「大栗博司」おすすめ作品一覧

「大栗博司」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:大栗博司(オオグリヒロシ)
  • 性別:男性
  • 生年月日:1962年
  • 出身地:日本 / 岐阜県
  • 職業:物理学者

京都大学理学部卒。京都大学大学院理学研究科修士課程修了。東京大学より理学博士号を授与。『大栗先生の超弦理論入門』で講談社科学出版賞受賞。著書に『素粒子論のランドスケープ』、『強い力と弱い力 ヒッグス粒子が宇宙にかけた魔法を解く』などがある。

無料・値引き作品コーナー

作品一覧

2016/11/29更新

ユーザーレビュー

  • 重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る
    とても知的好奇心をくすぐられ久しぶりに学生時代の感覚になった。
    難解であることは変わりないが、何度も読んでみたい。
    またあとがきに書かれている通り、今後の宇宙論や科学分野の動向に注視していく。

  • 数学の言葉で世界を見たら 父から娘に贈る数学
    1.不確実な情報から判断する、2.基本原理に立ち戻ってみる、3.大きな数だって怖くない、4.素数は不思議、5.無限世界と不完全性定理、6.宇宙の形を測る、7.微積は積分から、8.本当にあった空想の数、9.難しさ美しさを測る。数学の言葉で世界を見る。優しく解説してくれている。
  • 重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る
    「重力とは何か」で始まった問いが、時間や光と重力の関係につながる。さらに相対論を通して広い宇宙の話になったかと思うと、超ミクロな世界を解き明かす量子論の話になり、その超ミクロな量子論が超弦理論となって再び宇宙の謎の解明へとつながる。まさか素粒子の世界の研究が、宇宙とこの世界自体の研究につながっている...続きを読む
  • 数学の言葉で世界を見たら 父から娘に贈る数学
    数学は宇宙を記述する言葉だ。その言葉の仕組みや考え方を書いてある。事例やエピソードが中心で楽しく読める。また、ちゃんと公式の証明もあり、これがまたわかりやすい。数学が好きになる本だ。
  • 重力とは何か アインシュタインから超弦理論へ、宇宙の謎に迫る
    文理問わず誰しもにお勧めしたい本

    重力とは何か
    という問いに対して、
    高校くらいまでの物理の知識のある人は
    万有引力というものを思い浮かべるだろう
    もっと物理について知っている人は、アインシュタインの
    相対性理論の話を思い浮かべるかもしれない

    この本はサブタイトルに書いてあるように
    もっと踏み込...続きを読む

特集