優しくって少し ばか

優しくって少し ばか

作者名 :
通常価格 440円 (400円+税)
獲得ポイント

2pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

男は、いけない。女もいけない。いけない二人が一緒にいるから、なおいけない。けれど一人じゃいられない。答えは出ないと知りながら、次から次へと問題提起。重なったり、離れたり、擦れ違ったり、傷つけたり。危うい男と女の関係を縒り合わせて編んだ、問題の多い六つの中短編。第八回すばる文学賞佳作受賞作品を収録の、原田宗典の第一作品集。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
集英社
掲載誌・レーベル
集英社文庫
ページ数
296ページ
電子版発売日
2013年08月30日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
1MB

優しくって少し ばか のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2011年11月27日

    どれも技巧的な側面が強い作品。処女作品集なのだがそうとは思えない品質の高さである。表題作は地の文に意匠が凝らされていて、読みづらいようでいてついつい読み耽ってしまう文章。内容もコミカルで良い。デビュー作のひとつ「ポール・ニザンを残して」がとても気に入っている。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年10月29日

    短編集は、作者の技量が問われる。
    コンパクトにまとめる技量もそうだが、限られた字数の中でいかにして厚く、重みのある作品に仕上げるか。
    僕は短編集というものが嫌いだ。
    でも彼は短くとも、それがたとえ3ページのものでさえ
    作品の中に重みを与え、僕らを熱くしてくれる。

    彼は、いい。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年08月04日

    短編集だが、表題作にでてくる「優しくってすこしばかなパン屋」のくだりを読むと、ダニエル・キイスの「アルジャーノンに花束を」を思い出す。
    何ということのないカップルの、グダグダした時間が、ふんわりと温かくて心地よい。とてもかわいらしいお話です。

    表題作以外はあまり覚えてない…。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年11月02日

    原田宗典の小説。
    エッセイと小説のギャップに惚れ込みます。

    ほのぼの、まるで自分の日常のようなストーリーと、ちょっと斬新な文体が魅力的な一冊。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    本当に「人間らし」くて腹の黒い作者が書いたんだろう。
    けど、その厭味な感じが、くせになる。

    この本と原田宗典の存在を教えてくれた人に感謝したい!

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    原田宗典の第一作品集。
    表題作以外はホラーともサスペンスとも言えるけれど、一定しているのはすべての作品には男と女の関係を紡いだもの。だけど改めて内容紹介の「男は、いけない。女もいけない。いけない二人が一緒にいるから、なおいけない。けれど1人じゃまたいられない」を読んだ時、表題作も含めて、その関係がす...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月07日

     表題作『優しくって少しばか』以外は何だかサスペンス気味の作品ばかりで表題作やタイトルで購入した私はちょっと面食らった。表題作からのギャップが激しいから恐らくそれも狙っているのだろうけど。表題作は風邪ひきの男女の室内での話。文体に特徴があり、実際に話しているような軽快なテンポが。全体的にしあわせな雰...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年09月19日

    短編集。
    優しくって少し ばか
    題名がいい。話もいい。
    一部の人にだけウケる映画みたい。


    男性側から見た女性と男性の違い。
    その違いがわかるけど理解できない。
    そんな短編集。
    怖いわホント。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年07月25日

    本全体が、優しくって少しばか、ってかんじ。この優しくって少しばかを大事にしたいって書いてる本ってこの世にものすごくたくさんある気がするから、みんな心の底ではこういうの求めてるのかなあ。危うい揺れ動きが面白い場面設定で描かれているものが六短編。全部ひやっとするかんじなんだけれども、これはたぶん本として...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年04月16日

    男は、いけない。女もいけない。
    いけない二人が一緒にいるから、なおいけない。
    けれど1人じゃまたいられない。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています