一の糸

一の糸

作者名 :
通常価格 869円 (790円+税)
獲得ポイント

4pt

    【対応端末】
  • Win PC
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ
    【縦読み対応端末】
  • iOS
  • Android
  • ブラウザ

※縦読み機能のご利用については、ご利用ガイドをご確認ください

作品内容

造り酒屋の箱入娘として育った茜は、十七歳の頃、文楽の三味線弾き、露沢清太郎が弾く一の糸の響に心を奪われた。その感動は恋情へと昂っていくが、彼には所帯があった。二十年が過ぎた。清太郎は徳兵衛を襲名し、妻を亡くしていた。独身を通した茜は、偶然再会した男の求婚を受入れ、後添えとなるのだった。大正から戦後にかけて、芸道一筋に生きる男と愛に生きる女を描く波瀾万丈の一代記。

カテゴリ
小説・文芸
ジャンル
小説 / 国内小説
出版社
新潮社
掲載誌・レーベル
新潮文庫
電子版発売日
2014年03月07日
サイズ(目安)
1MB

一の糸 のユーザーレビュー

感情タグBEST3

感情タグはまだありません

    Posted by ブクログ 2022年02月03日

    最高!文楽の三味線弾きに心を奪われた女性の話。乙女の恋心、文楽の芸の道の厳しさ、大正から戦後にかけての時代描写、などなど。一冊でたくさん楽しめる。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2014年11月02日

    酒屋の箱入娘として育った茜は、17歳の頃、文楽の三味線弾きの弾く一の糸の響に心奪われた。
    天真爛漫で一途な茜が、彼の後妻となり、芸道一筋に生きる男を支える、波乱万丈な愛と芸の世界を描いた物語。

    戦前から戦後にかけて、「文楽」という私の知らない世界で、芸に生きる人々の粋な様子と、愛に生きる茜のひたむ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年06月29日

    本を開いた瞬間、改行の少なさにひるみました。
    読みづらそうだなーって思ったのに、面白さにぐいぐい引き込まれ、あっという間に読み終わりました。
    一昔前の朝ドラを彷彿とさせる濃厚さでした。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2013年05月11日

    文楽は、ここ5年ほど定期公演に通っており、この世界を描いた小説は関心があります。有吉佐和子さんは凄い人ですね!造詣の深さ、構成力、細部の描写、すべて非凡な作家でした。特に「音締」からは見事な盛り上げで、一気に読ませます。一方、文楽は素材に過ぎないと思わせるくらい、茜の描写が周到で、自我を貫くヒロイン...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年02月11日

    こんなに一途な愛を知れて素敵な時間を感じた。


    古い本。母の本棚にあったものを本屋で見つけ、購入。違う作品もだけど、有吉作品は主人公の女性の生き方に作者の信念を感じる。心に決めたものに一途な主人公がすき。高校のころ読んだ作品も読み直してみようかな。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2010年12月20日

    面白かった〜
    三人称小説ではあるが、完璧茜視点なので、清太郎(徳兵衛)への気持ちが切なくっていじらしくって。でも家族になってからもずっと尊敬であり恋であり、愛とか欲とかではなかったような。それが「妻」ということばに象徴されるものなのかもしれない。世喜が「弓次郎」とよび茜が「お父さん」と呼び慣わしたこ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2011年09月03日

    有吉さんの芸者モノ?はそこそこ読んだのですが、文楽モノは初めて。もう少し古典に明るければもっと染みてくるものがあったのだろうと思います。しかし、好きな男にちなんだ柄の着物を身にまとったりするような愛情表現は今ではすっかり廃れてしまったのか。観劇をする方々はそういうこといまだしているのかなといったこと...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2009年10月04日

    実は佐和子の小説はこの辺の時代の方が好き。他も好きですが。
    無骨な匠を感じるし。一の糸ってどんな音なのか読めば誰もが聞きたくなってくる魅力がある。

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2015年11月12日

    「文楽」の世界を舞台にした話。

    茜は徳兵衛に恋をしているというより
    徳兵衛の「芸」に恋をしている。

    けど実際恋なんていう軽い甘いはかないものではなくて、
    一の糸が作り出すように激しく太くて強いもの。

    茜の一途さには圧倒されるが、茜の母の世喜の母としての強さに
    心打たれます。

    ...続きを読む

    このレビューは参考になりましたか?

    Posted by ブクログ 2020年01月04日

    こういう女性の一代記もの、とくに明治〜昭和初期の激動の時代の話は好み。夫婦の姿が理解しがたいけど最終的にはうらやましい。

    このレビューは参考になりましたか?

この本をチェックした人は、こんな本もチェックしています

関連書籍

新潮文庫 の最新刊

無料で読める 小説

小説 ランキング