畑村洋太郎の一覧

「畑村洋太郎」の新着作品・人気作品や、最新のユーザーレビューをお届けします!

値引き作品コーナー

作品一覧

2018/01/25更新

ユーザーレビュー

  • 失敗学のすすめ
    最近、悲しくなるニュースばかり耳にする。ニュースになるとこは、大小はあれど広い意味では全て"失敗"と言えると思う。そんな"失敗"とどう向き合うべきか、それを教えてくれる本だと思う。今の世の中、「"失敗"が起こった」という事実を知れば、その原因に"見える"ものや人を叩きがちな気がするけど、表面的に見え...続きを読む
  • 失敗学のすすめ
    失敗は成功の母という名言があるが、日本ではその考え方を取り入れた教育がほとんどされていないという問題意識から始まる本書では、失敗を定義し、その伝わり方や伝え方の現状と注意点を指摘する。その際には、著者個人の失敗経営はもちろん、企業経営や行政の失敗も具体例として挙げられ、とても読み応えのある内容となっ...続きを読む
  • 畑村式「わかる」技術
    人が理解し「わかった」となるということは、どういうこと?を見える化しているのが本書。自らの理解を深めること、すなわち他者にわかりやすく伝えることができる人とそうでない人の差は何?他者にどのように伝えれば理解を得られるのか?自らの思考の経路を意識して積み立てることの大切さがわかる。
  • 失敗学のすすめ
    失敗学の権威とも呼べる、畑村洋太郎さんの著書。
    人類は失敗から学んできた、何か物事をやるのに成功事例から学んでも似たり寄ったりのものしか出来ない。失敗しながらも創造していくこと。
    2万件の失敗データベースを作ったけど、有効活用されていない話は辛かった。失敗した人が振り返って成長していくものだとしても...続きを読む
  • 数に強くなる
    文系頭の人間が理系頭の人にコンプレックスを解消できる。数学をできる人は「数(すう)」という数学的な抽象的な概念を扱うことには長けている。しかし、現実世界の物事から数量を引き出して、「数(かず)」を作り出すことは苦手である。そんなことがわかる一冊なう。

特集