【感想・ネタバレ】スバラ式世界のレビュー

ユーザーレビュー

Posted by ブクログ 2012年01月08日

初めてエッセイで爆笑してしまった
とくに宗典=ムネモミの話はツボすぎて…(笑)大変でした

初デートの話や人間ドッグの話にしても、ひたすら一生懸命なのに、結局は残念な結果になってしまうダメっぷり全開の原田さん
ほんとにダメダメ…なのにすごい面白い

オーストラリアの話を読んでいたらまた行きたくなった...続きを読む
いつか行く時は原田さんのおすすめスポットに足を運びたい

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年02月06日

面白すぎる!!
飾ってないのが素敵。
かっこつけたいんだけど、うまくいかないんだよね的な。
笑い転げる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

またまた再読出ました。ハラダさんの本。この本の人間ドックのエピソードは何度読んでも笑いを押さえられない逸品。

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2019年05月22日

高校時代の友人のオススメ。
集英社ナツイチの文庫目録を見ていて、いくつか見繕ったうちのひとつ。
初めて、原田宗典さんの本を読んでみた。

「~である」口調と砕けた口調がうまくミックス。
自分でツッコミも入ったりして、冷静な視点も忘れない。
毎日、劇的ではなくても、非日常的ではなくても、自分なりの視点...続きを読むを持つことによってこんなに世界は面白いものになる。
ショックな出来事、嬉しい出来事、アラララな出来事、周りをぐるっと見てみると、たくさんの事柄が散らばっている。

お医者さんがらみのイターイ話は想像すると、ヒィィと怖くなる。
病院がもともと苦手な私はさらに「なるべく病院のお世話にはならぬよう気をつけよう!」と志を新たに致しました。
そして、それでも怪我をしてしまいそうになったならば、お腹を庇うべし!

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年04月10日

先日飲んでいたときに話にあがって読んでみた一冊。文章のテンポがよくて、さくさく読める。そして展開がおもしろくて、電車の中で笑いをこらえながら読んだりしてました。こういう文章書けるようになりたい。そして、プーケット島やピナクルズツアーのようなまだ経験したことのないおもしろそうな体験はいつか自分も行って...続きを読むみたい、という気にさせてくれました。気負わずに時間つぶしのときとかに読む一冊として、いい気分転換になるかなと思いました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2014年09月02日

【本の内容】
ああっ、ボクはこんなに注目されちゃってるぅ!

超自意識過剰人にして、大胆不敵な小心者のハラダ君が、極度の緊張のあまり、ドツボにはまっていくヒサンなお話の数々。

初めてのデートで。

高級ホテルで。

床屋から始まって歯科、皮膚科、眼科、人間ドックをめぐる世にも涼しい医者大験。

...続きを読むでもないフツーの日々を、ちょっと痛くて、怖くて、笑える非日常へ誘うエッセイ集。

[ 目次 ]
スバラ式世界
世にも涼しい医者物語あるいは血も凍る体験
東京トテチテタ月報
雑文天国

[ POP ]
こんなに自分の恥ずかしいことを面白おかしく書ける作家は他にいないといっても過言ではないと思います。

落ち込んだ時でも読めばすぐに笑いに変わる爆笑エッセイ。

[ おすすめ度 ]

☆☆☆☆☆☆☆ おすすめ度
☆☆☆☆☆☆☆ 文章
☆☆☆☆☆☆☆ ストーリー
☆☆☆☆☆☆☆ メッセージ性
☆☆☆☆☆☆☆ 冒険性
☆☆☆☆☆☆☆ 読後の個人的な満足度
共感度(空振り三振・一部・参った!)
読書の速度(時間がかかった・普通・一気に読んだ)

[ 関連図書 ]


[ 参考となる書評 ]

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年05月08日

久方ぶりに、原田兄!
私の、青春作家。

そうでした、そうでした。
文字で笑えることを、私は彼に教わりました。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月07日

おもしろかった!
こういうエッセイは今まで読んだことなかったな。
なんだかものすごく共感できた。
語り口が友達にすごく似てる。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

この本実は10年以上前にも一度読んでいる。そのときもかなりつぼにはまった。で、最近本屋でふと目に入る。すばらしき「スバラ式世界」というタイトル。もう読みたい衝動に駆られる。10年以上たっても、笑いのつぼはまさしくヒット。ガツンガツン、いやブスッブスツと突き刺さる。一ページ目でにんまり、二ページ目では...続きを読むもはや声を出して笑っていた。ここで私に警告発令。「この本家の外で読むべからず」。ということで私のお風呂のお供となっている。
(しかし、30代過ぎた私にはオッケーだが、「光ゲンジ」なるものがわからない世代にはどうなんでしょう。)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年07月18日

原田宗典のスバラ式世界を読みました。語り口の面白いエッセイ集でした。これも以前友人がおすすめしていたので読んでみました。ばかばかしいネタですが、語り口が面白く引き込まれて読んでしまいます。通勤電車の中で吹きだしてしまったことも2度3度。これも続編が出ているようなので古本屋で見かけたら買ってみようと思...続きを読むいます。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2017年01月23日

「本家」「元祖」「スッゴク」など、中島らもの「明るい人生相談」並に間違えて2冊買いをやらかしかねないシリーズの1本目。高校生の時にやらかした失敗談から、バイクにまつわる話など、少々まとまっている。

ショーモナイ話をそれなりに読ませてしまう原田エッセイではあるが、この本ではまだ荒削りで、「こういうこ...続きを読むとは二度とやるまいと思った」みたいなシメが多い。

著者の文として、日常のエッセイ部分がある意味醍醐味なのだが、医者の話などは、一般論を打っていたりするので、まだスタイルが固まっていなかったのであろう。

33歳(独身?)というそれなりに若い時代の話であるから、家族が絡んだめんどくさい話などは殆どないが、他の作品を読んでいると、そちらのほうが面白いのは、シガラミが面白くさせているのか、それとも文章が成長しているのか。

いずれにせよ、ブログなどを書く時に節回し・言い回しが使えそうな小ネタが多いので、書く前のウォーミングアップに読んでみてはどうか。軽く読めるので、電子書籍もオススメだ。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2013年03月11日

「スバラ式世界」3

著者 原田宗典
出版 集英社

p145より引用
“何しろタイはバイクに関して免許がいらないのだから、ナナハ
ンだろうがハーレーだろうがおかまいなしに乗れるのである。”

 コピーライターである著者による、日々の出来事を描いたエッ
セイ集。
 目の悪いことの悩みについてからバイ...続きを読むクについてまで、面白お
かしく楽しい文章で書かれています。

 上記の引用は、タイにおけるバイク事情について書かれた項で
の一文。何とも言えず大らかな国だと思いますが、事故が起きた
ときに逃げ得になってしまいそうな気がします。
 p94から掲載されている体験記は、痛いことが苦手な方は読まな
い方がいいくらい、痛そうな話が書かれています。しかし、かな
り深刻な痛そうな話であっても、面白く描き上げてしまえる所が、
著者の素晴らしい所だと思いました。

ーーーーー

このレビューは参考になりましたか?
ネタバレ

Posted by ブクログ 2011年09月26日

原田宗典さんの小説はマジメな文体だし面白いけど、この人エッセイも結構書いててエッセイだとおちゃらけたような文体。たぶんさくらももこの次に沢山読んだエッセイの書いた人だと思う

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

一時期とってもはまってたなと思い再読。
日々の小さなひとつひとつのことを面白く書けるって
素晴らしい。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

「超弩級」(P.11)の「弩」の字の使い方を初めて見た。
青春の変則五段階活用(P.169)わかる!
「会おう、会えば、会う時、会いたい、愛してる」
読後の感想が筆者と似たような文体になるのは、どうしてだろう?
(2005.12.13)

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2011年09月15日

いつも装丁をみて楽しそうな本だなあと思ってた。いつか読みたいそう思っていてこの前読んだ。面白い。赤裸々。(だいぶ古いお話だけど)ちょっと自分と似てんじゃないか?自意識過剰だっつうのみたいなトコロ。でいて開閉式トビラみたいな性格というか。初デートの話がウケル。なんであんな初デートというのは恥ずかしいの...続きを読むだろう。。

このレビューは参考になりましたか?

Posted by ブクログ 2009年10月04日

この人のエッセイ大好き☆

私の書き癖の「んもう」は、この方の文章から。
ゆるーくいきたいんだもの。

このレビューは参考になりましたか?