畑村洋太郎の一覧

「畑村洋太郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

作品一覧

2020/04/22更新

ユーザーレビュー

  • 失敗学のすすめ
    失敗と創造性:新しいものを創り上げるには、有意義な失敗を経験しなければならない。アイデアの種が結びついて出来上がる「いも設計」をブラッシュアップし、実用可能なものに仕上げるには、試行錯誤が必要である=>プロトタイプ思考
    アイデアの種を的確に結びつけるためには、失敗に基づく体験的知識が必要である=>思...続きを読む
  • 畑村式「わかる」技術
    何気なく使っていた、分かるという事について、何を以って分かるかを知る。

    〈感想と適用〉
    ・要素、構造、全体構造の仕組みが斬新
    ・今後は、ノートの図式化、絵化+因果関係性を書くを行う。

    〈要点〉
    ○わかるとは何か:蓄積されている要素、構造の一致、もしくは新しいテンプレート(構造)の構築
    →・事象を...続きを読む
  • 数に強くなる
    数年後に読み返して、本書の考えが定着しているか確認したいと思った。

    本書に出会ったきっかけは、「失敗学」という本を読み、その著者に興味を持ったからだ。他の著書も読破したくなったほど本書に満足した。

    数とは、人間が作ったものの中でも最も抽象的な存在で、目に見えるものしか信じない性質の私には仲良くな...続きを読む
  • 失敗学のすすめ
    最近、悲しくなるニュースばかり耳にする。ニュースになるとこは、大小はあれど広い意味では全て"失敗"と言えると思う。そんな"失敗"とどう向き合うべきか、それを教えてくれる本だと思う。今の世の中、「"失敗"が起こった」という事実を知れば、その原因に"見える"ものや人を叩きがちな気がするけど、表面的に見え...続きを読む
  • 失敗学のすすめ
    失敗は成功の母という名言があるが、日本ではその考え方を取り入れた教育がほとんどされていないという問題意識から始まる本書では、失敗を定義し、その伝わり方や伝え方の現状と注意点を指摘する。その際には、著者個人の失敗経営はもちろん、企業経営や行政の失敗も具体例として挙げられ、とても読み応えのある内容となっ...続きを読む