「カラー版」昆虫こわい

「カラー版」昆虫こわい

作者名 :
通常価格 1,045円 (950円+税)
獲得ポイント

5pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

※こちらの作品はファイルサイズが大きいため、Wi-Fi環境でのダウンロードを推奨いたします

新規会員限定半額クーポンプレゼント

作品内容

体長わずか数ミリメートルの昆虫を求めて、アマゾンの密林や広大なサバンナへと世界を旅する著者は数々の恐ろしい目に遭ってきた。ペルーでは深夜の森で、帰り道の目印に置いた紙片をアリに運ばれ遭難しかけたり、カメルーンではかわいい顔したハエに刺されて死の病に怯えたり、ギアナでの虫採りが楽しすぎて不眠症になったり……。「昆虫こわい」と半ば本気で、半ば興奮を戒めるためにつぶやく著者の旅を追ううちに、虫の驚くべき生態や知られざる調査の実態がわかる、笑いと涙の昆虫旅行記。

ジャンル
出版社
幻冬舎
掲載誌・レーベル
幻冬舎新書
電子版発売日
2017年07月28日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
154MB

「カラー版」昆虫こわい のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2020年07月05日

    彼らの昆虫愛が伝播する、ワクワクドキドキする作品
    こんなに熱中できる何かを見つけた人、あるいは今なお夢中になり続けられる人が羨ましい

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月14日

    最高の一言。昆虫学者として?人として?とにかく生き方に憧憬の念を抱かざるを得ない。勿論昆虫も面白い。昆虫についてもっと見てみようかなという気持ちになる。物凄く引き込まれた。カラー写真も美しい、これは宝物になる一品。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月23日

    いゃあ 抱腹絶倒であり
    しかも 興味深々であり
    しかも あっ晴れである

    「好奇心」はここまで人を動かすのだ!
    それも「学問」という理論武装をしている分
    大胆に 繊細に
    その道を究めていく!

    この世に
    丸山宗利さんという昆虫学者が
    いてくれることに
    大きな安らぎを感じてしまいます
      

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2019年01月10日

    アフリカにサバクトビバッタを捕りに行った人の本のように、外国で虫を捕るときのレポートがメイン。ただ、好蟻性のハネカクシ、ツノゼミがメインであり、かなりマニアックである。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2018年02月22日

    ほとんどの虫を触れないが、著者の溢れる昆虫愛に引っ張っていかれそうになる。内容的には昆虫採集探検7割:生態の秘密3割くらい。見た目、サイズ、生態に驚きの連続。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年09月12日

    好きなものに熱中している人がそれについて語る様子が好きなのですが(アメトークとか)、この本もまさにそういう楽しさがありました。「ぎゃああああーーー!!!アッタプセニウス!!!!」って、どんな昆虫なんだかもうさっぱりだけど、その喜びようがおもしろい!珍しい昆虫を求めて世界のあちこちに行くのは懐かしのウ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2017年08月21日

    夏休み子ども科学電話相談のファンなのですが、そこで昆虫に関する質問に答えているのが著者の丸山先生です。
    落語「饅頭こわい」になぞらえての「昆虫こわい」(でも愛してる)です。笑

    本書で紹介されているツノゼミについては、本当に自然に発生してきた生物なのかと思ってしまうような不思議なデザインの種類が多く...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?
    ネタバレ

    Posted by ブクログ 2018年01月24日

    旅行記のような昆虫探しのエッセイ。
    新書はほとんど読んだ事がないのですがものすごく楽しく読めました。

    私も著者丸山氏のように過酷な外国に行って現場を見てみたい!とは思いませんが、熱心に淡々と活動し続ける様子が易しい言葉で丁寧に綴ってあり、丸山ワールドにのめりこんでいきました。
    まさか蟻の巣にさりげ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています