出ているようなので古本屋で見かけたら買ってみようと思...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年01月23日

    「本家」「元祖」「スッゴク」など、中島らもの「明るい人生相談」並に間違えて2冊買いをやらかしかねないシリーズの1本目。高校生の時にやらかした失敗談から、バイクにまつわる話など、少々まとまっている。

    ショーモナイ話をそれなりに読ませてしまう原田エッセイではあるが、この本ではまだ荒削りで、「こういうこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています