「生煮え」おすすめ作品一覧

「生煮え」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

プロフィール

  • 作者名:生煮え(ナマニエ)
  • 生年月日:1月13日
  • 出身地:日本 / 北海道
  • 職業:イラストレーター

『サイコメ』(水城水城)、『最近の妹ブームはどうやら俺のおかげらしいですよ』(藍上 ゆう )などの作品でイラストを手がける。

作品一覧

2017/02/28更新

ユーザーレビュー

  • 水木しげ子さんと結ばれました
    てっきり恋愛ものだと思ったら、まさかのオカルトもどき。
    樹の周りは変人博物館と言ってもいい程、個性的な人が集まっていて……。

    焼死が一番辛いとは初耳。それだけはやめようと決意した。
    よくもこんなにも気持ち悪いことが思いつくと驚きを通り越して感心してしまう。

    しげ子さんのおかしくなった理由がそこま...続きを読む
  • 水木しげ子さんと結ばれました2
    私たちがイメージするような方法でなくても“直接的に”殺すことはできるということが印象的だった。
    生田伝説の話は嫌いじゃない。

    ラブレッドがこんなにすごい(悪い意味で)存在だとは…。
    自分の母親を目の前にしても気付かないような強い洗脳はすごいと思うし、だからこそ違和感がぬぐえない。

    そういえば赤っ...続きを読む
  • 水木しげ子さんと結ばれました
    さすが、入間氏が推すだけあるね、ミステリー しっかりしつつストーリーも申し分ない…しげ子さん可愛いですね笑い方とかはあれだが
  • 水木しげ子さんと結ばれました3
    自分が思い出せる限り全てのフラグを回収した技量はさすがとしか言いようがない。
    ただ、最後の方がかなり雑。大量の登場人物が次々と死んでいくのは読んでて醒める。

    確かに人間以外が殺すのならば赤い糸は見えない訳で…。
    飼い犬をけしかけて殺しても糸が見えないのならば、少なくとも赤い糸的には完全犯罪もできる...続きを読む
  • 水木しげ子さんと結ばれました2
    主人公が悲劇への展開をなんとか変えようとして僅かな希望見つけた結果、さらなる悲劇の予感も手に入れてしまう。しかし全てを諦めきってしまわない姿が心地良い。
    私は豆腐メンタルなので好きな作品でも読む前のメンタル管理が必須です…。
    多すぎても興ざめですが、次巻は途中のメンタル給水ポイントとしてぜひ新キャラ...続きを読む

特集