「有吉佐和子」おすすめ作品一覧

【有吉佐和子】の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2015/09/25更新

木瓜の花
939円(税込)
華岡青洲の妻
518円(税込)
悪女について
896円(税込)
有吉佐和子の中国レポート
一の糸
939円(税込)
美っつい庵主さん
572円(税込)
海暗
691円(税込)
鬼怒川
691円(税込)
紀ノ川
702円(税込)
香華
1058円(税込)
恍惚の人
799円(税込)
三婆
648円(税込)
芝桜(上)
896円(税込)

ユーザーレビュー

  • 悪女について

    2016.716-44
    若くして子供を2人生みながら、次々と事業を成功させて富豪となった富小路公子の突然の謎の死について、インタビュー形式で語られる。
    公子本人は1度も登場せず、27人それぞれが全く異なる人物像描く27話構成。

    Posted by ブクログ

  • 恍惚の人

    死は生きていれば誰にでも平等に与えられるものである。でも、老いはどうだろう。

    母方の祖母が長い闘病生活の末にいよいよ妄言するようになり・・・という出来事があり、それがきっかけとなって書店で手に取った。孫である私としては、病室で「船に早く乗らないと溺れ死ぬ・・・」という発言を繰り返しているという祖母...続きを読む

    Posted by ブクログ

  • 恍惚の人

    70年代に発表され、当時センセーションを巻き起こしたといわれる小説。ボケ老人(当時の呼び方)を抱える家族の話である。
    とてもショッキングで生々しかった。社会はさらに高齢化が進み、誰にとっても他人ごとではない。
    認知症が段階的に悪化し、家族を認識できなくなり、徘徊が始まり、排せつがコントロールできなく...続きを読む

    Posted by ブクログ

特集