「大栗博司」おすすめ作品一覧

  • 作者名:大栗博司(オオグリヒロシ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1962年
  • 出身地:日本 / 岐阜県
  • 職業:物理学者

京都大学理学部卒。京都大学大学院理学研究科修士課程修了。東京大学より理学博士号を授与。『大栗先生の超弦理論入門』で講談社科学出版賞受賞。著書に『素粒子論のランドスケープ』、『強い力と弱い力 ヒッグス粒子が宇宙にかけた魔法を解く』などがある。

作品一覧

2016/11/29更新

ユーザーレビュー

  • 数学の言葉で世界を見たら 父から娘に贈る数学

    数学は宇宙を記述する言葉だ。その言葉の仕組みや考え方を書いてある。事例やエピソードが中心で楽しく読める。また、ちゃんと公式の証明もあり、これがまたわかりやすい。数学が好きになる本だ。

    Posted by ブクログ

  • 重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る

    文理問わず誰しもにお勧めしたい本

    重力とは何か
    という問いに対して、
    高校くらいまでの物理の知識のある人は
    万有引力というものを思い浮かべるだろう
    もっと物理について知っている人は、アインシュタインの
    相対性理論の話を思い浮かべるかもしれない

    この本はサブタイトルに書いてあるように
    もっと踏み込...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 真理の探究 仏教と宇宙物理学の対話

    購入したのは1月になってからだ。
    タイトルだけ見ると危なさを感じたが読み出すとその杞憂は払拭された。
    宇宙物理学と釈迦仏教の融合点と相違点を客観的に知ることができる良書だ。
    注意点としてはここで扱っている仏教は日本人が慣れ親しんでいる大乗仏教ではないところ。
    個人的には奇蹟を認めない釈迦仏教や上座部...続きを読む

    Posted by ブクログ

特集