氷菓(14)
  • 最新刊

氷菓(14)

作者名 :
通常価格 704円 (640円+税)
獲得ポイント

3pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

漫画投稿を続けていた摩耶花は小さな賞ながらも受賞した。一層執筆活動をがんばろうとしていたところ、「漫研」内の「描く派」「読む派」が対立し、「描く派」認定されている摩耶花も巻き込まれ…。

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
少年マンガ
出版社
KADOKAWA
掲載誌・レーベル
角川コミックス・エース
シリーズ
「古典部」シリーズ
電子版発売日
2022年03月25日
紙の本の発売
2022年03月
サイズ(目安)
108MB

新刊オート購入

氷菓(14) のユーザーレビュー

感情タグBEST3

    購入済み

    摩耶花が事件に巻き込まれていく

    みっちゃん 2022年03月26日

    なかなか女子たちの陰湿な面が描かれていますね。むぅー。
    ハッピーエンド?というか無難な解決の落とし所に折木は関わってくるんだろうか?
    製菓研の時みたいなふっとした謎解きとは違う、なかなかに急展開でドキドキ
    して早く続きが読みたいですね。
    頑張って!摩耶花ちゃん。

    0
    購入済み

    久しぶりに見た氷菓

    ku-hu-rin 2022年06月28日

    なんだか最近になってアニメの氷菓を見直してたら、アニメ化以後のエピソードも漫画化されており、読みたくなって購入。
    氷菓らしいミステリーや推理要素があって楽しめました。
    作画もよく、良い出来の作品だと思います。

    #ほのぼの #癒やされる

    0

    Posted by ブクログ 2022年03月26日

    コミックの帯には「直木賞受賞・米澤穂信の原点!」、予想よりも早い刊行でうれしい限り。
    内容は前回の折木奉太郎誕生日会の後半と、伊原摩耶花の漫研騒動の前半で、巻末には摩耶花(ペンネーム井原花鶴)の努力賞が発表された漫画雑誌の再現ページもある。前巻と同じくアニメ(手本)がない中でのビジュアル化は新鮮で、...続きを読む

    0
    ネタバレ購入済み

    漫研回

    アクヤ 2022年03月26日

    漫研の文化祭での対立の続き、描く派と読む派が対立し同人誌を描くことに。摩耶花も中心人物として巻き込まれることに。結構ドロドロな話なのでシリアスめの話になっている。

    #ドロドロ #ダーク

    0

氷菓 のシリーズ作品 1~14巻配信中

※予約作品はカートに入りません

1~14件目 / 14件
  • 氷菓 1巻
    616円(税込)
    省エネを自分のスタイルとする奉太郎だが、姉の命令で「古典部」に入部することになってしまう。部室を訪れた奉太郎は、そこで好奇心旺盛な少女「千反田える」と出会い「部室密室事件」に遭遇してしまうのだが!?
  • 氷菓 2巻
    616円(税込)
    奉太郎は同じ古典部員である千反田えるから入部した理由を聞かされる。それは彼女の叔父が45年前に関わった事件の真相を調べるためだった。えるに押し切られ手伝うハメになった奉太郎は事件の解明に乗り出す。
  • 氷菓 3巻
    616円(税込)
    ついに45年前の「事件」の核心に近づいた奉太郎。45年前の古典部部長・関谷純からのメッセージを現「古典部」が受け取る!えるから始まった「氷菓」事件ついに完結!
  • 氷菓 4巻
    616円(税込)
    えるに誘われ、自主制作のミステリ映画を見ることになった奉太郎達。しかしそれは脚本担当が倒れてしまいトリック部分だけが抜けたものだった。えるに頼まれてしまった奉太郎はそのトリックを探ることになるのだが!
  • 氷菓 5巻
    616円(税込)
    先輩達の話を聞き終えた奉太郎達だが、参考になる話はなかった。自分のモットーである省エネ主義を貫こうとした奉太郎だが、入須直々に「才能がある人がやるべきだ」と説得され、独自のトリックを考えるのだが!?
  • 氷菓 6巻
    616円(税込)
    プールで起きた事件とは!? さらに「クドリャフカの順番」編も開幕!!奉太郎は強引な姉に流され、プールの監視員のバイトをすることに。そこで女子中学生グループから「イヤリングを探してほしい」と依頼されるのだが!? さらに、文化祭も開幕し「クドリャフカの順番」編に突入!!
  • 氷菓 7巻
    616円(税込)
    いよいよ学園祭が始まり、印刷所のミスで200部も刷られてしまった部誌「氷菓」を売り切るため、古典部のえる、奉太郎、摩耶花、里志はそれぞれの立場で悪戦苦闘するのだが!?
  • 氷菓 8巻
    638円(税込)
    奉太郎の機転で、無事「ワイルドファイア」を切り抜けた「チーム古典部」。大会後、「お玉」が無くクレームを入れる摩耶花だが、その場にいたえるが「十文字」からの犯行声明文を見つけこの事件に興味を持つのだが!
  • 氷菓 9巻
    638円(税込)
    カンヤ祭に突如現れた「怪盗十文字」!探偵志望の生徒の監視をあざ笑うかのように犯行を続ける十文字。えるは放送部のインタビューを受け、十文字に古典部の「校了原稿」を賭け勝負を挑むのだった!
  • 氷菓 10巻
    638円(税込)
    ついに「怪盗十文字」にたどり着いた奉太郎。奉太郎の推理が「十文字」の謎を解き明かす!そして、古典部メンバーの晴れやかでほろ苦い学園祭の幕が下りる。
  • 氷菓(11)
    638円(税込)
    中学時代にバレンタインのチョコを里志に受け取ってもらえなかった摩耶花。今年こそはと、えるにも手伝ってもらい会心のチョコレートを仕上げた摩耶花だが、所要で直接渡せず部室にチョコを置いていたのだが…。
  • 氷菓(12)
    682円(税込)
    えるから「生きびな祭り」の傘持ちを頼まれた奉太郎。神社に着くとルート確認をしており、奉太郎は長久橋が工事で通れなくなることを告げる。突然の事態に現場がざわついていると、えるが奉太郎を呼び出すのだが…。
  • 氷菓(13)
    704円(税込)
    新入部員獲得のため、奉太郎とえるは「新勧祭」に繰り出した。 雑談の中で「製菓研」のテーブルに違和感を覚えたえる。 そこに新入生の「大日向友子」が現れ、三人で謎に迫っていくーーー。
  • 氷菓(14)
    704円(税込)
    漫画投稿を続けていた摩耶花は小さな賞ながらも受賞した。一層執筆活動をがんばろうとしていたところ、「漫研」内の「描く派」「読む派」が対立し、「描く派」認定されている摩耶花も巻き込まれ…。

氷菓 の関連作品

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

角川コミックス・エース の最新刊

無料で読める 少年マンガ

少年マンガ ランキング