やまだまるもちゃん
  • 完結

やまだまるもちゃん

作者名 :
通常価格 817円 (743円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Lideo
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

毎日引ける!!!クーポンガチャで最大50%OFFクーポンをGET!

作品内容

私はハードボイルドの作家なのだ。できれば一日中1920年のロスのことでも考えていたいのだ。・・・・・・なのに、今日も忍び寄る影、聞こえてくるあの声・・・おとしゃん、うんち~~っ!!!私の心の中で叫ぶのだった、まるもよ、静かに眠れってば。さそうあきらによる、3歳児まるもと父の33のエピソード。

カテゴリ
少年・青年マンガ
ジャンル
青年マンガ
出版社
竹書房
掲載誌・レーベル
バンブーコミックス 4コマセレクション
ページ数
144ページ
電子版発売日
2014年01月31日
コンテンツ形式
EPUB
サイズ(目安)
41MB

関連タグ:

やまだまるもちゃん のユーザーレビュー

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    おとしゃん おとしゃん ! 子供はわけのわからないことを言うからかわいいですね。 おとしゃんおとしゃん

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    おいおい、笑わせるなって、と思うことしきりだった。。。電車で笑いをかみ殺しきれず、明らかに変人に化していた。と思う。。。まるもちゃん、最強。。。(06/10/10)

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月10日

    3歳の娘に振り回されるハードボイルド作家の日常を描いた一篇。おれはさそうあきらの“愛をもって人間をえぐる”瞬間がたまらなく恐ろしくて、たまらなく好きだ。その観点で比較すると本作は緩やかな笑いが落としどころとなっており、“えぐる”カタルシスの代わりにじんわりとした“愛”が広がっている。もちろん、人間や...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    これ最高。これでさそうあきらを好きになった。でも他作品は少し暗かったりテーマが凄かったり。いや子育て漫画も最高にテーマだけど。これがやっぱりいい。誰かにあげたい!あげたし実際

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています