「さそうあきら」おすすめ作品一覧

【さそうあきら】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2017/06/16更新

ユーザーレビュー

  • バリ島物語 1 神秘の島の王国、その壮麗なる愛と死
    さそうあきら先生の世界観にとても合ってる。

    華やかで儚く でも生臭く
    踊りと農耕 大自然の恩恵 宗教への敬虔さ
    同じ歩みで進まぬ世界
    ちぐはぐなのに歯車は回っていくのが
    読み手にもジワジワと伝わってくるのに
    淡々とすすんでいくのが 怖いと言うか凄いと言うか。


    しかし 最後まで付き合えるかどうか...続きを読む
  • マエストロ 3巻
    これ書き終わったら絶対に運命と未完成を聴こう。
    自分は技術もないアマチュア奏者だけど、もう少し、指揮者の期待に応えれるような技術を持っていて、こういう指導者に出会えたら、本当に人生幸せなんだろうなと思う。
    あとは音楽って、人の人生を左右したり、心をつなげたり震わせたり、とても強力で偉大なツールなんだ...続きを読む
  • 犬・犬・犬(4)
    生まれながらに人間性と言うものが欠落してる事に因って非情な人間として描かれる人物を読むと、どうしても彼がどうしてこう言う人間なのか、と言う事を理屈で理解したくて悶々と考えてしまう。痛いと感じるのは、彼の周辺の人間が破滅へ向かって行く様が読者の自分には見えてしまうからだろうなぁ。
  • 犬・犬・犬(5)
    とても痛かった…読んでる方が感じる痛さを感じられないマヒケンが更に痛かった。何も感じないと言う事は、愛情すら感じられないと言う事なんだなぁ…
  • ミュジコフィリア 1巻
    音楽という形式のなかで音楽が評価され形成されていく、閉ざされた音楽に対して、現代音楽の研究を通して本当の音楽を追い求める学生たちの話。

    作曲科に在籍し完璧なピアノの演奏力を持つ義兄へのコンプレックスと、あこがれの女性への思い、捨てきれない音楽への情熱によって、現代音楽の魅力にとりつかれていく主人公...続きを読む

特集